質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
85.44%
Keras

Kerasは、TheanoやTensorFlow/CNTK対応のラッパーライブラリです。DeepLearningの数学的部分を短いコードでネットワークとして表現することが可能。DeepLearningの最新手法を迅速に試すことができます。

深層学習

深層学習は、多数のレイヤのニューラルネットワークによる機械学習手法。人工知能研究の一つでディープラーニングとも呼ばれています。コンピューター自体がデータの潜在的な特徴を汲み取り、効率的で的確な判断を実現することができます。

機械学習

機械学習は、データからパターンを自動的に発見し、そこから知能的な判断を下すためのコンピューターアルゴリズムを指します。人工知能における課題のひとつです。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

pandas

Pandasは、PythonでRにおけるデータフレームに似た型を持たせることができるライブラリです。 行列計算の負担が大幅に軽減されるため、Rで行っていた集計作業をPythonでも比較的簡単に行えます。 データ構造を変更したりデータ分析したりするときにも便利です。

Q&A

解決済

1回答

1904閲覧

【機械学習】ダミー変数とOne-Hotエンコーディングとの違いは?

tantan1

総合スコア31

Keras

Kerasは、TheanoやTensorFlow/CNTK対応のラッパーライブラリです。DeepLearningの数学的部分を短いコードでネットワークとして表現することが可能。DeepLearningの最新手法を迅速に試すことができます。

深層学習

深層学習は、多数のレイヤのニューラルネットワークによる機械学習手法。人工知能研究の一つでディープラーニングとも呼ばれています。コンピューター自体がデータの潜在的な特徴を汲み取り、効率的で的確な判断を実現することができます。

機械学習

機械学習は、データからパターンを自動的に発見し、そこから知能的な判断を下すためのコンピューターアルゴリズムを指します。人工知能における課題のひとつです。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

pandas

Pandasは、PythonでRにおけるデータフレームに似た型を持たせることができるライブラリです。 行列計算の負担が大幅に軽減されるため、Rで行っていた集計作業をPythonでも比較的簡単に行えます。 データ構造を変更したりデータ分析したりするときにも便利です。

0グッド

0クリップ

投稿2020/05/05 03:24

現在、Pythonで機械学習を学んでおります。
カテゴリデータの前処理をするのに「ダミー変数」「One-Hotエンコーディング」という2つのキーワードが学習サイトなどで登場します。

2つともカテゴリデータを「0」と「1」だけの数列に変換する処理で同じだと思うのですが、なにか違いや使い分けがあるのでしょうか。
教えて下さい。

【補足】
例えばPandasだと「pandas.get_dummies」というダミー変数に変換する機能があります。

Scikit-learnだと「sklearn.preprocessing.OneHotEncoder」という「One-Hotエンコーディング」を行う機能があります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもMYページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

バッドをするには、ログインかつ

こちらの条件を満たす必要があります。

guest

回答1

0

ベストアンサー

https://stackoverflow.com/questions/36631163/what-are-the-pros-and-cons-between-get-dummies-pandas-and-onehotencoder-sciki

pandas.get_dummiesは一回きりですが、sklearn.preprocessing.OneHotEncoderは再利用できます。
つまり、学習用データでEncoderを作成し、それを再び用いてtestデータに対して同じ変換をしてやることができます。

handle_unknown引数も用意されており、学習データでなかったカテゴリが出現した際の対応を指定できます。

投稿2020/05/05 03:36

nouken

総合スコア369

バッドをするには、ログインかつ

こちらの条件を満たす必要があります。

tantan1

2020/05/05 06:32

ご回答ありがとうございます。 pandas.get_dummiesとsklearn.preprocessing.OneHotEncoderにはそういう違いがあるんですね。 「ダミー変数」「One-Hotエンコーディング」という言葉自体、中身のやることは同じという認識でよろしいのでしょうか?
nouken

2020/05/05 08:08

私の中では同じという認識です。
guest

あなたの回答

tips

太字

斜体

打ち消し線

見出し

引用テキストの挿入

コードの挿入

リンクの挿入

リストの挿入

番号リストの挿入

表の挿入

水平線の挿入

プレビュー

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
85.44%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問