質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.03%

Rapsberry pi とUSBカメラを用いて人物検知をしSlackに通知したい

受付中

回答 2

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 2
  • VIEW 607

m_g52

score 4

前提・実現したいこと

下記サイトにある raspberry pi とpicamera を使って人物検知をしslackに投稿するプログラムを
USBカメラで実行したいです。

発生している問題・エラーメッセージ

USBカメラでは動作してくれない。
picameraでの人体検知は成功した。
また、USBカメラでのストリーミングは成功している。
そこで、人体検知のプログラムを組み込んでみたが、エラーが出てしまう。

192.168.33.114 - - [07/Feb/2019 13:09:26] \"GET / HTTP/1.1\" 500 -
Traceback (most recent call last):
Error on request:
  File \"/usr/lib/python3/dist-packages/werkzeug/serving.py\", line 205, in run_wsgi
  File \"/usr/lib/python3/dist-packages/werkzeug/wrappers.py\", line 81, in _iter_encoded
  File \"/usr/lib/python3/dist-packages/werkzeug/wsgi.py\", line 703, in __next__
    execute(self.server.app)
  File \"/usr/lib/python3/dist-packages/werkzeug/serving.py\", line 195, in execute
    for data in application_iter:
    frame = camera.get_frame()
    return self._next()
    for item in iterable:
  File \"/var/isaax/project/camera/main.py\", line 19, in gen
  File \"/var/isaax/project/camera/processor/person_detector.py\", line 38, in get_frame
AttributeError: 'PersonDetector' object has no attribute 'get_output_image'
    ret, image = self.get_output_image(frame)

該当のソースコード

picameraでのサンプルプログラム
https://github.com/isaaxug/study-picamera-examples

USBカメラを用いたサンプルプログラム
https://github.com/aquariumsap/an98b/blob/master/libs/simple_streamer.py?fbclid=IwAR16Ivv4sgLSsRi6sNIrQgcFsAup6ZP86CAX9iTDNg-TXRfyo5SMWgCfTZ4

試したこと

USBカメラ用のサンプルプログラムを参照し実行してみました。
下記URLのようにプログラムを編集してみましたが、エラーが発生し、実行できませんでした。
https://github.com/yaasann/study-picamera-examples
添付した写真のようなエラーが出ました。
イメージ説明

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

AIカメラを使ってカウントした人数をSlackに通知しよう – Isaax Camp
https://camp.isaax.io/ja/examples/ai-camera-slack#i-3

Raspberry Pi + Picamera でisaax をはじめよう – Isaax Camp
https://camp.isaax.io/ja/examples/getting_startet_isaax_with_raspicam#1

raspberry piのセットアップ
sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade
sudo apt-get install build-essential cmake pkg-config
sudo apt-get install libjpeg-dev libtiff5-dev libjasper-dev libpng12-dev
sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev
sudo apt-get install libxvidcore-dev libx264-dev
sudo apt-get install libgtk2.0-dev libgtk-3-dev
sudo apt-get install libatlas-base-dev gfortran
sudo apt-get install python3-dev python3-pip
sudo pip3 install numpy opencv-python picamera[array] imutils flask pyzbar
sudo apt install libqtgui4 libqt4-test
sudo apt install libilmbase12 libopenexr22 libgstreamer1.0-dev

画像処理に必要なニューラルネットワーク
下記をダウンロードし、Raspberry pi上のhome/pi/modelsディレクトリ以下に配置
https://drive.google.com/file/d/0B3gersZ2cHIxZi13UWF0OXBsZzA/view
https://drive.google.com/file/d/0B3gersZ2cHIxWGEzbG5nSXpNQzA/view

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • m_g52

    2019/02/07 11:21

    また、sudo raspi-config nonint do_camera 0はUSBカメラの場合使用しないので省いています

    キャンセル

  • mittyan

    2019/02/07 11:29

    部外から失礼します。もしUSBカメラで設定するのであれば、sudo raspi-config nonint do_camera 0をどのようにしたらいいか教えてあげてはどうですか?

    キャンセル

  • 退会済みユーザー

    2019/02/07 23:58

    複数のユーザーから「やってほしいことだけを記載した丸投げの質問」という意見がありました
    「質問を編集する」ボタンから編集を行い、調査したこと・試したことを記入していただくと、回答が得られやすくなります。

回答 2

0

こんにちは。

エラーメッセージの末尾に注目しましょう。

  File \"/var/isaax/project/camera/main.py\", line 19, in gen
  File \"/var/isaax/project/camera/processor/person_detector.py\", line 38, in get_frame
AttributeError: 'PersonDetector' object has no attribute 'get_output_image'
    ret, image = self.get_output_image(frame)

(main.py 19行目の)genメソッドから呼んでいる
(person_detector.py 38行目の)get_frameメソッド内で
AttributeError:「'PersonDetector'オブジェクトは'get_output_image'という属性を持っていません」が
ret, image = self.get_output_image(frame) の行で発生している

解決策としては PersonDetectorクラスに get_output_image() というメソッドを定義すればよいです。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/02/07 11:50

    ご指摘ありがとうございます。
    エラーメッセージをコードブロックにて添付いたしました。
    エラーメッセージですがプログラム初学者でして、読み方やエラーの内容がわかりません。
    どのような原因でエラーが起こっているのか教えていただけますでしょうか。

    キャンセル

  • 2019/02/07 12:51

    よく見ると思ったより複雑ですね……。
    ひとまず main.py で VideoCamera の import が重複してるので
    下のどちらかをコメントアウトしましょう。

    from processor.simple_streamer import SimpleStreamer as VideoCamera
    from processor.person_detector import PersonDetector as VideoCamera

    キャンセル

  • 2019/02/07 13:13

    返信ありがとうございます。
    from processor.simple_streamer import SimpleStreamer as VideoCamera
    の方をコメントアウトしました。
    上記のエラーコードを更新しましたので、ご確認おねがいします。

    キャンセル

  • 2019/02/07 13:16 編集

    見てみます。
    ところで、どのコードを実行した結果なのかわかりにくいので、
    わかりやすく書きつつ、URL記法にしてもらえるとありがたいです。 [Title](URL) みたいな。

    キャンセル

0

8ヶ月目の質問なので既に解決しているかも知れませんが、同じように躓いた人が居たら困るので回答を書き残しておきます。


USBカメラから画像データを取り出すプログラムは私の作ったサンプルコードを参考にしたのですね。

私も元のコードを参考にしてこちらを作りました。
https://github.com/aquariumsap/an98b/blob/master/libs/simple_streamer.py

エラーメッセージを見る限り、私の予想ですがコードの中身を理解せずに2つのコードを合体させたのではないでしょうか。

なので、ここではどのような手順で後者のコードを作成したのか作業手順を紹介します。
※ 作成したのが1年以上前なのでうる覚えの記憶で回答します。もし間違っていたらごめんなさい。

PiCameraモジュールをUSBカメラに変更する

self.vs = PiVideoStream(resolution=(800, 608)).start()

PiVideoStreamはPiCamera用のモジュールなので、USBカメラから画像を取り出すモジュールに差し替えが必要でした。

self.vs = cv2.VideoCapture(0)

それがこの部分です。

フレームのflipの仕方が異なるので変換作業が必要

    def get_frame(self):
        frame = self.flip_if_needed(self.vs.read())
        frame = self.process_image(frame)
        ret, jpeg = cv2.imencode('.jpg', frame)
        return jpeg.tobytes()

オリジナルはflip_if_needed()メソッドでflip(画像の反転処理)が出来たのですが、私の記憶ではcv2.VideoCapture(0)で取り出した画像をnpモジュールで反転することが出来ませんでした。(記憶違いでしたらすみません)
なので、新たにget_output_image()メソッドを作り、cv2のflip処理を行いました。

    def get_output_image(self, frame):
        if self.flip:
            flipped_frame = cv2.flip(frame, 0)
            return cv2.imencode('.jpg', flipped_frame)
        return cv2.imencode('.jpg', frame)

ついでにJPEG画像への変換もget_output_image()メソッド側に移動しました。なぜ移動したのかは覚えてませんでしたが、そのときは私にとって都合が良かったんだと思います。(覚えて無くてすみません)

その後元々あったget_frame()メソッドの中身を書き換えました。

    def get_frame(self):
        ret, frame = self.vc.read()
        ret, image = self.get_output_image(frame)
        return image.tobytes()

以上で仕様を変更せずにUSBカメラに対応させました。

結局、画像処理はどうしたら良いのか

オリジナルのコードではself.process_image(frame)の実行はJPEG画像への変換前なので、私の書いたコードをベースに開発するならget_output_image()メソッドを呼び出す前に処理してあげるのが良いでしょう。

ただ、process_image()メソッド内の処理がエラーを起こさないかどうかはやってみないとわからないので、トライしてみてください。

オチ

当時は私もPythonの知識が乏しく、苦労してコードを作ったのですが後に、PiCameraモジュールにもUSBカメラにも対応した便利なライブラリがあることを知りました。

VideoStream

from imutils.video.pivideostream import PiVideoStream

インポートするライブラリを以下のように変更してあげればよかったのです。

from imutils.video.videostream import VideoStream

ヤレヤレですね。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.03%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる