質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
86.12%
Google Colaboratory

Google Colaboratoryとは、無償のJupyterノートブック環境。教育や研究機関の機械学習の普及のためのGoogleの研究プロジェクトです。PythonやNumpyといった機械学習で要する大方の環境がすでに構築されており、コードの記述・実行、解析の保存・共有などが可能です。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

解決済

google colaboratoryで指スマを作ってた時のエラー

Konya
Konya

総合スコア4

Google Colaboratory

Google Colaboratoryとは、無償のJupyterノートブック環境。教育や研究機関の機械学習の普及のためのGoogleの研究プロジェクトです。PythonやNumpyといった機械学習で要する大方の環境がすでに構築されており、コードの記述・実行、解析の保存・共有などが可能です。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

2回答

0リアクション

0クリップ

260閲覧

投稿2022/09/06 04:29

編集2022/09/06 07:48

前提

google colaboratoryで指スマ(いっせーので)を作っている際、while文のbreakの際にエラーが出てしまう。(1か月前に始めた初心者なのでめちゃくちゃ簡単なコードしか使ってません。)

実現したいこと

・2回(指の本数が)当たったらbreakしてゲームが終わる

発生している問題・エラーメッセージ

UnboundLocalError Traceback (most recent call last) <ipython-input-7-29579826d82f> in <module> 41 print(" ") 42 print(" ") ---> 43 yubisuma() 44 if n == 2: 45 print("おめ") <ipython-input-7-29579826d82f> in yubisuma() 15 print("CPUは", bot , "本あげたよ。") 16 print("あたり。一本のけてね。") ---> 17 n += 1 18 if people + bot != human: 19 print("CPUは", bot , "本あげたよ。") UnboundLocalError: local variable 'n' referenced before assignment

該当のソースコード

#randomのインポート import random #breakの際の指の本数の定義 n = 0 nm = 0 #指スマ関数の定義(自分の番) def yubisuma(): print("最初に何本出すか入力してね。") people = int(input("ゆびすま・・・(あげる本数)")) print(" ") print("合計全員で何本あげるか予想してね。") human = int(input("ゆびすま・・・(みんなとの合計)")) bot = random.randint(0,2) if people + bot == human: print("CPUは", bot , "本あげたよ。") print("あたり。一本のけてね。") n += 1 if people + bot != human: print("CPUは", bot , "本あげたよ。") print("残念。") #指スマ関数の定義(CPUの番) def yubisuma2(): print("次はCPUの番だよ。") print("何本出すか入力してね。") people = int(input("ゆびすま・・・(あげる本数)")) print(" ") cpu = random.randint(0,4) bot = random.randint(0,2) if people + bot == cpu: print("CPUは", bot , "本あげたよ。") print("CPUは", bot , "本といったよ。") print("当たったので1本のけるよ。") nm += 1 if people + bot != cpu: print("CPUは", bot , "本あげたよ。") print("CPUは", cpu , "本といったよ。") print("残念。") #関数を動かす。 while True: print(" ") print(" ") yubisuma() if n == 2: print("おめ") else: print(" ") yubisuma2() if nm == 2: break

試したこと

・if == 0で反対にしてみた。
・google colaboratoryの新しいファイルにおんなじ物を入れてやってみた(前print関数のエラーが間違ってないのに出てたからそれ関係かなと思った。)
・インデントの確認

代表的なのはこんな感じですが3時間くらい格闘しました;;
助けてください。

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

・google colaboratoryを使った。

以下のような質問にはリアクションをつけましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

リアクションが多い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

下記のような質問は推奨されていません。

  • 間違っている
  • 質問になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

適切な質問に修正を依頼しましょう。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

アカウントをお持ちの方は

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
86.12%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Google Colaboratory

Google Colaboratoryとは、無償のJupyterノートブック環境。教育や研究機関の機械学習の普及のためのGoogleの研究プロジェクトです。PythonやNumpyといった機械学習で要する大方の環境がすでに構築されており、コードの記述・実行、解析の保存・共有などが可能です。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。