質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
86.12%
Google Colaboratory

Google Colaboratoryとは、無償のJupyterノートブック環境。教育や研究機関の機械学習の普及のためのGoogleの研究プロジェクトです。PythonやNumpyといった機械学習で要する大方の環境がすでに構築されており、コードの記述・実行、解析の保存・共有などが可能です。

機械学習

機械学習は、データからパターンを自動的に発見し、そこから知能的な判断を下すためのコンピューターアルゴリズムを指します。人工知能における課題のひとつです。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

解決済

StyleGANをGoogle Colaboratoryで実装したい

riku_university
riku_university

総合スコア6

Google Colaboratory

Google Colaboratoryとは、無償のJupyterノートブック環境。教育や研究機関の機械学習の普及のためのGoogleの研究プロジェクトです。PythonやNumpyといった機械学習で要する大方の環境がすでに構築されており、コードの記述・実行、解析の保存・共有などが可能です。

機械学習

機械学習は、データからパターンを自動的に発見し、そこから知能的な判断を下すためのコンピューターアルゴリズムを指します。人工知能における課題のひとつです。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

1回答

0リアクション

0クリップ

282閲覧

投稿2022/09/26 08:57

編集2022/09/26 09:41

前提・実現したいこと

Google ColaboratoryでStyleGANを実装しようとしています。(初学者です)
generatorをロードするのurlを変更することで他の画像も生成できると記載があった為、ImageNetデータセットで学習する予定です。(imagenetを用いたstyleganがstylegan+clipなどしかなかったため)

generatorのロードの部分で
ModuleNotFoundError: No module named 'torch_utils.persistence'
というエラーがでています

主に以下の記事を参考にして進めていましたが、わかりませんでした。
https://teratail.com/questions/295390
https://qiita.com/pacifinapacific/items/1d6cca0ff4060e12d336
http://cedro3.com/ai/stylegan/
https://qiita.com/Phoeboooo/items/12d21916de56d125f0be

発生している問題・エラーメッセージ

Python

from google.colab import drive drive.mount('/content/drive') %cd /content/drive/My Drive #git clone でStyleGANのコードを使えるようにする !git clone https://github.com/NVlabs/stylegan.git #ディレクトリ移動 %cd stylegan !pip uninstall tensorflow -y !pip install tensorflow-gpu==1.15.0 import tensorflow.compat.v1 as tf tf.disable_v2_behavior() generatorをロードする import os import pickle import numpy as np import PIL.Image import dnnlib import dnnlib.tflib as tflib import config def main(): # Initialize TensorFlow. tflib.init_tf() # Load pre-trained network. url = 'https://s3.eu-central-1.amazonaws.com/avg-projects/stylegan_xl/models/imagenet512.pkl' # karras2019stylegan-ffhq-1024x1024.pkl with dnnlib.util.open_url(url, cache_dir=config.cache_dir) as f: _G, _D, Gs = pickle.load(f) # _G = Instantaneous snapshot of the generator. Mainly useful for resuming a previous training run. # _D = Instantaneous snapshot of the discriminator. Mainly useful for resuming a previous training run. # Gs = Long-term average of the generator. Yields higher-quality results than the instantaneous snapshot. # Print network details. Gs.print_layers() # Pick latent vector. rnd = np.random.RandomState(10) # seed = 10 latents0 = rnd.randn(1, Gs.input_shape[1]) latents1 = rnd.randn(1, Gs.input_shape[1]) latents2 = rnd.randn(1, Gs.input_shape[1]) latents3 = rnd.randn(1, Gs.input_shape[1]) latents4 = rnd.randn(1, Gs.input_shape[1]) latents5 = rnd.randn(1, Gs.input_shape[1]) latents6 = rnd.randn(1, Gs.input_shape[1]) num_split = 39 # 2つのベクトルを39分割 for i in range(40): latents = latents6+(latents0-latents6)*i/num_split # Generate image. fmt = dict(func=tflib.convert_images_to_uint8, nchw_to_nhwc=True) images = Gs.run(latents, None, truncation_psi=0.7, randomize_noise=True, output_transform=fmt) # Save image. os.makedirs(config.result_dir, exist_ok=True) png_filename = os.path.join(config.result_dir, 'photo'+'{0:04d}'.format(i)+'.png') PIL.Image.fromarray(images[0], 'RGB').save(png_filename) if __name__ == "__main__": main()

該当のソースコード

Python

ModuleNotFoundError Traceback (most recent call last) <ipython-input-8-a1bc236cff97> in <module> 45 46 if __name__ == "__main__": ---> 47 main() <ipython-input-8-a1bc236cff97> in main() 14 url = 'https://s3.eu-central-1.amazonaws.com/avg-projects/stylegan_xl/models/imagenet512.pkl' # karras2019stylegan-ffhq-1024x1024.pkl 15 with dnnlib.util.open_url(url, cache_dir=config.cache_dir) as f: ---> 16 _G, _D, Gs = pickle.load(f) 17 # _G = Instantaneous snapshot of the generator. Mainly useful for resuming a previous training run. 18 # _D = Instantaneous snapshot of the discriminator. Mainly useful for resuming a previous training run. ModuleNotFoundError: No module named 'torch_utils.persistence'

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

ImageNetの.plkファイルが見つけれず、下記サイトのモデル選択のurlをダウンロードしてGoogle Driveにアップロードして用いています。
エラーは
"https://s3.eu-central-1.amazonaws.com/avg-projects/stylegan_xl/models/imagenet512.pkl"
が原因だと思うのですが公式サイトなどにImageNetの.pklファイルがありましたら教えてもらえると幸いです。

https://colab.research.google.com/github/kaz12tech/ai_demos/blob/master/StyleGAN_XL_demo.ipynb#scrollTo=sd3w1cEaIxPN

以下のような質問にはリアクションをつけましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

リアクションが多い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

下記のような質問は推奨されていません。

  • 間違っている
  • 質問になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

適切な質問に修正を依頼しましょう。

jbpb0

2022/09/26 09:39

質問の題名の「解決済」とは、どういう意味でしょうか?
riku_university

2022/09/26 09:42

タイトルの確認不足でした! ご指摘ありがとうございます。
jbpb0

2022/09/26 09:53

> エラーは "https://s3.eu-central-1.amazonaws.com/avg-projects/stylegan_xl/models/imagenet512.pkl" が原因だと思う 上記は「StyleGAN-XL」 https://github.com/autonomousvision/stylegan_xl 用のもののようですが、質問者さんが動かそうとしてる「StyleGAN」 https://github.com/NVlabs/stylegan でも使えるのでしょうか? https://ninhydrin.hatenablog.com/entry/2022/02/15/091413 に 「提案するStyleGAN-XLはこれを解決してImageNetのような分散の大きなデータの生成を可能にした。」 と書かれてるので、 > ImageNetデータセットで学習する予定です。 をやるなら、「StyleGAN」ではなくて「StyleGAN-XL」を動かす必要があるのではないですかね
riku_university

2022/09/27 11:15

やはりその部分が原因でしたか・・・StyleGAN-XL用のものでも動くかなと思いましたが無理そうですね。 ImageNeを用いると StyleGAN の性能が落ちるというのは理解していて、どれだけ落ちるのか気になったため StyleGAN に Imageanet を用いて実装しようとしていました。 StyleGAN2 のほうを試しに Google Colab で実装してみようと思います。URLありがとうございます。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

アカウントをお持ちの方は

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
86.12%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Google Colaboratory

Google Colaboratoryとは、無償のJupyterノートブック環境。教育や研究機関の機械学習の普及のためのGoogleの研究プロジェクトです。PythonやNumpyといった機械学習で要する大方の環境がすでに構築されており、コードの記述・実行、解析の保存・共有などが可能です。

機械学習

機械学習は、データからパターンを自動的に発見し、そこから知能的な判断を下すためのコンピューターアルゴリズムを指します。人工知能における課題のひとつです。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。