質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.35%

  • C++

    4070questions

    C++はC言語をもとにしてつくられた最もよく使われるマルチパラダイムプログラミング言語の1つです。オブジェクト指向、ジェネリック、命令型など広く対応しており、多目的に使用されています。

  • Visual Studio

    2144questions

    Microsoft Visual StudioはMicrosoftによる統合開発環境(IDE)です。多種多様なプログラミング言語に対応しています。

  • Win32 API

    262questions

    Win32 APIはMicrosoft Windowsの32bitプロセッサのOSで動作するAPIです。

Win32API bmpファイル表示について

受付中

回答 3

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,380

jreoia

score 2

ソースコード

#include <windows.h>

LRESULT CALLBACK WndProc(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM);
ATOM InitApp(HINSTANCE);
BOOL InitInstance(HINSTANCE, int);

TCHAR szClassName[] = TEXT("template");    //ウィンドウクラス


#pragma region InitWindow

int WINAPI WinMain(HINSTANCE hCurInst, HINSTANCE hPrevInst,
                   LPSTR lpsCmdLine, int nCmdShow)
{
    MSG msg;
    BOOL bRet;

    if (!InitApp(hCurInst))
        return FALSE;
    if (!InitInstance(hCurInst, nCmdShow)) 
        return FALSE;
    while ((bRet = GetMessage(&msg, NULL, 0, 0)) != 0) {
        if (bRet == -1) {
            break;
        } else {
            TranslateMessage(&msg);
            DispatchMessage(&msg);
        }
    }
    return (int)msg.wParam;
}

//ウィンドウ・クラスの登録

ATOM InitApp(HINSTANCE hInst)
{
    WNDCLASSEX wc;
    wc.cbSize = sizeof(WNDCLASSEX);
    wc.style = CS_HREDRAW | CS_VREDRAW;
    wc.lpfnWndProc = WndProc;    //プロシージャ名
    wc.cbClsExtra = 0;
    wc.cbWndExtra = 0;
    wc.hInstance = hInst;//インスタンス
    wc.hIcon = (HICON)LoadImage(NULL,
        MAKEINTRESOURCE(IDI_APPLICATION),
        IMAGE_ICON,
        0,
        0,
        LR_DEFAULTSIZE | LR_SHARED);
    wc.hCursor = (HCURSOR)LoadImage(NULL,
        MAKEINTRESOURCE(IDC_ARROW),
        IMAGE_CURSOR,
        0,
        0,
        LR_DEFAULTSIZE | LR_SHARED);
    wc.hbrBackground = (HBRUSH)GetStockObject(WHITE_BRUSH);
    wc.lpszMenuName = NULL;    //メニュー名
    wc.lpszClassName = (LPCTSTR)szClassName;
    wc.hIconSm = (HICON)LoadImage(NULL,
        MAKEINTRESOURCE(IDI_APPLICATION),
        IMAGE_ICON,
        0,
        0,
        LR_DEFAULTSIZE | LR_SHARED);

    return (RegisterClassEx(&wc));
}

//ウィンドウの生成

BOOL InitInstance(HINSTANCE hInst, int nCmdShow)
{
    HWND hWnd;

    hWnd = CreateWindow(szClassName,
            TEXT("Windowsプログラミング"), //タイトルバーにこの名前が表示されます
            WS_OVERLAPPEDWINDOW, //ウィンドウの種類
            CW_USEDEFAULT,    //X座標
            CW_USEDEFAULT,    //Y座標
            CW_USEDEFAULT,    //幅
            CW_USEDEFAULT,    //高さ
            NULL, //親ウィンドウのハンドル、親を作るときはNULL
            NULL, //メニューハンドル、クラスメニューを使うときはNULL
            hInst, //インスタンスハンドル
            NULL);
    if (!hWnd)
        return FALSE;
    ShowWindow(hWnd, nCmdShow);
    UpdateWindow(hWnd);
    return TRUE;
}

#pragma endregion

//ウィンドウプロシージャ

LRESULT CALLBACK WndProc(HWND hWnd, UINT msg, WPARAM wp, LPARAM lp)
{
    int id;

    HDC hdc;                    // デバイスコンテキストハンドル(描画の出力先(ディスプレイ)へのハンドル)
    PAINTSTRUCT ps;                // 描画構造体
    static HDC hMemDC;            
    static HBITMAP hBitmap;        // ビットマップハンドル
    static BITMAP bitmap;        // ビットマップ

    switch (msg) {
        case WM_CREATE:
            {
                hMemDC = CreateCompatibleDC(NULL);    
                hBitmap = (HBITMAP)LoadImage(
                    (HINSTANCE)GetWindowLong(hWnd,GWL_HINSTANCE),
                    BMPFILE,IMAGE_BITMAP,
                    0,0,LR_LOADFROMFILE);

                SelectObject(hMemDC,hBitmap);
                GetObject(hBitmap,sizeof(BITMAP),&bitmap);
            }
            break;
        case WM_PAINT:
            {
                hdc = BeginPaint(hWnd,&ps);
                BitBlt(hdc,0,0,bitmap.bmWidth,bitmap.bmHeight,hMemDC,0,0,SRCCOPY);
                EndPaint(hWnd,&ps);
            }
            break;
        case WM_CLOSE:
            {
                id = MessageBox(hWnd,
                    TEXT("終了してもよろしいですか"),
                    TEXT("確認"),
                    MB_YESNO | MB_ICONQUESTION);
                if (id == IDYES)
                    DestroyWindow(hWnd);
            }
            break;
        case WM_DESTROY:
            {
                DeleteDC(hMemDC);        // デバイスコンテキストの削除
                DeleteObject(hBitmap);    // ビットマップの消去
                PostQuitMessage(0);
            }
            break;
        default:
            return (DefWindowProc(hWnd, msg, wp, lp));
    }
    return 0;
}
コード

このソースコードを変更してウインドウにファイルを開くメニューバーを追加して画像ファイルを開けるようにするにはどうすればよいのでしょうか

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 3

+2

メニューバーの追加は少し複雑です。
ヘッダーファイルとrcファイルを用意します。

以下ヘッダーファイル

#define IDM_END                         101
#define IDM_CAT1                        102
#define IDM_CAT2                        103
#define IDM_CAT3                        104

以下rcファイル

#include "resource.h"

//////////////////////////////////////////////////////////////////
// Menu
//
MYMENU MENU
BEGIN
    POPUP "ファイル(&F)"
    BEGIN
        MENUITEM "終了(&X)",    IDM_END
    END
    POPUP "オプション(&O)"
    BEGIN
        MENUITEM "BMP1(&1)",    IDM_CAT1
        MENUITEM "BMP2(&2)",    IDM_CAT2
    MENUITEM "BMP3(&3)",    IDM_CAT3
    END
END

//////////////////////////////////////////////////////////////////
//
// Bitmap
//
MYBMP1       BITMAP        "123.bmp"
MYBMP2       BITMAP        "1234.bmp"
MYBMP3         BITMAP       "12345.bmp"


以下main()のファイルにresource.hをinclude して、

LRESULT CALLBACK WndProc(HWND hWnd, UINT msg, WPARAM wp, LPARAM lp)
{
    HDC hdc;
    PAINTSTRUCT ps;
    HBITMAP hBmp;
    HDC hdc_memx;

    switch (msg) {
        case WM_CREATE:
            hdc = GetDC(hWnd);

            // メモリデバイスコンテキストhdc_mem1に
            // ビットマップリソース「MYBMP1」を読み込む
            hBmp = LoadBitmap(hInst, TEXT("MYBMP1"));
            hdc_mem1 = CreateCompatibleDC(hdc);
            SelectObject(hdc_mem1, hBmp);
            DeleteObject(hBmp);

            // メモリデバイスコンテキストhdc_mem2に
            // ビットマップリソース「MYBMP2」を読み込む
            hBmp = LoadBitmap(hInst, TEXT("MYBMP2"));
            hdc_mem2 = CreateCompatibleDC(hdc);
            SelectObject(hdc_mem2, hBmp);
            DeleteObject(hBmp);

            // メモリデバイスコンテキストhdc_mem3に
            // ビットマップリソース「MYBMP3」を読み込む
            hBmp = LoadBitmap(hInst, TEXT("MYBMP3"));
            hdc_mem3 = CreateCompatibleDC(hdc);
            SelectObject(hdc_mem3, hBmp);
            DeleteObject(hBmp);

            ReleaseDC(hWnd, hdc);
            break;
        case WM_PAINT:
            BeginPaint(hWnd, &ps);
            if (show_no == 1)
                hdc_memx = hdc_mem1;
            if (show_no == 2)
                hdc_memx = hdc_mem2;
            if (show_no == 3)
                hdc_memx = hdc_mem3;

            // ビットマップを転送
            BitBlt(ps.hdc, ps.rcPaint.left, ps.rcPaint.top,
                   ps.rcPaint.right - ps.rcPaint.left,
                   ps.rcPaint.bottom - ps.rcPaint.top,
                   hdc_memx, ps.rcPaint.left, ps.rcPaint.top,
                   SRCCOPY);

            EndPaint(hWnd, &ps);
            break;
        case WM_COMMAND:
            switch (LOWORD(wp)) {
                case IDM_CAT1:
                    show_no = 1;
                    InvalidateRect(hWnd, NULL, TRUE);
                    break;
                case IDM_CAT2:
                    show_no = 2;
                    InvalidateRect(hWnd, NULL, TRUE);
                    break;
                case IDM_CAT3:
                    show_no = 3;
                    InvalidateRect(hWnd, NULL, TRUE);
                    break;
                case IDM_END:
                    SendMessage(hWnd, WM_CLOSE, 0, 0);
                    break;
            }
            break;
        case WM_DESTROY:
            DeleteDC(hdc_mem1);    // メモリデバイスコンテキストを破棄
            DeleteDC(hdc_mem2);    // メモリデバイスコンテキストを破棄
            DeleteDC(hdc_mem2);    // メモリデバイスコンテキストを破棄

            PostQuitMessage(0);
            break;
        default:
            return (DefWindowProc(hWnd, msg, wp, lp));
    }
    return 0;
}


コンパイルします。
ダイアログボックスなどを出したい場合はもう少し複雑になります!!

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

+1

質問が長い。分解して考えましょう。

  1. ウィンドウにメニューを追加する方法
    http://www.kumei.ne.jp/c_lang/sdk/sdk_06.htm
    リソースを使う方法が紹介されています。多分いちばん簡単だと思います。注意することは、リソースを作るだけではダメで、そのリソースを使う、と「指定」する必要があることです。

  2. そのメニューのクリックに対応する方法
    上のページでクリックを受け取る方法も説明されているので、省略します。

  3. 「開く」ウィンドウの表示
    http://www.kumei.ne.jp/c_lang/sdk/sdk_73.htm
    APIを利用できます。ライブラリを追加する必要があること(commdlg.hとcomdlg32.lib)が注意点です。

  4. 画像の表示
    お任せします。そのまま表示させたいのか、グレースケールにするのか、ヒストグラムにするのか、表示といわれても多種多様な方法があり、日本語の不自由な拙者には分かりかねます。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

0

なんか丸投げに見えます。

どこがわからないのでしょうか。

回答者は質問者ではないので、どこがわからないのかがわかりません。

このソースコードを変更してウインドウにファイルを開くメニューバーを追加して画像ファイルを開けるようにするにはどうすればよいのでしょうか

メニューバー操作 ( 少なくとも設定は必ず。 ) はできますでしょうか?

画像ファイルの読み込み ( 画像を描画するため? ) はできますでしょうか?

どこまで理解しているのかがわかりません。

単体ならわかるが、一気にやろうとしたため無理だったのか、

それぞれわからんなのか、

とか。

画像ファイルの読み込みもメニューバーの追加もそれぞれ入門系のサイトや書籍に載っています。

「Windows API 入門」で検索すると、

Windows API 入門等がヒットします。

もし、調べたけど自分の環境とは違うというなら、まず環境も定義してください。

じゃないと、まったく違う環境 ( MinGW を使っているのに VC++向けの方法を教えられたとか ) の方を教えられる可能性があります。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.35%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る

  • C++

    4070questions

    C++はC言語をもとにしてつくられた最もよく使われるマルチパラダイムプログラミング言語の1つです。オブジェクト指向、ジェネリック、命令型など広く対応しており、多目的に使用されています。

  • Visual Studio

    2144questions

    Microsoft Visual StudioはMicrosoftによる統合開発環境(IDE)です。多種多様なプログラミング言語に対応しています。

  • Win32 API

    262questions

    Win32 APIはMicrosoft Windowsの32bitプロセッサのOSで動作するAPIです。