質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.37%

  • Swift

    8214questions

    Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

  • Xcode

    4625questions

    Xcodeはソフトウェア開発のための、Appleの統合開発環境です。Mac OSXに付随するかたちで配布されています。

  • iOS

    4398questions

    iOSとは、Apple製のスマートフォンであるiPhoneやタブレット端末のiPadに搭載しているオペレーションシステム(OS)です。その他にもiPod touch・Apple TVにも搭載されています。

  • iPhone

    1068questions

    iPhoneとは、アップル社が開発・販売しているスマートフォンです。 同社のデジタルオーディオプレーヤーiPodの機能、電話機能、インターネットやメールなどのWeb通信機能の3つをドッキングした機器です。

CGDataProviderReleaseDataCallbackが呼ばれない

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 688
退会済みユーザー

退会済みユーザー

前提・実現したいこと

CGDataProviderReleaseDataCallbackが呼ばれるようにしたい。
referanceの読み方がわかればできるのかもしれませんが、理解できておりません。。

発生している問題・エラーメッセージ

CGDataProviderReleaseDataCallback が呼ばれないため?実機テスト時の処理が固まる。

該当のソースコード

import UIKit
import CoreImage


class TransparentImage: NSObject {



    func transparentImage (image: UIImage) -> UIImage{

        //画面に表示されたものと同じ画像が渡ってくる。拡大、縮小されていればその画像。
        var editedimage:UIImage  //あとでletに変える
        let width :Int = Int((image.cgImage!.width))
        let height :Int = Int((image.cgImage!.height))
        let imageData = image.cgImage!.dataProvider!.data //cgimageのデータ
        let datalenght = CFDataGetLength(imageData) 
        var rawData = [UInt8](repeating: 0, count: datalenght)
        CFDataGetBytes(imageData,CFRange(location: 0, length: datalenght),&rawData)  //画像データをrawDataへ転送
        print("画像のdatalengthの長さ\(datalenght)")
        print("初期画像のサイズ cgimage width:\(width)")
        print("初期画像のサイズ cgimage height:\(height)")
        print("初期画像のサイズ uiimage width:\(image.size.width)")
        print("初期画像のサイズ uiimage width:\(image.size.height)")
        print("AlphaInfo:\(image.cgImage!.alphaInfo.rawValue)")
        print("scale:\(image.scale)")

    //  ###画像の生成###
       let provider = CGDataProvider(dataInfo: nil,data: rawData, size: datalenght,releaseData: releaseData) 
       let colorSpaceRef = image.cgImage!.colorSpace
       let bitmapInfo = image.cgImage!.bitmapInfo
       let bitsPerComponent:Int =  image.cgImage!.bitsPerComponent
       let bitsPerPixel = image.cgImage!.bitsPerPixel
       let bytesPerRow = image.cgImage!.bytesPerRow
       let cgImage = CGImage(width: width, height: height, bitsPerComponent: bitsPerComponent, bitsPerPixel: bitsPerPixel, bytesPerRow:bytesPerRow, space: colorSpaceRef!, bitmapInfo: bitmapInfo, provider: provider!, decode: nil, shouldInterpolate: false, intent: .defaultIntent)
        editedimage = UIImage(cgImage:cgImage!, scale:image.scale, orientation:image.imageOrientation)
     //   print ("colorSpaceRef:\(colorSpaceRef)")
        print("bitmapInfo:\(bitmapInfo)")
        print("加工後画像幅:\(editedimage.size.width)")
        print("加工後画像高さ:\(editedimage.size.height)")
        print("bitsPerComponent:\(bitsPerComponent)")
        print("bitsPerPixel:\(bitsPerPixel)")
        print("bytesPerRow:\(bytesPerRow)")


        return editedimage
    }

    let releaseData: CGDataProviderReleaseDataCallback = { (info: UnsafeMutableRawPointer?, data: UnsafeRawPointer, size: Int) -> () in
        // https://developer.apple.com/reference/coregraphics/cgdataproviderreleasedatacallback
        print("callback")
        return
    }

補足情報(言語/FW/ツール等のバージョンなど)

swift3 iPhone7Plus

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

CGDataProviderは、使い終わったらプログラマーが明示的に解放の指示を出さないと解放されないようです。生成したプロバイダが解放されないために、解放時に呼ばれるコールバックがいつまでも呼ばれないままになっているのかもしれません。
リファレンスには、下記のような記述があります。

init(dataInfo:data:size:releaseData:) - CGDataProvider | Apple Developer Documentation

Return Value
A new data provider. You are responsible for releasing this object using CGDataProviderRelease.

返値
新しいデータプロバイダ。あなたはCGDataProviderReleaseを用いてこのオブジェクトを解放する責任があります。

[追記]
失礼しました、CGDataProviderの解放も自動的に面倒を見てくれるようですね。ろくに確認せず投稿したのはまずかったです。
というわけで少し試したのですが、私の環境ですと、少なくともシミュレータではコールバックは呼ばれるようでした。申し訳ないですが実機テストはちょっとしたトラブルのため試せませんでした(「実機テスト時の処理が固まる」ということは、シミュレータでは正しくコールバックが呼ばれるのでしょうか)。
以下のようなコードで試しました。

ViewController.swift

viewDidAppearで加工後画像を生成して加工後用のイメージビューにセットし、削除ボタン押下でnilをセットしました。

import UIKit

class ViewController: UIViewController {

    @IBOutlet weak var imageView: UIImageView!
    @IBOutlet weak var processedImageView: UIImageView!

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
    }

    override func viewDidAppear(_ animated: Bool) {
        let tImage = TransparentImage()
        if let image = self.imageView.image
        {
            let processedImage = tImage.transparentImage(image: image)
            self.processedImageView.image = processedImage
        }
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }

    @IBAction func deleteImage(_ sender: UIButton) {
        self.processedImageView.image = nil
        print("加工後画像を削除")
    }

}

TransparentImage.swift

質問者さんご提示のものとほとんど同じですが、//   print ("colorSpaceRef:\(colorSpaceRef)")print("colorSpaceRef:\(String(describing: colorSpaceRef?.name))")にして、念のためカラースペースも表示させてみました。

import UIKit

class TransparentImage: NSObject {
    func transparentImage (image: UIImage) -> UIImage{

        //画面に表示されたものと同じ画像が渡ってくる。拡大、縮小されていればその画像。
        var editedimage:UIImage  //あとでletに変える
        let width :Int = Int((image.cgImage!.width))
        let height :Int = Int((image.cgImage!.height))
        let imageData = image.cgImage!.dataProvider!.data //cgimageのデータ
        let datalenght = CFDataGetLength(imageData)
        var rawData = [UInt8](repeating: 0, count: datalenght)
        CFDataGetBytes(imageData,CFRange(location: 0, length: datalenght),&rawData)  //画像データをrawDataへ転送
        print("画像のdatalengthの長さ\(datalenght)")
        print("初期画像のサイズ cgimage width:\(width)")
        print("初期画像のサイズ cgimage height:\(height)")
        print("初期画像のサイズ uiimage width:\(image.size.width)")
        print("初期画像のサイズ uiimage width:\(image.size.height)")
        print("AlphaInfo:\(image.cgImage!.alphaInfo.rawValue)")
        print("scale:\(image.scale)")

        //  ###画像の生成###
        let provider = CGDataProvider(dataInfo: nil,data: rawData, size: datalenght,releaseData: releaseData)
        let colorSpaceRef = image.cgImage!.colorSpace
        let bitmapInfo = image.cgImage!.bitmapInfo
        let bitsPerComponent:Int =  image.cgImage!.bitsPerComponent
        let bitsPerPixel = image.cgImage!.bitsPerPixel
        let bytesPerRow = image.cgImage!.bytesPerRow
        let cgImage = CGImage(width: width, height: height, bitsPerComponent: bitsPerComponent, bitsPerPixel: bitsPerPixel, bytesPerRow:bytesPerRow, space: colorSpaceRef!, bitmapInfo: bitmapInfo, provider: provider!, decode: nil, shouldInterpolate: false, intent: .defaultIntent)
        editedimage = UIImage(cgImage:cgImage!, scale:image.scale, orientation:image.imageOrientation)
        print("colorSpaceRef:\(String(describing: colorSpaceRef?.name))")
        print("bitmapInfo:\(bitmapInfo)")
        print("加工後画像幅:\(editedimage.size.width)")
        print("加工後画像高さ:\(editedimage.size.height)")
        print("bitsPerComponent:\(bitsPerComponent)")
        print("bitsPerPixel:\(bitsPerPixel)")
        print("bytesPerRow:\(bytesPerRow)")


        return editedimage
    }

    let releaseData: CGDataProviderReleaseDataCallback = { (info: UnsafeMutableRawPointer?, data: UnsafeRawPointer, size: Int) -> () in
        // https://developer.apple.com/reference/coregraphics/cgdataproviderreleasedatacallback
        print("callback")
        return
    }
}

Main.storyboard

イメージビュー2枚とボタン1個を下図のように配置しました。
ストーリーボード

実行時の出力

ムービー

実機テストができるようになりましたら、そちらも試してみようかと思います。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/06/05 22:38

    ご回答ありがとうございます!こちら追記すると、下記のエラーが出ます。
    自動でメモリー解放してくれるようなのです...。
    'CGDataProviderRelease' is unavailable: Core Foundation objects are automatically memory managed

    キャンセル

  • 2017/06/08 23:40

    ありがとうございます、Releaseのタイミングを勘違いしていただけのようです。確かに私のプログラムの方でも呼ばれていました!ありがとうございます!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.37%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る

  • Swift

    8214questions

    Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

  • Xcode

    4625questions

    Xcodeはソフトウェア開発のための、Appleの統合開発環境です。Mac OSXに付随するかたちで配布されています。

  • iOS

    4398questions

    iOSとは、Apple製のスマートフォンであるiPhoneやタブレット端末のiPadに搭載しているオペレーションシステム(OS)です。その他にもiPod touch・Apple TVにも搭載されています。

  • iPhone

    1068questions

    iPhoneとは、アップル社が開発・販売しているスマートフォンです。 同社のデジタルオーディオプレーヤーiPodの機能、電話機能、インターネットやメールなどのWeb通信機能の3つをドッキングした機器です。