質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.48%

  • C#

    7421questions

    C#はマルチパラダイムプログラミング言語の1つで、命令形・宣言型・関数型・ジェネリック型・コンポーネント指向・オブジェクティブ指向のプログラミング開発すべてに対応しています。

  • Unity

    4186questions

    Unityは、ユニティテクノロジーが開発したゲームエンジンです。 主にモバイルやブラウザ向けのゲーム製作に利用されていましたが、3Dの重力付きゲームが簡単に作成できることから需要が増え、現在はマルチプラットフォームに対応しています。 言語はC言語/C++で書かれていますが、C#、JavaScript、Booで書かれたコードにも対応しています。

  • Unity3D

    1355questions

    Unity3Dは、ゲームや対話式の3Dアプリケーション、トレーニングシュミレーション、そして医学的・建築学的な技術を可視化する、商業用の開発プラットフォームです。

Unity Unexpected Symbol エラー

解決済

回答 2

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 214

SWATOdakyu

score 4

namespaceに()がつかないのは承知なのですが、これを外すと他に12のエラーが出てきます。
この()を外すと表示されるのは「Assets/Standard Assets/Effects/ImageEffects/Scripts/VignetteAndChromaticAberration.cs(36,30): error CS0115: `UnityStandardAssets.ImageEffects.VignetteAndChromaticAberration.CheckResources.VignetteAndChromaticAberration.CheckResources()' is marked as an override but no suitable method found to override」です。

「エラーメッセージ:」 Assets/Standard Assets/Effects/ImageEffects/Scripts/VignetteAndChromaticAberration.cs(4,89): error CS1525: Unexpected symbol `('

using System;
using UnityEngine;

namespace UnityStandardAssets.ImageEffects.VignetteAndChromaticAberration.CheckResources()
{
    [ExecuteInEditMode]
    [RequireComponent (typeof(Camera))]
    [AddComponentMenu ("Image Effects/Camera/Vignette and Chromatic Aberration")]
    public class VignetteAndChromaticAberration : PostEffectsBase
    {
        public enum AberrationMode
        {
            Simple = 0,
            Advanced = 1,
        }


        public AberrationMode mode = AberrationMode.Simple;
        public float intensity = 0.375f;                    // intensity == 0 disables pre pass (optimization)
        public float chromaticAberration = 0.2f;
        public float axialAberration = 0.5f;
        public float blur = 0.0f;                           // blur == 0 disables blur pass (optimization)
        public float blurSpread = 0.75f;
        public float luminanceDependency = 0.25f;
        public float blurDistance = 2.5f;
        public Shader vignetteShader;
        public Shader separableBlurShader;
        public Shader chromAberrationShader;


        private Material m_VignetteMaterial;
        private Material m_SeparableBlurMaterial;
        private Material m_ChromAberrationMaterial;


        public override bool CheckResources ()
        {
            CheckSupport (false);

            m_VignetteMaterial = CheckShaderAndCreateMaterial (vignetteShader, m_VignetteMaterial);
            m_SeparableBlurMaterial = CheckShaderAndCreateMaterial (separableBlurShader, m_SeparableBlurMaterial);
            m_ChromAberrationMaterial = CheckShaderAndCreateMaterial (chromAberrationShader, m_ChromAberrationMaterial);

            if (!isSupported)
                ReportAutoDisable ();
            return isSupported;
        }


        void OnRenderImage (RenderTexture source, RenderTexture destination)
        {
            if ( CheckResources () == false)
            {
                Graphics.Blit (source, destination);
                return;
            }

            int rtW = source.width;
            int rtH = source.height;

            bool  doPrepass = (Mathf.Abs(blur)>0.0f || Mathf.Abs(intensity)>0.0f);

            float widthOverHeight = (1.0f * rtW) / (1.0f * rtH);
            const float oneOverBaseSize = 1.0f / 512.0f;

            RenderTexture color = null;
            RenderTexture color2A = null;

            if (doPrepass)
            {
                color = RenderTexture.GetTemporary (rtW, rtH, 0, source.format);

                // Blur corners
                if (Mathf.Abs (blur)>0.0f)
                {
                    color2A = RenderTexture.GetTemporary (rtW / 2, rtH / 2, 0, source.format);

                    Graphics.Blit (source, color2A, m_ChromAberrationMaterial, 0);

                    for(int i = 0; i < 2; i++)
                    {    // maybe make iteration count tweakable
                        m_SeparableBlurMaterial.SetVector ("offsets",new Vector4 (0.0f, blurSpread * oneOverBaseSize, 0.0f, 0.0f));
                        RenderTexture color2B = RenderTexture.GetTemporary (rtW / 2, rtH / 2, 0, source.format);
                        Graphics.Blit (color2A, color2B, m_SeparableBlurMaterial);
                        RenderTexture.ReleaseTemporary (color2A);

                        m_SeparableBlurMaterial.SetVector ("offsets",new Vector4 (blurSpread * oneOverBaseSize / widthOverHeight, 0.0f, 0.0f, 0.0f));
                        color2A = RenderTexture.GetTemporary (rtW / 2, rtH / 2, 0, source.format);
                        Graphics.Blit (color2B, color2A, m_SeparableBlurMaterial);
                        RenderTexture.ReleaseTemporary (color2B);
                    }
                }

                m_VignetteMaterial.SetFloat ("_Intensity", intensity);        // intensity for vignette
                m_VignetteMaterial.SetFloat ("_Blur", blur);                    // blur intensity
                m_VignetteMaterial.SetTexture ("_VignetteTex", color2A);    // blurred texture

                Graphics.Blit (source, color, m_VignetteMaterial, 0);            // prepass blit: darken & blur corners
            }

            m_ChromAberrationMaterial.SetFloat ("_ChromaticAberration", chromaticAberration);
            m_ChromAberrationMaterial.SetFloat ("_AxialAberration", axialAberration);
            m_ChromAberrationMaterial.SetVector ("_BlurDistance", new Vector2 (-blurDistance, blurDistance));
            m_ChromAberrationMaterial.SetFloat ("_Luminance", 1.0f/Mathf.Max(Mathf.Epsilon, luminanceDependency));

            if (doPrepass) color.wrapMode = TextureWrapMode.Clamp;
            else source.wrapMode = TextureWrapMode.Clamp;
            Graphics.Blit (doPrepass ? color : source, destination, m_ChromAberrationMaterial, mode == AberrationMode.Advanced ? 2 : 1);

            RenderTexture.ReleaseTemporary (color);
            RenderTexture.ReleaseTemporary (color2A);
        }
    }
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • negitama

    2018/05/06 23:53

    コードを貼り付けるときは<code>をクリックして表示される```と```の間に貼り付けると読みやすくなりますよ。

    キャンセル

  • SWATOdakyu

    2018/05/07 09:30

    ありがとうございます。編集しておきました。

    キャンセル

  • MMashiro

    2018/05/07 10:43

    Unityの使用しているバージョンはいくつでしょうか?

    キャンセル

  • SWATOdakyu

    2018/05/07 10:51

    バージョンはUnity version 2018.1.0f2です

    キャンセル

回答 2

checkベストアンサー

0

記憶が間違っていたらすいませんが、
Unity 2017以降はImageEffectが使えなかったと思います
(後から出たPost ProcessingStackに置き換えられた気がします)

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/05/07 15:12

    つまりnamespace UnityStandardAssets.ImageEffectsをnamespace UnityStandardAssets.Post ProcessingStackに置き換えたほうがいいのでしょうか?それともImageEffectをファイルを削除するべきなのでしょうか。

    キャンセル

  • 2018/05/07 15:16

    私は使えないという認識だったのでファイルを削除になりますね

    キャンセル

  • 2018/05/07 15:27

    ありがとうございます。エラーが一気に減りました。

    キャンセル

  • 2018/05/07 15:31

    使ったことが無いので確証はありませんが、
    Legacy ImageEffectsというImageEffectsを使用するためのアセットが公式から出ているようです。
    現行バージョンで使えるかわかりませんが、もしどうしてもImageEffectsが必要であれば参照してみてください

    キャンセル

  • 2018/05/08 09:07

    わかりました。

    キャンセル

0

namespace UnityStandardAssets.ImageEffects.VignetteAndChromaticAberration.CheckResources()

namespace UnityStandardAssets.ImageEffects
にしたらいかがでしょうか?

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/05/07 15:03

    やってみましたが特に変わりませんでした。

    キャンセル

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • C#

    7421questions

    C#はマルチパラダイムプログラミング言語の1つで、命令形・宣言型・関数型・ジェネリック型・コンポーネント指向・オブジェクティブ指向のプログラミング開発すべてに対応しています。

  • Unity

    4186questions

    Unityは、ユニティテクノロジーが開発したゲームエンジンです。 主にモバイルやブラウザ向けのゲーム製作に利用されていましたが、3Dの重力付きゲームが簡単に作成できることから需要が増え、現在はマルチプラットフォームに対応しています。 言語はC言語/C++で書かれていますが、C#、JavaScript、Booで書かれたコードにも対応しています。

  • Unity3D

    1355questions

    Unity3Dは、ゲームや対話式の3Dアプリケーション、トレーニングシュミレーション、そして医学的・建築学的な技術を可視化する、商業用の開発プラットフォームです。