質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
VBA

VBAはオブジェクト指向プログラミング言語のひとつで、マクロを作成によりExcelなどのOffice業務を自動化することができます。

Access

Accessはマイクロソフトによるリレーショナルデータベース管理システムです。オブジェクト指向のアプリケーション作成に対応しており、テーブルや編集をはじめ、クエリ生成、入力フォーム作成、レポート作成など一通りの機能を備えています。

SQL

SQL(Structured Query Language)は、リレーショナルデータベース管理システム (RDBMS)のデータベース言語です。大きく分けて、データ定義言語(DDL)、データ操作言語(DML)、データ制御言語(DCL)の3つで構成されており、プログラム上でSQL文を生成して、RDBMSに命令を出し、RDBに必要なデータを格納できます。また、格納したデータを引き出すことも可能です。

コンボボックス

GUIの要素のひとつです。Listboxと同様にいくつかのうちひとつを選択する機能だが、Comboboxの場合は選択されたもののみがデフォルトとして表示される。

解決済

Access 2つのご質問 ①エラー「バリアント型ではない変数にNULL値を代入しようとしました」を解決したい ②サブフォームで、2行目以降のレコードを変更するとそれまでのレコードがすべて同じように変

ryoya_access
ryoya_access

総合スコア34

VBA

VBAはオブジェクト指向プログラミング言語のひとつで、マクロを作成によりExcelなどのOffice業務を自動化することができます。

Access

Accessはマイクロソフトによるリレーショナルデータベース管理システムです。オブジェクト指向のアプリケーション作成に対応しており、テーブルや編集をはじめ、クエリ生成、入力フォーム作成、レポート作成など一通りの機能を備えています。

SQL

SQL(Structured Query Language)は、リレーショナルデータベース管理システム (RDBMS)のデータベース言語です。大きく分けて、データ定義言語(DDL)、データ操作言語(DML)、データ制御言語(DCL)の3つで構成されており、プログラム上でSQL文を生成して、RDBMSに命令を出し、RDBに必要なデータを格納できます。また、格納したデータを引き出すことも可能です。

コンボボックス

GUIの要素のひとつです。Listboxと同様にいくつかのうちひとつを選択する機能だが、Comboboxの場合は選択されたもののみがデフォルトとして表示される。

2回答

0評価

0クリップ

5447閲覧

投稿2020/11/27 02:43

編集2021/01/12 01:30

###やりたいこと
①エラー「バリアント型ではない変数にNULL値を代入しようとしました」を解決したい
②サブフォームで、2行目以降のレコードを変更するとそれまでのレコードがすべて同じように変わってしまうのを避けたい

なお、記述したVBAは以下のサイトを参考にしています。
コンボボックスのリストを入力値で制限する

###詳細
Access2007-2016で勤怠管理フォームを作成しています。以下の画像のように(画像削除:2021/1/11)、メインフォーム「F_勤務時間フォーム」とサブフォーム「SF_詳細入力フォーム」が1つのフォームに表示されており、テーブルの関係は1対多です。
〇詳細入力テーブル
・詳細No:オートナンバー(主キー、フォームには非表示)
・クライアントID:数値(外部キー)
・タスクID:数値(外部キー)
・稼働時間:数値
・稼働分:数値
・コメント:テキスト

※参考
〇T_クライアントテーブル
・クライアントID:オートナンバー(主キー)
・クライアント名:テキスト

ここで、サブフォーム【詳細入力】のクライアントIDを入力するために、左から2番名に以下のようなコンボボックスを追加しています。イベント処理で、「cmb_クライアント名検索」からクライアント名を選択すると、そのクライアントのIDが、【詳細入力】のクライアントIDに入るようにしています。

※最初はクライアントID自体をコンボボックスにしようかとも考えたのですが、結局クライアントIDからでしか検索できなかったため、クライアント名で検索できるように今回の手法をとっています。

〇cmb_クライアント名検索
・コントロールソース:なし
・値集合ソース:クライアント名,クライアントID
・列数:2
・列幅:3cm,5cm

###イベント内容

Private Sub cmb_クライアント名検索_Change() Dim stSQL As String stSQL = "SELECT クライアント名 FROM T_クライアントテーブル WHERE クライアント名 Like '*" & Me.cmb_クライアント名検索.Text & "*';" Me.cmb_クライアント名検索.RowSource = stSQL If blClick Then blClick = False Else Me.cmb_クライアント名検索.Dropdown End If   Me.クライアントID = Me.cmb_クライアント名検索.Column(1) End Sub
Private Sub cmb_クライアント名検索_Click() blClick = True End Sub
Private Sub cmb_クライアント名検索_KeyDown(KeyCode As Integer, Shift As Integer) If KeyCode = vbKeyDown Or KeyCode = vbKeyUp Then Me.cmb_クライアント名検索.OnChange = "" Else Me.cmb_クライアント名検索.OnChange = "[イベント プロシージャ]" End If End Sub
Private Sub cmb_クライアント名検索_LostFocus() Me.cmb_クライアント名検索.RowSource = _ "SELECT クライアント名, クライアントID " & _ " FROM T_クライアントテーブル ORDER BY クライアントID;" End Sub

###やりたいこと①

ここで「cmb_クライアント名検索」からクライアント名を選択すると、「バリアント型ではない変数にNULL値を代入しようとしました」とのエラーが発生してしまいます。

おそらく変更時イベントの「Me.クライアントID = Me.cmb_クライアント名検索.Column(1)」が原因なのですが、メッセージボックスで「Me.cmb_クライアント名検索.Column(1)」を表示するときちんとクライアントIDが出てきます。なぜこのようなエラーが発生してしまうのでしょうか。

###やりたいこと②
いったん①のエラー個所をなくし、クライアントIDは手動で打ち込むものとします。
1行目のレコードを打ち込むと勝手に2行目にも同じ値が入り、
2行目のレコードを変更すると
1行目の内容も一緒に変わってしまいます。「cmb_クライアント名検索」を、1行単位で行うにはどうすればよいのでしょうか。

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

VBA

VBAはオブジェクト指向プログラミング言語のひとつで、マクロを作成によりExcelなどのOffice業務を自動化することができます。

Access

Accessはマイクロソフトによるリレーショナルデータベース管理システムです。オブジェクト指向のアプリケーション作成に対応しており、テーブルや編集をはじめ、クエリ生成、入力フォーム作成、レポート作成など一通りの機能を備えています。

SQL

SQL(Structured Query Language)は、リレーショナルデータベース管理システム (RDBMS)のデータベース言語です。大きく分けて、データ定義言語(DDL)、データ操作言語(DML)、データ制御言語(DCL)の3つで構成されており、プログラム上でSQL文を生成して、RDBMSに命令を出し、RDBに必要なデータを格納できます。また、格納したデータを引き出すことも可能です。

コンボボックス

GUIの要素のひとつです。Listboxと同様にいくつかのうちひとつを選択する機能だが、Comboboxの場合は選択されたもののみがデフォルトとして表示される。