質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
C++

C++はC言語をもとにしてつくられた最もよく使われるマルチパラダイムプログラミング言語の1つです。オブジェクト指向、ジェネリック、命令型など広く対応しており、多目的に使用されています。

Arduino

Arduinoは、AVRマイコン、単純なI/O(入出力)ポートを備えた基板、C言語を元としたArduinoのプログラム言語と、それを実装した統合開発環境から構成されたシステムです。

IoT

IoT(Internet of Things)とは、インターネットがコンピュータなどの情報・通信機器のネットワークだけでなく、世の中のある様々なモノに接続されて自動認識・自動制御・遠隔計測などの能力を備えることです。「モノのインターネット」と一般的にいわれます。

マイコン

マイクロコンピュータの略で、CPUにマイクロプロセッサを用いたコンピュータのこと。家電製品、電磁機器などの制御に用いられています。単体でコンピュータとしての機能を一通り備えています。 現代のパーソナルコンピュータに近く、同時期のメインフレームやミニコンピュータと比べ、小さいことが特徴です。

解決済

【Arduino】変数格納のやり方について

aRyo
aRyo

総合スコア23

C++

C++はC言語をもとにしてつくられた最もよく使われるマルチパラダイムプログラミング言語の1つです。オブジェクト指向、ジェネリック、命令型など広く対応しており、多目的に使用されています。

Arduino

Arduinoは、AVRマイコン、単純なI/O(入出力)ポートを備えた基板、C言語を元としたArduinoのプログラム言語と、それを実装した統合開発環境から構成されたシステムです。

IoT

IoT(Internet of Things)とは、インターネットがコンピュータなどの情報・通信機器のネットワークだけでなく、世の中のある様々なモノに接続されて自動認識・自動制御・遠隔計測などの能力を備えることです。「モノのインターネット」と一般的にいわれます。

マイコン

マイクロコンピュータの略で、CPUにマイクロプロセッサを用いたコンピュータのこと。家電製品、電磁機器などの制御に用いられています。単体でコンピュータとしての機能を一通り備えています。 現代のパーソナルコンピュータに近く、同時期のメインフレームやミニコンピュータと比べ、小さいことが特徴です。

2回答

0評価

0クリップ

779閲覧

投稿2021/08/21 04:19

編集2021/08/21 04:43

前提・実現したいこと

Arduinoの基礎的な質問です。
ESP32とBME280を用いて、気温・湿度・気圧データをIFTTを通してGoogleスプレッドシートに記録するプログラムを作成しております。

発生している問題・エラーメッセージ

BME280からデータは取れておりIFTTを通してGoogleスプレッドシートに入力が始まったのですがデータは全て”0”と入力されてしまいます。
BME280から得たデータを変数に入れる方法を誤っているのではないか考えています。
正直、自分で何かを作るのは初めてのことで以下のプログラムも殆どブログなどから引用してつぎはぎで貼り付けたものになり、凄く見にくいかもしれません。

/* BME280I2C Modes.ino This code shows how to use predefined recommended settings from Bosch for the BME280I2C environmental sensor. GNU General Public License Written: Dec 30 2015. Last Updated: Sep 23 2017. Connecting the BME280 Sensor: Sensor -> Board ----------------------------- Vin (Voltage In) -> 3.3V Gnd (Ground) -> Gnd SDA (Serial Data) -> A4 on Uno/Pro-Mini, 20 on Mega2560/Due, 2 Leonardo/Pro-Micro SCK (Serial Clock) -> A5 on Uno/Pro-Mini, 21 on Mega2560/Due, 3 Leonardo/Pro-Micro */ #include <BME280I2C.h> #include <Wire.h> // Needed for legacy versions of Arduino. #include <WiFiClientSecure.h> #include <Adafruit_Sensor.h> #include <Adafruit_BME280.h> #define SERIAL_BAUD 115200 const char* ssid = "*******"; const char* password = "*******"; const char* host = "maker.ifttt.com"; const char* event = "*******"; const char* secretkey = "*******"; float temp(NAN), hum(NAN), pres(NAN); /* Recommended Modes - Based on Bosch BME280I2C environmental sensor data sheet. Weather Monitoring : forced mode, 1 sample/minute pressure ×1, temperature ×1, humidity ×1, filter off Current Consumption = 0.16 μA RMS Noise = 3.3 Pa/30 cm, 0.07 %RH Data Output Rate 1/60 Hz Humidity Sensing : forced mode, 1 sample/second pressure ×0, temperature ×1, humidity ×1, filter off Current Consumption = 2.9 μA RMS Noise = 0.07 %RH Data Output Rate = 1 Hz Indoor Navigation : normal mode, standby time = 0.5ms pressure ×16, temperature ×2, humidity ×1, filter = x16 Current Consumption = 633 μA RMS Noise = 0.2 Pa/1.7 cm Data Output Rate = 25Hz Filter Bandwidth = 0.53 Hz Response Time (75%) = 0.9 s Gaming : normal mode, standby time = 0.5ms pressure ×4, temperature ×1, humidity ×0, filter = x16 Current Consumption = 581 μA RMS Noise = 0.3 Pa/2.5 cm Data Output Rate = 83 Hz Filter Bandwidth = 1.75 Hz Response Time (75%) = 0.3 s */ BME280I2C::Settings settings( BME280::OSR_X1, BME280::OSR_X1, BME280::OSR_X1, BME280::Mode_Forced, BME280::StandbyTime_1000ms, BME280::Filter_Off, BME280::SpiEnable_False, BME280I2C::I2CAddr_0x76 // I2C address. I2C specific. ); BME280I2C bme(settings); ////////////////////////////////////////////////////////////////// void setup() { Serial.begin(SERIAL_BAUD); while(!Serial) {} // Wait Wire.begin(); while(!bme.begin()) { Serial.println("Could not find BME280I2C sensor!"); delay(1000); } switch(bme.chipModel()) { case BME280::ChipModel_BME280: Serial.println("Found BME280 sensor! Success."); break; case BME280::ChipModel_BMP280: Serial.println("Found BMP280 sensor! No Humidity available."); break; default: Serial.println("Found UNKNOWN sensor! Error!"); } // Change some settings before using. settings.tempOSR = BME280::OSR_X4; bme.setSettings(settings); } ////////////////////////////////////////////////////////////////// void loop() { printBME280Data(&Serial); delay(500); WiFiServer server(80); // Wi-Fiに接続 Serial.print("Attempting to connect to SSID: "); Serial.println(ssid); WiFi.begin(ssid, password); while (WiFi.status() != WL_CONNECTED) { Serial.print("."); // 接続するまで待機する delay(1000); } Serial.print("Connected to "); Serial.println(ssid); Serial.println("IP address: "); Serial.println(WiFi.localIP()); server.begin(); double temp = temp, press = press, hum = hum;              //ここのやり方間違ってるのかな signed long int temp_cal; unsigned long int press_cal, hum_cal; Serial.print("connecting to "); Serial.println(host); // Use WiFiClient class to create TCP connections WiFiClient client; const int httpPort = 80; if (!client.connect(host, httpPort)) { Serial.println("connection failed"); return; } // We now create a URI for the request String url = "https://maker.ifttt.com/trigger/"; url += event; url += "/with/key/"; url += secretkey; url += "?value1="; url += String(temp); url += "&value2="; url += String(press); url += "&value3="; url += String(hum); Serial.print("Requesting URL: "); Serial.println(url); // This will send the request to the server client.print(String("GET ") + url + " HTTP/1.1\r\n" + "Host: " + host + "\r\n" + "Connection: close\r\n\r\n"); // Read all the lines of the reply from server and print them to Serial while (client.available()) { String line = client.readStringUntil('\r'); Serial.print(line); } } ////////////////////////////////////////////////////////////////// void printBME280Data ( Stream* client ) { BME280::TempUnit tempUnit(BME280::TempUnit_Celsius); BME280::PresUnit presUnit(BME280::PresUnit_Pa); bme.read(pres, temp, hum, tempUnit, presUnit); client->print("Temp: "); client->print(temp);        //これと client->print("°"+ String(tempUnit == BME280::TempUnit_Celsius ? 'C' :'F')); client->print("\t\tHumidity: "); client->print(hum);                              //これと client->print("% RH"); client->print("\t\tPressure: "); client->print(pres);                             //これの値を変数に格納したい client->println("Pa"); double temp = temp, press = press, hum = hum; delay(1000); }

試したこと

ここに問題に対して試したことを記載してください。
変数関連を調べていたのですが、時間が経つばかりなので質問させていただきます。

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

本当はGoogleスプレッドシートに直接入力する方法があるみたいなのですが、やり方が分からず断念しました。何か詳しく書いてある情報等あればご教授ください。
ここにより詳細な情報を記載してください。

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

y_waiwai

2021/08/21 04:21

このままではコードが読みづらいので、質問を編集し、<code>ボタンを押し、出てくる’’’の枠の中にコードを貼り付けてください
aRyo

2021/08/21 04:35

コメントありがとうございます。 初投稿でやり方が分かりませんでした。 修正投稿しましたので、宜しければ解決方法ご教授ください。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

C++

C++はC言語をもとにしてつくられた最もよく使われるマルチパラダイムプログラミング言語の1つです。オブジェクト指向、ジェネリック、命令型など広く対応しており、多目的に使用されています。

Arduino

Arduinoは、AVRマイコン、単純なI/O(入出力)ポートを備えた基板、C言語を元としたArduinoのプログラム言語と、それを実装した統合開発環境から構成されたシステムです。

IoT

IoT(Internet of Things)とは、インターネットがコンピュータなどの情報・通信機器のネットワークだけでなく、世の中のある様々なモノに接続されて自動認識・自動制御・遠隔計測などの能力を備えることです。「モノのインターネット」と一般的にいわれます。

マイコン

マイクロコンピュータの略で、CPUにマイクロプロセッサを用いたコンピュータのこと。家電製品、電磁機器などの制御に用いられています。単体でコンピュータとしての機能を一通り備えています。 現代のパーソナルコンピュータに近く、同時期のメインフレームやミニコンピュータと比べ、小さいことが特徴です。