質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.37%

Unity)iosでCloudMessagingが受信できない

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,946

score 198

Unityで作ったアプリにFirebaseのCloudMessagingを使ってプッシュ通知を送る実装を試しています。

手順)
1 Firebaseプロジェクトの作成
2 UnityプロジェクトをFirabaseプロジェクトに登録する    
3 Unity プロジェクトに Firebase 構成ファイルを追加する(iOS の場合 GoogleService-Info.plist)    
4 Unity プロジェクトにFirebase 構成ファイルを追加する(Android の場合 google-services.json )
5 Firebase構成ファイルをAssetsに配置する
6 Unity プロジェクトに Firebase SDK を追加する(FirebaseMessaging.unitypackage.NET 4.x)    
7 Firebase Unity SDK を最新にしておくためコードを記述しておく
8 Firebase Cloud Messaging を初期化
9 Unity プロジェクトに Firebase SDK を追加する(FirebaseAnalytics.unitypackage.NET 4.x)    
10 Firebase コンソールの [アナリティクス] タブで、(ユーザー)プロパティを登録します    
11 SetUserProperty()でアナリティクスのユーザー プロパティを設定するコードを追加
12 Firebaseコンソール画面からCloud Messaging設定して送信

Androidは問題なくターゲット送信してクライアントアプリに受信できメッセージも出ました。
iOSはFirebaseコンソールにユーザープロパティなどの情報は受信できており、送信する際の対象ユーザー数も
あっているのですが実際に送信すると送信済みにはなるのですが
クライアントアプリ側に受信されません。

ちなみにiOSの場合、Xcodeファイルにした後下記設定をしました。

ユーザー通知フレームワークを追加する    
1 Xcode でプロジェクトをクリックし、編集領域で [General] タブを選択します。
2 [Linked Frameworks and Libraries] が表示されるまで下にスクロールし、[+] ボタンをクリックしてフレームワークを追加します。
3 表示されたウィンドウで UserNotifications.framework までスクロールし、そのエントリをクリックしてから [Add] をクリックします。
プッシュ通知を有効にする    
1 Xcode でプロジェクトをクリックし、編集領域で [Capabilities] タブを選択します。
2 [Push Notifications] を [On] に切り替えます。
3 [Background Modes] までスクロールして、[On] に切り替えます。    
4 [Background Modes] の下の [Remote notifications] チェックボックスをオンにします。

また配信方法はXcodeファイルの製品版を作成してパソコンとiPhone5sをケーブルでつないでエミュレータ欄の
「iPhone」にして三角ボタンをクリックして行っています。
プッシュ通知以外は問題なくできています。

iPhone自体は他のアプリのプッシュ通知はきちんと受信できていますので
iPhone自体の設定ができていないわけではありませんし、設定で
このアプリの受信もOKになっています。

質問は上記の方法ではプッシュ通知がそもそもできないのか?
できるとしたらどこに問題があるのかヒントで結構ですのでお教え下さい。

環境)
PC: mac
Unity2018.3.14f1
言語:C#

FirebaseMessaging.cs

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class FirebaseMessaging : MonoBehaviour
{
    // Start is called before the first frame update
    void Start()
    {
       //Firebase Cloud Messaging を初期化
      Firebase.Messaging.FirebaseMessaging.TokenReceived += OnTokenReceived;
      Firebase.Messaging.FirebaseMessaging.MessageReceived += OnMessageReceived;

      //Firebase SDKを最新版にする
        Firebase.FirebaseApp.CheckAndFixDependenciesAsync().ContinueWith(task => {
       var dependencyStatus = task.Result;
       if (dependencyStatus == Firebase.DependencyStatus.Available) {
      // Create and hold a reference to your FirebaseApp,
      // where app is a Firebase.FirebaseApp property of your application class.
      //   app = Firebase.FirebaseApp.DefaultInstance;

      // Set a flag here to indicate whether Firebase is ready to use by your app.
  } else {
    UnityEngine.Debug.LogError(System.String.Format(
      "Could not resolve all Firebase dependencies: {0}", dependencyStatus));
    // Firebase Unity SDK is not safe to use here.
  }
});
    }
    //アプリ側でトークンを受け取り、このアプリが入っている端末をメッセージ対象にする
    public void OnTokenReceived(object sender, Firebase.Messaging.TokenReceivedEventArgs token) 
    {
      UnityEngine.Debug.Log("Received Registration Token: " + token.Token);
  }
     //メッセージを受診する
   public void OnMessageReceived(object sender, Firebase.Messaging.MessageReceivedEventArgs e) 
  {
      UnityEngine.Debug.Log("Received a new message from: " + e.Message.From);
   }
}


DropdownCallback.cs

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using UnityEngine.UI;

public class DropdownCallback : MonoBehaviour
{
    private string region;
    private string targetAge;
    private string targetMW;

    #pragma warning disable 649
    [SerializeField]Dropdown dropdownRegion;
    [SerializeField]Dropdown dropdownAge;
    [SerializeField]Dropdown dropdownMW;

    // Start is called before the first frame update
    void Start()
    {
        dropdownRegion.value = PlayerPrefs.GetInt("region", 20);
        dropdownAge.value = PlayerPrefs.GetInt("age", 6);
        dropdownMW.value = PlayerPrefs.GetInt("mw", 2);
    }

    public void OnValueChanged(Dropdown dropdown)
    {
        switch(dropdown.value)
        {
            case 0:
            region = "hamamatsu";
            break;
            case 1:
            region = "iwata";
            break;
           default:
            region = "";
            break;
        }
        PlayerPrefs.SetInt("region", dropdown.value); //returnNoを保存
        PlayerPrefs.Save();
    }
    public void OnValueChanged2(Dropdown dropdown2)
    {
        switch(dropdown2.value)
        {
            case 0:
            targetAge = "tween";  //20
            break;
            case 1:
            targetAge = "earlythirty";  //30-35
            break;
            case 2:
            targetAge = "latethirty";  //36-40
            break;
           default:
            targetAge = "";
            break;
        }
        PlayerPrefs.SetInt("age", dropdown2.value); //labelからテキストを取得して保存
        PlayerPrefs.Save();
    }
    public void OnValueChanged3(Dropdown dropdown3)
    {
        switch(dropdown3.value)
        {
            case 0:
            targetMW = "man";
            break;
            case 1:
            targetMW = "woman";
            break;
            default:
            targetMW = "";
            break;
        }
        PlayerPrefs.SetInt("mw", dropdown3.value); //labelからテキストを取得して保存
        PlayerPrefs.Save();
    }
    public void OncloseSave()
    {
        if(region != null)
        {
            Firebase.Analytics.FirebaseAnalytics.SetUserProperty("region", region);
        }
        if(targetAge != null)
        {
            Firebase.Analytics.FirebaseAnalytics.SetUserProperty("Age", targetAge);
        }
        if(targetMW != null)
        {
            Firebase.Analytics.FirebaseAnalytics.SetUserProperty("MW", targetMW);
        }
    }
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

0

原因が分かりました。

APNs用証明書をFirabaseコンソールでアップしていませんでした。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.37%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る