質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.03%

PythonでのOpenCV画像のピクセル単位の処理

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 59

sin_250

score 76

概要

PythonでOpenCVを使って読み込んだ画像に対して、
ピクセル単位で色を操作する場合の効率的(高速)な実装方法を知りたいです。

詳細

PythonでOpenCVで読み込んだ画像についてピクセル単位で色操作をしたいのですが、
現在私のコードは以下のようになっています。

ただ、Pythonでforループを使うのはとても遅いという理解をしていて(実際に数千枚の画像ファイルに対してバッチ処理すると激しく遅いです)
forループを使わずに書く実装方法を知りたいです。

import numpy as np
import cv2

def convert_example(colors):
    # colors = (Blue, Green, Red)
    # この処理はただの例です。 実際にはもっと複雑な処理を想定してください。
    return (colors[2], colors[0], max(0, int(colors[1]) - int(colors[2])))

image = cv2.imread('hoge.jpg')
work  = np.empty_like(image)

rows, cols, _ = img.shape

# forループだと多数のファイルに対してバッチ処理をすると遅い!?
for i in range(rows):
    for j in range(cols):
        work[i, j] = convert_example(image[i, j])

cv2.imwrite('output.bmp', work)

想定環境

  • Anaconda & Jupyter Notebookで画像解析

よろしくお願い致します。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • meg_

    2019/11/09 13:30

    手動でやるなら質問者さんもおっしゃっているように、Numpyの行列計算を使うのが良いと思います。
    Numpy同士の演算やNumpyの関数を使用すれば様々なことが実装可能だと思います。

    OpenCVの関数については実現したいことをその都度調べるのが良いかと思います。

    キャンセル

  • Q71

    2019/11/10 08:40

    Cythonは、変数の型が確定しているなら速くなります。Pythonで使うOpenCVは、C/C++で書かれたライブラリのPython用インターフェイスなので、速いです。Pythonはインタープリタなので、速さに限界があります。この様な事から、OpenCVでできないのかと尋ねました。

    キャンセル

  • sin_250

    2019/11/10 11:35

    コメントありがとうございます。
    OpenCVをPythonで使うことについて経験不足のため、OpenCVでできることに理解が浅いかもしれないのですが、
    一般的な画像の縮小・拡大・回転・ネガ反転のような操作「以上」のことをしようとしていました。

    簡単に言うと、BMP画像の各画素におけるRGBの3バイトの中にとある情報を埋め込み、
    それをPythonで取り出す(デコード)するような操作です。
    たとえば、各画素のR(Red)1byte領域の2bit目の値を取り出したい、などです。

    もしOpenCVで各画素に対する汎用的なforEach的APIがあればそれが求めるものなのですが、
    ググった限りでは見つけられず、自己解決方法のとおり、普通のPythonのforループをnumbaで高速化しました。

    キャンセル

回答 1

check解決した方法

0

どうも色々調べた限り、実装の簡便さと実行スピードのバランスを取ると、
Numbaで高速化するのが最もEasyという結論に至りました。

Numpyの行列計算をうまく使うと(?)出来そうなのですが、行列計算の実装がぱっと頭に思い浮かばず
(MATLAB由来の行列計算を多用する実装の経験がなく、そういう実装に慣れていません)
JITコンパイラでforループを腕力で高速化してしまえ、となりました。

Cythonも試してみましたが、安易に使うならNumbaの方が簡単そうです。

import numpy as np
import numba as nb
import cv2

@nb.njit
def convert(color_base, color_target):
    color_target[0] = color_base[1]
    color_target[1] = color_base[2]
    color_target[2] = color_base[0]

@nb.njit
def process_numba(base, target):
    rows, cols, _ = base.shape
    for i in range(rows):
        for j in range(cols):
            convert(base[i, j], target[i, j])

image = cv2.imread('hoge.jpg')
work  = np.empty_like(image)

process_numba(image, work)

cv2.imwrite('foo.bmp', work)

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.03%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る