質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.33%

  • 基本情報技術者

    48questions

    基本情報技術者とは、経済産業省が行う国家資格「情報処理技術者試験」の区分の一つです。試験ではプログラマーやシステムエンジニアなどIT業界で働くために必要とされる基礎知識や情報処理において論理的な考え方ができるか等が問われ、企業から高い評価を獲ることができ、IT業界の入門的な資格として人気があります。

基本情報技術者試験の過去問について

解決済

回答 3

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 603

ac120

score 3

H28秋過去問で、答えに納得できないものがあるので、解説していただけないでしょうか。

問.ある工場では,同じ製品を独立した二つのラインA,Bで製造している。ラインAでは製品全体の60%を製造し,ラインBでは40%を製造している。ラインAで製造された製品の2%が不良品であり,ラインBで製造された製品の1%が不良品であることが分かっている。いま,この工場で製造された製品の一つを無作為に抽出して調べたところ,それは不良品であった。その製品がラインAで製造された確率は何%か。(問題コピペ)

答.75%

この問題ですが、私は60%だと思います。
「この工場で製造された製品の一つを無作為に抽出」とあるので、良品も含む全ての製品が対象だと読み取れました。「ラインAでは製品全体の60%を製造」とあるため、答えは60%
選択肢にも60%は存在しました。

ちなみに、
「この工場で製造された不良品の一つを無作為に抽出した」という問題であれば、

A:0.6*0.02=0.012
B:0.4*0.01=0.004 比率がA:B=3:1なので75%になります。

H27以前の問題にも日本語の怪しい問題が多く出題されていましたが、この問題は明らかに答えが異なると思います。H29春で初受験するため、私の解釈が間違っているのか、この問題が悪質なのか、それだけでもはっきりとさせておきたいです。
ご回答お願いします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 3

checkベストアンサー

+5

A で 600 個、B で 400 個、合計 1000 個の製品を作ったとします。そのうち、A の不良品は 12 個、B の不良品は 4 個、合計 16 個です。

さて、無作為に製品を選んだ時、それは不良品でした。ここで、不良品でなかった確率は捨てられます。つまり、全ての製品からではなく、全ての不良品から選んだ確率と一致します。

A である確率は 12/16 つまり 75% になります。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/03/26 13:00

    なるほど。納得できました。
    学生の頃、もう少し算数を頑張るべきでした。

    キャンセル

+5

これは数学でいうところの条件付き確率です。
「ある現象が起こったという条件のもと、別のある現象が起きる確率」を議論するものです。

わかりやすい例で行くなら、
くじが5本あります。その中に当たりが2本あります。Aさん→Bさんの順にくじを引きます。
今Aさんが当たりを引きました。この時Bさんが当たりを引く確率はいくらでしょう?
という問題です。
単純に「Bさんが当たりを引く」という確率ならば、詳細は割愛しますが2/5です。
しかし、今は「Aさんが当たりを引いた」という条件のもとでの話ですので、Aさんが引いた後の状態で考える必要があります。そのため、くじの内訳は当たり1本、外れ3本なので、1/4になります。

そして、ご質問の問題は高校1年の数学でもよく出る「原因の確率」と呼ばれる問題で、これも条件付き確率の一種です。
条件として、「不良品を引いた」という"結果"が与えられています。こうなった"原因"として、それがAのものであったという現象の確率を問うています。
「不良品を引いた」という結果は動きません。このため、この確率を議論するための分母に「良品を引く」というケースはそもそも入りません。つまり、「不良品の中から引く」のと実は変わりがありません。
そのため、全体に対する割合で考えると、解説通り、

A:0.6*0.02=0.012 
B:0.4*0.01=0.004 比率がA:B=3:1なので75%になります。

で正しいのです。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/03/26 13:01

    安直に考えすぎておりました。ご回答ありがとうございます。

    キャンセル

+2

「この工場で製造された製品の一つを無作為に抽出」とあるので、良品も含む全ての製品が対象だと読み取れました。「ラインAでは製品全体の60%を製造」とあるため、答えは60% 

にはそれは不良品であった。という問題文の条件(事後確率)が抜けており、誤りです。
この事後確率を踏まえたZuishinさんの回答は簡潔でそのとおりなのですが、もしかしたら直感的には理解しにくいかもしれません。

そこで以下、補足情報としてあげておきます。

ベイズの定理に同様問題の詳細な解説があります。
また、モンティホール問題事後確率で検索してみるといろいろな例題や解説が出てきます。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/03/26 13:08

    モンティホールは私も理解に少し時間を要しましたー

    キャンセル

  • 2017/03/26 13:16

    いまだに、いまいち?→調べて!→しばらくして?→調べて!の繰り返しです。。。

    キャンセル

同じタグがついた質問を見る

  • 基本情報技術者

    48questions

    基本情報技術者とは、経済産業省が行う国家資格「情報処理技術者試験」の区分の一つです。試験ではプログラマーやシステムエンジニアなどIT業界で働くために必要とされる基礎知識や情報処理において論理的な考え方ができるか等が問われ、企業から高い評価を獲ることができ、IT業界の入門的な資格として人気があります。