質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.82%

Unity ブロック崩し ボールが跳ね返ってくれません。

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 468

yofi6617

score 1

前提・実現したいこと

Unity 1日目の超絶初心者です。
ブロック崩しを作っているのですが、
プレイヤー(板)にボールが当たっても跳ね返ってくれなくて困っています。

試したこと

プレイヤーを左右に移動させる上で、壁を突き抜けて移動出来てしまうのを防ぐために
プレイヤーが左右の壁に接触していたら、それ以上いけない、みたいなことを
やろうとプレイヤーにRigitBodyを追加したら跳ね返らなくなりました。
RigitBody無くせば跳ね返るのですが、下記コードみたいな感じで突き抜け防止
したかったので困ってます。

そもそもこんなやり方しないとか、こうすると楽みないな方法があれば
教えていただきたく、よろしくお願いいたします。

また、まだ設定1つ1つの意味を全然理解していないのでどこかいじる必要のある設定
があれば、意味についても教えていただけると助かります......

該当のソースコード

一応、以下が壁抜け防ぐために書いたコードです。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class PlayerControl : MonoBehaviour
{

    public float speed = 1.0f;
    private bool moveFlag_left = true;
    private bool moveFlag_right = true;

    // Start is called before the first frame update
    void Start()
    {

    }

    // Update is called once per frame
    void Update()
    {
        if (Input.GetKey(KeyCode.LeftArrow))
        {
            if(this.moveFlag_left == true)
            {
                this.transform.position += Vector3.left * speed * Time.deltaTime;
            }
        }
        else if (Input.GetKey(KeyCode.RightArrow))
        {
            if(this.moveFlag_right == true)
            {
                this.transform.position += Vector3.right * speed * Time.deltaTime;
            }          
        }
    }

    private void OnCollisionEnter(Collision collision)
    {
        if (collision.gameObject.CompareTag("Wall_Left"))
        {
            this.moveFlag_left = false;
        }
        else if (collision.gameObject.CompareTag("Wall_Right"))
        {
            this.moveFlag_right = false;
        }
    }

    private void OnCollisionExit(Collision collision)
    {
        if (collision.gameObject.CompareTag("Wall_Left"))
        {
            this.moveFlag_left = true;
        }
        else if (collision.gameObject.CompareTag("Wall_Right"))
        {
            this.moveFlag_right = true;
        }
    }
}

補足

<プレイヤーのRigitBodyの設定>
質量:1
抗力:0
角抗力:0
重力:なし
補間:なし
衝突判定:非連続的
位置、回転全部固定

<ボールのRigitVBody設定>
質量:1
抗力:0
角抗力:0
重力:あり
補間:なし
衝突判定:非連続的
位置:y固定
回転:全固定

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

rigidbodyなしだと跳ね返るとのことなので、今回はColliderによる判定での制限ではなく、C#の機能で移動可能な位置に対して制限を設けます。

以下のようなスクリプトで制御可能です。

入力に関する処理はUpdate内で行い、移動に関する処理はFixedUpdateで行います。UpdateとFixedUpdateに処理内容を分けている理由ですが、簡単に言うとUpdateは「マシンの性能に依存する」FiexdUpdateは「マシンの性能に依存しない」ため、移動等の物理的な処理はFixedUpdate内で書くのが一般的です。この辺は勉強を進めていくうちにぶつかる問題だと思うので、今はまだ完全に理解する必要はありません。

あと余談ですが、当該のソースコードの拡張子がhtmlになっていますが、C#ですのでC#が正しい表記となります。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class PlayerControl : MonoBehaviour
{

    public float speed = 1.0f;
    public float minPoss;
    public float maxPoss;
    private float MoveScale;

    private bool MoveRight;
    private bool MoveLeft;

    void Update()
    {
        if (Input.GetKey(KeyCode.LeftArrow))
        {
            MoveLeft = true;
            MoveRight = false;
        }
        else if (Input.GetKey(KeyCode.RightArrow))
        {
            MoveRight = true;
            MoveLeft = false;
        }
        else
        {
            MoveScale = 0;
        }
        //Mathf.ClampでX座標の移動に対して制限をかけています。minPossが-方向の制限位置、maxPossが+方向の制限位置となっています。
        this.transform.position = new Vector3(Mathf.Clamp(transform.position.x,minPoss,maxPoss),transform.position.y,transform.position.z);
    }

    void FixedUpdate()
    {
        if (MoveLeft)
        {
            MoveScale -= 0.1f;
            this.transform.position += new Vector3(MoveScale * speed * Time.deltaTime,0,0);
        }
        else if (MoveRight)
        {
            MoveScale += 0.1f;
            this.transform.position += new Vector3(MoveScale * speed * Time.deltaTime,0,0);
        }
        else
        {
            MoveScale = 0;
        }
    }
}

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2020/06/24 15:40

    コードを記す際の文言はそれが何の言語かを示すものであって、拡張子を示すものではないかと思います。
    今回の場合は”C#”と記載すべきなのではないでしょうか?

    キャンセル

  • 2020/06/24 15:45

    ご指摘ありがとうございます。拡張子を入力するものと勘違いをしておりました。
    訂正しておきます。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.82%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る