質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
Flask

FlaskはPython用のマイクロフレームワークであり、Werkzeug・Jinja 2・good intentionsをベースにしています。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

受付中

ImportError: cannot import name 'Markup' from 'jinja2' の解決

tashiyama
tashiyama

総合スコア0

Flask

FlaskはPython用のマイクロフレームワークであり、Werkzeug・Jinja 2・good intentionsをベースにしています。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

2回答

0評価

0クリップ

1411閲覧

投稿2022/06/02 05:30

編集2022/07/24 01:34

前提

python初学者なのですがlinebotを作ってみたいと思い
送ったメッセージをそのまま返信するlinebotを作っています

実現したいこと

ImportError: cannot import name 'Markup' from 'jinja2' を解決して
ボットサーバーにHTTPステータスコード200を返したい
現状は(503 Service Unavailable)が返る

発生している問題・エラーメッセージ

2022-06-01T01:11:50.368255+00:00 app[web.1]: Traceback (most recent call last): 2022-06-01T08:04:50.210242+00:00 app[web.1]: ImportError: cannot import name 'Markup' from 'jinja2' (/app/.heroku/python/lib/python3.10/site-packages/jinja2/__init__.py) 2022-06-01T08:04:50.379791+00:00 heroku[web.1]: Process exited with status 1 2022-06-01T08:04:50.428603+00:00 heroku[web.1]: State changed from starting to crashed 2022-06-01T08:05:13.474191+00:00 heroku[router]: at=error code=H10 desc="App crashed" method=POST path="/"dyno= connect= service= status=503 bytes= protocol=https

該当のソースコード

main.py

from flask import Flask, request, abort from linebot import ( LineBotApi, WebhookHandler ) from linebot.exceptions import ( InvalidSignatureError ) from linebot.models import ( MessageEvent, TextMessage, TextSendMessage, ) import os from jinja2 import Markup app = Flask(__name__) #環境変数取得 YOUR_CHANNEL_ACCESS_TOKEN = os.environ["YOUR_CHANNEL_ACCESS_TOKEN"] YOUR_CHANNEL_SECRET = os.environ["YOUR_CHANNEL_SECRET"] line_bot_api = LineBotApi(YOUR_CHANNEL_ACCESS_TOKEN) handler = WebhookHandler(YOUR_CHANNEL_SECRET) @app.route("/yoshinani", methods=['POST']) def yoshinani(): # get X-Line-Signature header value signature = request.headers['X-Line-Signature'] # get request body as text body = request.get_data(as_text=True) app.logger.info("Request body: " + body) # handle webhook body try: handler.handle(body, signature) except InvalidSignatureError: abort(400) return 'OK' @handler.add(MessageEvent, message=TextMessage) def handle_message(event): line_bot_api.reply_message( event.reply_token, TextSendMessage(text=event.message.text)) if __name__ == "__main__": # app.run() port = int(os.getenv("PORT", 5000)) app.run(host="0.0.0.0", port=port)

試したこと

error

ImportError: cannot import name 'Markup' from 'jinja2'

ImportErrorが出ていたので

main.py

from jinja2 import Markup

を追記して再度試みるも同じエラー文が返ってきた

補足情報

https://qiita.com/kro/items/67f7510b36945eb9689b
こちらの記事を参考にし追っかけながら作っています

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

FiroProchainezo

2022/06/02 05:58

実際に動作させてエラーになったのは`from jinja2 import Markup`が無いソースコードということですか?
quickquip

2022/06/02 06:14

ImportError: cannot import name 'Markup' from 'jinja2' の時のTracebackを載せてください。(そうしないなら自分で読まないと)
tashiyama

2022/06/02 07:18

>>FiroProchainezoさん はい!ないソースコードでエラーが起きました >>quickquipさん Traceback、追記しました! ご指摘ありがとうございます!

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Flask

FlaskはPython用のマイクロフレームワークであり、Werkzeug・Jinja 2・good intentionsをベースにしています。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。