質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.36%

  • VBA

    2055questions

    VBAはオブジェクト指向プログラミング言語のひとつで、マクロを作成によりExcelなどのOffice業務を自動化することができます。

  • Access

    516questions

    Accessはマイクロソフトによるリレーショナルデータベース管理システムです。オブジェクト指向のアプリケーション作成に対応しており、テーブルや編集をはじめ、クエリ生成、入力フォーム作成、レポート作成など一通りの機能を備えています。

添付ファイル型(画像データ)のデータをテーブル間で移動させたい

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 2,410

syameimaru

score 162

前提・実現したいこと

テーブル1に「フィールド1」(添付ファイル型)があり、そのテーブルから、テーブル2というテーブルの「FileData」(添付ファイル型)に画像を移動させたいです。(その逆も出来るようにしたい)

あるいは、テーブル1から画像のデータを消す。次に、それと同じ画像データをテーブル2に追加するということができるだけでも助かります。

発生している問題・エラーメッセージ

データ型の変換エラーが発生しました 実行時エラー3421

該当のソースコード

      Set rst = CurrentDb.OpenRecordset("ゴミ箱", dbOpenTable)
       With rst
        .AddNew
        .Fields("削除日付") = Now()
        .Fields("削除ユーザ") = loginuser
        .Fields("管理番号") = Me.管理番号
        .Fields("物品名") = Me.物品名
        .Fields("型番") = Me.型番
        .Fields("数") = Me.数
        .Fields("ファイル名") = Me.ファイル名
        .Fields("棚") = Me.棚
        .Fields("段数") = Me.段数
        .Fields("箱") = Me.箱
        .Fields("ハッシュ") = Me.ハッシュ
        .Fields("備考") = Me.備考
        .Fields("棚卸対象か") = Me.棚卸対象か
        .Fields("警告するか") = Me.警告するか
        .Fields("見つからない") = Me.見つからない
        .Fields("最新取り出し日付") = Me.最新取り出し日付
        .Fields("取り出し回数") = Me.取り出し回数
        .Fields("MAP") = Me.MAP
        .Fields("FileData").Value = !FileData.LoadFromFile(Me.フィールド1_FileData)
        .Update
       End With

      rst.Close
      Set rst = Nothing
      DoCmd.SetWarnings False
      Me.AllowDeletions = True
      DoCmd.RunCommand acCmdDeleteRecord
      Me.AllowDeletions = False

      Me.Undo
      Me.Requery
      DoCmd.SetWarnings True

試したこと

・.addNew → .Edit

・.Fields("FileData").Value = !FileData.LoadFromFile(Me.フィールド1_FileData)→それぞれにMe.やら直接画像のフルパスを入れたりしました。

補足情報(言語/FW/ツール等のバージョンなど)

Access 2016

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

添付ファイル型 フィールドのデータ型は、「RecordSet2型」というもので、ようするにレコードセットで複数のデータを持てるようになっています。

下記で紹介されている CopyAttachmentField関数を使えば簡単にコピーできます。

Access 添付ファイル型のフィールド値のコピー方法(VBA) | SOHOプログラマのぼやき @Links[アットリンクス]

上記のリンク先から、CopyAttachmentField関数を標準モジュールにコピーして、private FunctionPublic Functionに変更。

フォームの削除ボタンのクリック時を下記のように変更。

Private Sub cmdDel_Click()
    Dim rst As DAO.Recordset
    Set rst = CurrentDb.OpenRecordset("ゴミ箱", dbOpenTable)
    With rst
        .AddNew
        .Fields("削除日付") = Now()

        '中略

        '.Fields("FileData").Value = !FileData.LoadFromFile(Me.フィールド1_FileData)
        CopyAttachmentField Me.Recordset!FileData.Value, rst!FileData.Value
        .Update
    End With

    rst.Close
    Set rst = Nothing
    DoCmd.SetWarnings False
    Me.AllowDeletions = True
    DoCmd.RunCommand acCmdDeleteRecord
    Me.AllowDeletions = False

    '      Me.Undo
    '      Me.Requery
    DoCmd.SetWarnings True

End Sub

フォーム上の添付型フィールドを参照するときは、Me!FileData.Value ではなく Me.Recordset!FileData.Value とする必要があるようです。

CopyAttachmentField関数(リンク先よりコピーして一部変更)

'--------------------------------------------------
'概要 : 添付ファイル型データをコピー
'--------------------------------------------------
'引数 : rsFromTbl , I , DAo.Recordset , 待避元の添付ファイル型レコードセット
'     : rsToTbl   , I , DAo.Recordset , 待避先の添付ファイル型レコードセット
'--------------------------------------------------
'戻り値: 成功 = True 失敗 = False
'--------------------------------------------------
Public Function CopyAttachmentField(ByVal rsFromTbl As DAO.Recordset2, ByVal rsToTbl As DAO.Recordset2) As Boolean
    Dim intField As Integer

    CopyAttachmentField = False '初期値は失敗

    On Error GoTo ERRTRAP

    'レコード終了まで処理
    Do Until rsFromTbl.EOF = True
        rsToTbl.AddNew '待避先に新規追加
        'フィールド分のデータをセットする
        For intField = 0 To rsFromTbl.Fields.Count - 1
            '待避先のフィールドが更新可能な場合
            If rsToTbl.Fields(intField).DataUpdatable = True Then
                '待避元のデータがNullではない場合
                If IsNull(rsFromTbl.Fields(intField).Value) = False Then
                    '待避先に待避元のデータをセットする
                    rsToTbl.Fields(intField).Value = rsFromTbl.Fields(intField).Value
                End If
            End If
        Next
        rsToTbl.Update '待避先を更新
        rsFromTbl.MoveNext
    Loop

    rsFromTbl.Close
    rsToTbl.Close

    Set rsFromTbl = Nothing
    Set rsToTbl = Nothing

    CopyAttachmentField = True 'ここまできたら成功

Exit Function
ERRTRAP:
    MsgBox "添付ファイル型データの追加中にエラーが発生しました" & vbCrLf _
        & "エラー番号:" & Err.Number & vbCrLf _
        & "エラー内容:" & Err.Description & vbCrLf, vbCritical, "予期せぬエラー"
End Function

蛇足

削除したレコードをいったんゴミ箱に保存しておいて、また復活できるようにしようということですよね。
実際にテーブルから削除せずに、テーブルに「削除日時」「削除ユーザ」フィールドを持たせて、そのフィールドがNullなら有効なレコード、入力されていたら削除レコードとして扱う、という方法もあります。

テーブルから実際に削除してしまうと、リレーションシップで参照整合性が設定できないなど、いろいろ具合が悪い場合があります。削除フィールドがNull以外のレコードのみ抽出するクエリを、現状のテーブルと置き換えるだけですので、シンプルにゴミ箱が実現できます。

削除したレコードを復活できる「ごみ箱」の設計 - hatena chips

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/07/25 09:14

    回答ありがとうございます。

    添付ファイル型って2つもデータがあるのはきづかなかったです。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.36%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る

  • VBA

    2055questions

    VBAはオブジェクト指向プログラミング言語のひとつで、マクロを作成によりExcelなどのOffice業務を自動化することができます。

  • Access

    516questions

    Accessはマイクロソフトによるリレーショナルデータベース管理システムです。オブジェクト指向のアプリケーション作成に対応しており、テーブルや編集をはじめ、クエリ生成、入力フォーム作成、レポート作成など一通りの機能を備えています。