質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.59%

Mayaのシェーダの勉強のためにUnityを勉強するのはアリですか?

解決済

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,284

score 16

今現在オンライン講座でMayaを勉強しているのですが、シェーダやレンダリングに関してその根本原理がちんぷんかんぷんな状況です。なのでUnityを使ってシェーダを作成するなどのやり方で3DCGの根本的な仕組みとは言えないまでも、しかしある程度どんなパラメータをいじればどんな風に出力されるのか、などという基本を身に着けようと思いついたのですが、これってやり方としてはアリだと思いますか?一見遠回りなように思えるのですが、趣味の範疇なので自分がCGデザインをやりたいのかCGエンジニアをやりたいのか今はまだ漠然としているためどうなんだろうと思い質問させてもらいました。よろしくお願いします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

+1

こんばんは。

3DCG理論なので、ストレートに本を読むという方法をおすすめします。
その上でMayaのシェーダーのパラメータを触ってみると「あーはいはいあれね」となります。
Unityでシェーダを書くという手段もありますが、C言語のようなプログラムを書くので、少し学習コストが高いような気がします。

パラメータの数は膨大なので、一つ一つの要素をいじって試すというよりは、「複数のパラメータはどういう関係にあるのか」という理論を体系的に知っておけば、UnityとMayaいずれの方向に進もうが、ツールがBlenderになろうが、対応できます。

例えば、一般的なカメラのパラメーターだけでもざっと思いつくだけでも、被写界深度、広角望遠、F値、ISO感度、シャッタースピード、アパーチャー、透視投影平行投影とか、色々あります。カメラってこういう構造になっているんだなーと理解しておけばソフトがなんであろうが対応できます。(カメラの構造はCG理論の本に書いてあります)

なので、本で抑えたほうが応用が効くのかなと思います。


さて、ざっくりとレンダリングとシェーティングの構造関係について説明すると

レンダリングは
①透視投影=>②隠面消去=>③陰影付与(シャドウイングとシェーディング)=>④効果付与(マッピング)
という流れで行います。この一連の流れをレンダリングパイプラインといいます。

(GPUレンダリングのパイプラインはまた別にあったりする。)

なので、レンダリングの一つの工程としてシェーディングがあります。

それぞれ説明します。


①透視投影
遠近感を効かせた投影方法です。

②隠面消去
カメラから見てオブジェクトが重なるとき、手前のオブジェクトを映して、奥のオブジェクトを如何に隠すかという方法を指し、アルゴリズムが何種類かあります。有名なのか以下の4つです。

  • 奥行きソート
  • スキャンライン
  • Zバッファ
  • レイトレーシング

③陰影付け
陰影は読み方はともに「かげ」と「かげ」ですが、ニュアンスが違います。
影と陰らへんがわかりやすいです。

それで、シェーディング(陰)を構成する基本的な三要素は鏡面反射、拡散反射、環境光があります。

  • 鏡面反射(specular)
    => ex) ブリン クックトランス フォン
  • 拡散反射(diffuse)
    => ex) ランバート
  • 環境光(ambient)

それぞれ計算式があります。シェーダーのパラメータはこの計算式の変数をもとに作られています。
例えば、フォンシェーダーだったら

鏡面反射率*入射光の強さ*cos^n γ

みたいな計算式があります。参考

このcos^nの部分に該当するCosine powerというパラメータがMayaにはあります。

Phong シェーダ(Phong)

シャドウイング(影)

光源の種類によって、影の境界がぼんやりになるかどうかが決まります。
ぼんやりしている部分の影を半影っていいます。
くっきりしている部分の影を本影っていいます。

光源の種類によって計算式があります。(ややこしいので略)

④効果付与(マッピング)

パンプマップとかテクスチャマッピングとかをかける工程です。

以上ざっくりレンダリングとシェーダーの説明をしましたが、ここらへんの原理に関しては、

CGと画像合成の基礎 浅井紀久夫
コンピューターグラフィックス CG-ARTS
とかが詳しいです。

ご参考までに。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/01/30 23:25

    詳しい解説ありがとうございます!

    そんな教科書があったんですね!
    読んでみたいと思います。
    ありがとうございます。

    キャンセル

checkベストアンサー

0

Unityはすでに出来上がってるものなのでゲームが作れるようになっても3Dが理解できるようにはまずならないでしょう
自分でCpuベースで動くレンダリングエンジンを作るのが勉強には向いていると思います
まずはJavascriptでもcでもbasicでもなんでも良いので遠近法や陰面処理から始めてみてはどうでしょうか?

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/01/24 01:48

    やってみたいとおもいます。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.59%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る