質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.48%

ファイル読み込み方法

解決済

回答 3

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 3,462

score 21

お世話になっております。
C++を学習中の学生です。
現在下記のような住所録アプリケーションを作成中です。
イメージ説明
写真右下にある読み込みボタンを押下し
イメージ説明
上記のテキストファイルの中身をリストコントロールに読み込ませたいのですが、どう記述すればいいのでしょうか。
ご教授いただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

以下ソース

//------------------------------------------------------------------------------
// ダイヤログ初期化処理
//------------------------------------------------------------------------------
BOOL CZyuSyoDlg::OnInitDialog()
{
    CDialogEx::OnInitDialog();

    // "バージョン情報..." メニューをシステム メニューに追加します。

    // IDM_ABOUTBOX は、システム コマンドの範囲内になければなりません。
    ASSERT((IDM_ABOUTBOX & 0xFFF0) == IDM_ABOUTBOX);
    ASSERT(IDM_ABOUTBOX < 0xF000);

    CMenu* pSysMenu = GetSystemMenu(FALSE);
    if (pSysMenu != NULL)
    {
        BOOL bNameValid;
        CString strAboutMenu;
        bNameValid = strAboutMenu.LoadString(IDS_ABOUTBOX);
        ASSERT(bNameValid);
        if (!strAboutMenu.IsEmpty())
        {
            pSysMenu->AppendMenu(MF_SEPARATOR);
            pSysMenu->AppendMenu(MF_STRING, IDM_ABOUTBOX, strAboutMenu);
        }
    }

    // このダイアログのアイコンを設定します。アプリケーションのメイン ウィンドウがダイアログでない場合、
    //  Framework は、この設定を自動的に行います。
    SetIcon(m_hIcon, TRUE);            // 大きいアイコンの設定
    SetIcon(m_hIcon, FALSE);        // 小さいアイコンの設定

    // TODO: 初期化をここに追加します。

    make_queue();

    m_List.InsertColumn(0, "No." , LVCFMT_CENTER, 35);     //No列を追加
    m_List.InsertColumn(1, "性別", LVCFMT_CENTER, 45);     //性別列を追加
    m_List.InsertColumn(2, "名前", LVCFMT_CENTER, 70);     //名前列を追加
    m_List.InsertColumn(3, "年齢", LVCFMT_CENTER, 35);     //年齢列を追加
    m_List.InsertColumn(4, "住所", LVCFMT_LEFT,   200);    //住所列を追加

    CEdit* pEditName = (CEdit *)GetDlgItem( IDC_NAME_I );
    CEdit* pEditHome = (CEdit *)GetDlgItem( IDC_HOME_I );
    CEdit* pEditTosi = (CEdit *)GetDlgItem( IDC_TOSI_I );

    //エディットボックスに入力できる文字数を設定する
    pEditName->LimitText(14);
    pEditHome->LimitText(70);
    pEditTosi->LimitText(3);



    return TRUE;  // フォーカスをコントロールに設定した場合を除き、TRUE を返します。
}

//------------------------------------------------------------------------------
// キューの生成
//------------------------------------------------------------------------------
void CZyuSyoDlg::make_queue()
{
    struct Queue  *que;

    for( int count=0; count<256; count++ )
    {
        //キューの生成
       if( count == 0 )
       {
           que = (struct Queue*)malloc(sizeof(struct Queue));        //  メモリの確保
           m_pQueue = que;                                           // 先頭をメンバ変数
       }
       else
       {
           que->next  = (struct Queue*)malloc(sizeof(struct Queue)); // ポインタを繋ぐ
           que        = (struct Queue*)que->next;                    //  nextの値をqueに
       }
       que->next = NULL;                                             // nextにNULL
       memset(que, 0, sizeof(struct Queue));                         // クリア
    }
}

//------------------------------------------------------------------------------
// キューの解放
//------------------------------------------------------------------------------
void CZyuSyoDlg::QueClose()
{
    struct Queue *que;
    que = m_pQueue;
    while( 1 )
    {
        m_pQueue = (struct Queue*)que->next;
        free( que );
        que = m_pQueue;
        if( que == NULL )
        {
            break;
        }
    } 
}

//------------------------------------------------------------------------------
// キューの切り離し
//------------------------------------------------------------------------------
struct Queue* CZyuSyoDlg::QueCut()
{
    struct Queue *head;

    // キューを切り離す(先頭)
    if( m_pQueue != NULL )
    {
        head = m_pQueue;
        m_pQueue = (struct Queue*)head->next;                  //次の先頭
    }
    return( head );
}

//------------------------------------------------------------------------------
//  データキューを繋ぐ
//------------------------------------------------------------------------------
void CZyuSyoDlg::QueData(struct Queue *head)
{
    if( m_pQueue2 == NULL )
    {
        m_pQueue2 = head;
    }
    else
    {
        struct Queue *data;
        data = m_pQueue2;
        while( 1 )
        {
            if( data->next == NULL )
            {
                data->next = head;
                break;
            }
            data = (struct Queue*)data->next;
        }
    }
    head->next = NULL;

}

//------------------------------------------------------------------------------
// 送信ボタン押下処理
//------------------------------------------------------------------------------
void CZyuSyoDlg::OnBnClickedGo()
{
    struct Queue  *head;
    head = QueCut();

    CStdioFile ZyuSyoFile;
    //テキストファイルを開く
    ZyuSyoFile.Open("ZyuSyoData.txt",CFile::modeReadWrite |
        CFile::shareDenyNone | CFile::modeCreate | CFile::modeNoTruncate);

    ZyuSyoFile.SeekToEnd();

    //------------//
    //名前部の取得//
    //------------//
    CString strName;
    ((CEdit*)GetDlgItem(IDC_NAME_I))->GetWindowText( strName );
    //CString → charへの変換
    strcpy_s( head->data.name, strName );

    //------------//
    //住所部の取得//
    //------------//
    CString strHome;
    ((CEdit*)GetDlgItem(IDC_HOME_I))->GetWindowText( strHome );
    strcpy_s( head->data.home, strHome );

    //------------//
    //年齢部の所得//
    //------------//
    CString strTosi;
    ((CEdit*)GetDlgItem(IDC_TOSI_I))->GetWindowText( strTosi );
    strcpy_s( head->data.tosi, strTosi );

    //------------//
    //Noの所得    //
    //------------//
    CString strNo;
    m_Combo.GetLBText(m_Combo.GetCurSel(),strNo);
    strcpy_s( head->data.no, strNo );

    //----------------//
    //性別の取得(男性)//
    //----------------//
    CString strType;
    if( ( (CButton*)GetDlgItem(IDC_RADIO_B) )->GetCheck() == BST_CHECKED )
    {
        strType = ("男性");
        strcpy_s( head->data.type, strType );
    }

    //----------------//
    //性別の判定(女性)//
    //----------------//
    if( ( (CButton*)GetDlgItem(IDC_RADIO_G) )->GetCheck() == BST_CHECKED )
    {
        strType = ("女性");
        strcpy_s( head->data.type, strType );
    }

    //----------------//
    //リストへ追加    //
    //----------------//
    // リストコントロール 行の追加
    int count = m_List.GetItemCount();
    m_List.InsertItem(count, strNo);                              //No行を追加
    m_List.SetItem(count, 1, LVIF_TEXT, strType, 0, 0, 0, 0);      //性別行を追加
    m_List.SetItem(count, 2, LVIF_TEXT, strName, 0, 0, 0, 0);     //名前列を追加
    m_List.SetItem(count, 3, LVIF_TEXT, strTosi, 0, 0, 0, 0);     //年齢行を追加
    m_List.SetItem(count, 4, LVIF_TEXT, strHome, 0, 0, 0, 0);     //住所行
//    CDialog::OnOK();

    //----------------//
    //ファイル入出力  //
    //----------------//
    //テキストファイルに書き込む
    ZyuSyoFile.WriteString( "No:"   + strNo   + "|" );
    ZyuSyoFile.WriteString( "性別:" + strType + "|" );
    ZyuSyoFile.WriteString( "名前:" + strName + "|" );
    ZyuSyoFile.WriteString( "年齢:" + strTosi + "|" );
    ZyuSyoFile.WriteString( "住所:" + strHome + "\n" );

    //テキストファイルを閉じる
    ZyuSyoFile.Close();


    QueData(head);
}

//------------------------------------------------------------------------------
// クリアボタン押下処理
//------------------------------------------------------------------------------
void CZyuSyoDlg::OnBnClickedClear()
{
    //エディットボックス内をクリアする
    CEdit* pEdit  = (CEdit *)GetDlgItem( IDC_NAME_I );
    CEdit* pEdit1 = (CEdit *)GetDlgItem( IDC_HOME_I );
    CEdit* pEdit2 = (CEdit *)GetDlgItem( IDC_TOSI_I );

    pEdit ->SetWindowText("");
    pEdit1->SetWindowText("");
    pEdit2->SetWindowText("");

}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 3

checkベストアンサー

0

1行ずつは読み込めたのですが、ここからどう文字列を分解させればよいのでしょうか。。。

こんなかんじ:

#include <iostream>
#include <cstring>
using namespace std;

int main() {
  char data[] = "ばんごう:123|なまえ:ゴンベ|くだもの:リンゴ";

  char* context = nullptr;
  char* str = data;
  const char* delim = "|";
  for ( char* token = strtok_s(str, delim, &context);
        token != nullptr;
        token = strtok_s(nullptr, delim, &context) ) {
    cout << "step-1: [" << token << "]\n";

    char* context = nullptr;
    char* str = token;
    const char* delim = ":";
    cout << "    step-2: ";
    for ( char* token = strtok_s(str, delim, &context);
          token != nullptr;
          token = strtok_s(nullptr, delim, &context) ) {
      cout << "[" << token << "]  ";
    }
    cout << endl;
  }
}
step-1: [ばんごう:123]
    step-2: [ばんごう]  [123]
step-1: [なまえ:ゴンベ]
    step-2: [なまえ]  [ゴンベ]
step-1: [くだもの:リンゴ]
    step-2: [くだもの]  [リンゴ]

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2016/11/08 14:30

    内側のfor-loopで、一発めに得られたtokenが項目名、二発めが設定する内容。

    キャンセル

  • 2016/11/08 14:58

    forループで1行を分割して項目を取り出しているのだから、
    各々のtokenに分割された項目が入っていると思います(パッと見なので・・たぶん)
    ということは、必要なデータならばstr**に入れていけばよい
    debugモードでStep実行することで分かりやすくなるかと思います

    テキストの形式から行くと先に : を区切り文字にして、次の区切り文字を | にしたほうが良いかもしれません

    キャンセル

  • 2016/11/08 15:05 編集

    並びが固定されてるのなら"|:"で切り出して"ひとつ飛びに"取り出せば多重loop回さずに済むじゃん。
    てかそのくらい考えろよ。

    キャンセル

0

  1. ファイルから一行読む
  2. | で区切る
  3. 2の結果をさらに:で区切る
  4. 3の結果から"どのコントロールに" "どんな値を書くか" がわかるから、それに従う

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

0

ファイルから読み出すのが苦労している点でしょうか?
考え方とヒントだけ示します

いろいろな方法があると思いますが、そのうちの一つ
上記のフォーマットだとして
ファイル読み込み時に、1行ずつ読み込み、| を区切り文字として扱って分解
No:
性別:
名前:
年齢:
住所:
の文字列を読み出した文字列から消去し、各々の項目を格納する変数に渡す

で、各々使う関数ですが
CStdioFileを使えるようなので、メンバ関数ReadStringを使えます
sprintf_sを使用してバッファに詰め込み、strtok_sで区切り文字で分解
CStringのメンバ関数で消去または抽出しましょう

ソースは示しませんが、上記のものを使用することで実現できるかと思います

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2016/11/08 10:44

    回答ありがとうございます!
    CStdioFile ZyuSyoFile("ZyuSyoData.txt", CFile::modeCreate | CFile::modeNoTruncate |
    CFile::modeRead | CFile::typeText);
    CString ReadFile;
    ZyuSyoFile.ReadString(ReadFile);
    1行ずつは読み込めたのですが、ここからどう文字列を分解させればよいのでしょうか。。。
    strok_sの使い方がいまいちぴんとこずご迷惑おかけします。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.48%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る