質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.63%

テンプレートマッチングでの最大値の座標

解決済

回答 2

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,976

yamata

score 34

opencvでテンプレートマッチングを行っています。
以下の流れで、マッチング箇所を囲っているのですが、
最大値の座標が分からないため、cvrectangle内の+
temp_up->widthの値を5などに変更して、最大値の座標がどこらへんにあるのか確認しようとしました。
しかし、すべての画像で同じ場所を囲ってしまい、最大値の座標を確認できません。
最大値の座標を囲む方法はないのでしょうか?
よろしくお願いします。

```  
int main( int argc , char** argv)  
{  
int counter = 0;  
char str[64];  
#define LINE_THICKNESS    1  
#define LINE_TYPE    8  
#define SHIFT    0  
#define SCALE_X 0.2  
#define SCALE_Y 0.2  
#define SCALE_XX 5.0  
#define SCALE_YY 5.0  
IplImage * temp_up = NULL;  
IplImage * temp_side = NULL;  
IplImage * dst1 = NULL;  
IplImage * dst2 = NULL;  
IplImage * img = NULL;  
IplImage * scale_img = NULL;  
IplImage * copy_img1 = NULL;  
IplImage * copy_img2 = NULL;  
IplImage * grey_img1 = NULL;  
IplImage * grey_img2 = NULL;  

IplImage * grey_temp_up = NULL;  
IplImage * grey_temp_side = NULL;  

FILE *file;  
file=fopen("result.csv","w");  

double max_inter1inkage=0;  
double min_inter1inkage=0;  
double max_inter2inkage=0;  
double min_inter2inkage=0;  

CvPoint max_point1;  
CvPoint min_point1;  
CvPoint max_point2;  
CvPoint min_point2;  


//---------テンプレート画像を読み込む-------  
temp_up=cvLoadImage("temp_up.png",CV_LOAD_IMAGE_ANYDEPTH | CV_LOAD_IMAGE_ANYCOLOR);    //カラー読み込み  
temp_side=cvLoadImage("temp_side.png",CV_LOAD_IMAGE_ANYDEPTH | CV_LOAD_IMAGE_ANYCOLOR);    //カラー読み込み  
grey_temp_up=cvCreateImage(cvGetSize(temp_up),IPL_DEPTH_8U,1);        //1チャンネル8ビットのIplImage作成(元画像)  
grey_temp_side=cvCreateImage(cvGetSize(temp_side),IPL_DEPTH_8U,1);        //1チャンネル8ビットのIplImage作成(元画像)  

cvCvtColor(temp_up,grey_temp_up,CV_BGR2GRAY);  
cvCvtColor(temp_side,grey_temp_side,CV_BGR2GRAY);  

//for ( int number =83; number<202;++number)  
{  
int64 start = cv::getTickCount();//所要時間計測      

//------------------------原画像読み込み-------------------------------  
IplImage * img= cvLoadImage("C:\\opencv_ICImage\\2016-11-8黒ネジ10本40fps\\Image0105.bmp",CV_LOAD_IMAGE_ANYDEPTH | CV_LOAD_IMAGE_ANYCOLOR);      
//--------------------------------------------------------------------------  

//変換画像用IplImage  
scale_img=cvCreateImage(cvSize((int)(img->width*SCALE_X), (int)(img->height*SCALE_Y)), IPL_DEPTH_8U, 3);  
//変換  
cvResize(img, scale_img, CV_INTER_LINEAR);  

//原画像コピー  
copy_img1=cvCloneImage(scale_img);  
copy_img2=cvCloneImage(scale_img);  

//赤枠で囲む  
cvRectangle(scale_img,cvPoint(100,65),cvPoint(155,135),CV_RGB(255,0,0),LINE_THICKNESS,LINE_TYPE,SHIFT);  
cvRectangle(scale_img,cvPoint(185,70),cvPoint(240,135),CV_RGB(255,0,0),LINE_THICKNESS,LINE_TYPE,SHIFT);//左上、右下  

//-----------------ROIの設定----------------------  
CvRect rect1;  
rect1.x = 100;  
rect1.y = 65;  
rect1.width = 55;  
rect1.height = 70;  
cvSetImageROI(copy_img1,rect1);  

CvRect rect2;  
rect2.x = 185;  
rect2.y = 70;  
rect2.width = 55;  
rect2.height =65;  
cvSetImageROI(copy_img2,rect2);//左上、幅、高さ  
//----------------------------------------------------  

//入力画像表示  
cvNamedWindow("img_window",CV_WINDOW_AUTOSIZE);  
cvShowImage("img_window",scale_img);  

//--------------------------グレースケールの場合----------------------------------------------------------------  
//テンプレート・マッチングに用いる相関値データを格納する画像の領域確保  
//グレー・スケール画像用に領域確保  
grey_img1=cvCreateImage(cvGetSize(copy_img1),IPL_DEPTH_8U,1);            //1チャンネル8ビットのIplImage作成(元画像)  
grey_img2=cvCreateImage(cvGetSize(copy_img2),IPL_DEPTH_8U,1);            //1チャンネル8ビットのIplImage作成(元画像)  

dst1=cvCreateImage(cvSize(abs(grey_img1->width-grey_temp_up->width)+1,abs(grey_img1->height-grey_temp_up->height)+1),IPL_DEPTH_32F,1);    //領域確保  
dst2=cvCreateImage(cvSize(abs(grey_img2->width-grey_temp_side->width)+1,abs(grey_img2->height-grey_temp_side->height)+1),IPL_DEPTH_32F,1);    //領域確保  

//グレー・スケールに変換して格納  
cvCvtColor(copy_img1,grey_img1,CV_BGR2GRAY);  
cvCvtColor(copy_img2,grey_img2,CV_BGR2GRAY);  

cvMatchTemplate(grey_img1,grey_temp_up,dst1,CV_TM_CCOEFF_NORMED);    //テンプレートマッチング  
cvMatchTemplate(grey_img2,grey_temp_side,dst2,CV_TM_CCOEFF_NORMED);    //テンプレートマッチング  

IplImage *dst3=cvCloneImage(dst1);  
IplImage *dst=cvCreateImage(cvSize((int)(dst3->width*SCALE_XX), (int)(dst3->height*SCALE_YY)), IPL_DEPTH_32F, 1);  
cvResize(dst3, dst, CV_INTER_LINEAR);  

cvNamedWindow("dst_window",CV_WINDOW_AUTOSIZE);  
cvShowImage("dst_window",dst);  

//-------------------------------------------------------------------------------------------------------------  

//-----------マッチング点を求める---------  
cvMinMaxLoc(dst1,&min_inter1inkage,&max_inter1inkage,&min_point1,&max_point1,NULL);  
cvMinMaxLoc(dst2,&min_inter2inkage,&max_inter2inkage,&min_point2,&max_point2,NULL);  

//------マッチングを表示する-----  
//相関値0.75以下ならばLostを表示して次に行く  

//if(max_inter1inkage>0.01&& max_inter2inkage>0.01)  
{  
//マッチング箇所を四角で描画  
cvRectangle(scale_img,cvPoint(max_point1.x+rect1.x,max_point1.y+rect1.y),cvPoint(max_point1.x+rect1.x+temp_up->width,max_point1.y+rect1.y+temp_up->height),CV_RGB(255,0,0),3);  
cvRectangle(scale_img,cvPoint(max_point2.x+rect2.x,max_point2.y+rect2.y),cvPoint(max_point2.x+rect2.x+temp_side->width,max_point2.y+rect2.y+temp_side->height),CV_RGB(0,255,255),3);  
cvCircle(scale_img,cvPoint(max_point1.x+rect1.x,max_point1.y+rect1.y),10,CV_RGB(0,255,255),5,3,0);  

//画像を表示  
cvNamedWindow("result",CV_WINDOW_AUTOSIZE);  
cvShowImage("result",scale_img);  

//類似度表示  
printf("up_Detection %lf\n",max_inter1inkage);  
printf("side_Detection %lf\n",max_inter2inkage);  

}  

//タイマー終了  
int64 end = cv::getTickCount();  
double elapsedMsec = ( end - start )*1000/cv::getTickFrequency();  

//タイマー表示  
std::cout << elapsedMsec <<"ms" <<std::endl;  
printf("\n");  

cvWaitKey(0);  

fprintf(file,"%f,%f,%f\n",max_inter1inkage,max_inter2inkage,elapsedMsec);  

//メモリ解放  
cvReleaseImage(&img);  
cvReleaseImage(&scale_img);  
cvReleaseImage(&copy_img1);  
cvReleaseImage(&copy_img2);  
cvReleaseImage(&grey_img1);  
cvReleaseImage(&grey_img2);  
cvReleaseImage(&dst1);  
cvReleaseImage(&dst2);  
cvDestroyWindow("result");  

}  

fclose(file);  

//メモリ解放  
cvReleaseImage(&temp_up);  
cvReleaseImage(&temp_side);  
cvReleaseImage(&grey_temp_up);  
cvReleaseImage(&grey_temp_side);  

//メモリ開放  
cvDestroyWindow("img_window");  
//cvDestroyWindow("copy_img1_window");  
//cvDestroyWindow("copy_img2_window");  
//cvDestroyWindow("temp_up_window");  
//cvDestroyWindow("temp_side_window");  
//cvDestroyWindow("grey_temp_up_window");  
//cvDestroyWindow("grey_temp_side_window");  
//cvDestroyWindow("grey_img1_window");  
//cvDestroyWindow("grey_img2_window");  

return 0;  
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

checkベストアンサー

0

ソースを整理するために、新しい回答欄を使います。(前の回答の流れが分からなくなりそうだったので)

#define LINE_THICKNESS    1  
#define LINE_TYPE    8  
#define SHIFT    0  
#define SCALE_X 0.2  
#define SCALE_Y 0.2  
#define SCALE_XX 5.0  
#define SCALE_YY 5.0  
int main( int argc , char** argv)  
{  
    int counter = 0;  // どこにも使ってない、なんかのカウンター
    char str[64];     // どこにも使ってない、なんかの配列

    IplImage * temp_up = NULL;  
    IplImage * temp_side = NULL;  
    IplImage * dst1 = NULL;  
    IplImage * dst2 = NULL;  
    IplImage * img = NULL;  
    IplImage * scale_img = NULL;  
    IplImage * copy_img1 = NULL;  
    IplImage * copy_img2 = NULL;  
    IplImage * grey_img1 = NULL;  
    IplImage * grey_img2 = NULL;  

    IplImage * grey_temp_up = NULL;  
    IplImage * grey_temp_side = NULL;  

    FILE *file;  
    file=fopen("result.csv","w");  

    double max_inter1inkage=0;  
    double min_inter1inkage=0;  
    double max_inter2inkage=0;  
    double min_inter2inkage=0;  

    CvPoint max_point1;  
    CvPoint min_point1;  
    CvPoint max_point2;  
    CvPoint min_point2;  


//---------テンプレート画像を読み込む-------  
    temp_up=cvLoadImage("temp_up.png",CV_LOAD_IMAGE_ANYDEPTH | CV_LOAD_IMAGE_ANYCOLOR);    //カラー読み込み  
    temp_side=cvLoadImage("temp_side.png",CV_LOAD_IMAGE_ANYDEPTH | CV_LOAD_IMAGE_ANYCOLOR);    //カラー読み込み  
    grey_temp_up=cvCreateImage(cvGetSize(temp_up),IPL_DEPTH_8U,1);        //1チャンネル8ビットのIplImage作成(元画像)  
    grey_temp_side=cvCreateImage(cvGetSize(temp_side),IPL_DEPTH_8U,1);        //1チャンネル8ビットのIplImage作成(元画像)  

    cvCvtColor(temp_up,grey_temp_up,CV_BGR2GRAY);  
    cvCvtColor(temp_side,grey_temp_side,CV_BGR2GRAY);  




//for ( int number =83; number<202;++number)  
//{ ???  
    int64 start = cv::getTickCount();//所要時間計測      

//------------------------原画像読み込み-------------------------------  
    IplImage * img= cvLoadImage("C:\\opencv_ICImage\\2016-11-8黒ネジ10本40fps\\Image0105.bmp",CV_LOAD_IMAGE_ANYDEPTH | CV_LOAD_IMAGE_ANYCOLOR);      
//--------------------------------------------------------------------------  

//変換画像用IplImage  
    scale_img=cvCreateImage(cvSize((int)(img->width*SCALE_X), (int)(img->height*SCALE_Y)), IPL_DEPTH_8U, 3);  
//変換  
    cvResize(img, scale_img, CV_INTER_LINEAR);  

//原画像コピー  
    copy_img1=cvCloneImage(scale_img);  
    copy_img2=cvCloneImage(scale_img);  

//赤枠で囲む  
   cvRectangle(scale_img,cvPoint(100,65),cvPoint(155,135),CV_RGB(255,0,0),LINE_THICKNESS,LINE_TYPE,SHIFT);  
   cvRectangle(scale_img,cvPoint(185,70),cvPoint(240,135),CV_RGB(255,0,0),LINE_THICKNESS,LINE_TYPE,SHIFT);//左上、右下  

//-----------------ROIの設定----------------------  
    CvRect rect1;  
    rect1.x = 100;  
    rect1.y = 65;  
    rect1.width = 55;  
    rect1.height = 70;  
    cvSetImageROI(copy_img1,rect1);  

    CvRect rect2;  
    rect2.x = 185;  
    rect2.y = 70;  
    rect2.width = 55;  
    rect2.height =65;  
    cvSetImageROI(copy_img2,rect2);//左上、幅、高さ  
//----------------------------------------------------  

//入力画像表示  
    cvNamedWindow("img_window",CV_WINDOW_AUTOSIZE);  
    cvShowImage("img_window",scale_img);  

//--------------------------グレースケールの場合----------------------------------------------------------------  
//テンプレート・マッチングに用いる相関値データを格納する画像の領域確保  
//グレー・スケール画像用に領域確保  
    grey_img1=cvCreateImage(cvGetSize(copy_img1),IPL_DEPTH_8U,1);            //1チャンネル8ビットのIplImage作成(元画像)  
    grey_img2=cvCreateImage(cvGetSize(copy_img2),IPL_DEPTH_8U,1);            //1チャンネル8ビットのIplImage作成(元画像)  

    dst1=cvCreateImage(cvSize(abs(grey_img1->width-grey_temp_up->width)+1,abs(grey_img1->height-grey_temp_up->height)+1),IPL_DEPTH_32F,1);    //領域確保  
    dst2=cvCreateImage(cvSize(abs(grey_img2->width-grey_temp_side->width)+1,abs(grey_img2->height-grey_temp_side->height)+1),IPL_DEPTH_32F,1);    //領域確保  

//グレー・スケールに変換して格納  
    cvCvtColor(copy_img1,grey_img1,CV_BGR2GRAY);  
    cvCvtColor(copy_img2,grey_img2,CV_BGR2GRAY);  

    cvMatchTemplate(grey_img1,grey_temp_up,dst1,CV_TM_CCOEFF_NORMED);    //テンプレートマッチング  
    cvMatchTemplate(grey_img2,grey_temp_side,dst2,CV_TM_CCOEFF_NORMED);    //テンプレートマッチング  

    IplImage *dst3=cvCloneImage(dst1);  
    IplImage *dst=cvCreateImage(cvSize((int)(dst3->width*SCALE_XX), (int)(dst3->height*SCALE_YY)), IPL_DEPTH_32F, 1);  
    cvResize(dst3, dst, CV_INTER_LINEAR);  

    cvNamedWindow("dst_window",CV_WINDOW_AUTOSIZE);  
    cvShowImage("dst_window",dst);  

//-------------------------------------------------------------------------------------------------------------  

//-----------マッチング点を求める---------  
     cvMinMaxLoc(dst1,&min_inter1inkage,&max_inter1inkage,&min_point1,&max_point1,NULL);  
     cvMinMaxLoc(dst2,&min_inter2inkage,&max_inter2inkage,&min_point2,&max_point2,NULL);  

//------マッチングを表示する-----  
//相関値0.75以下ならばLostを表示して次に行く  

//if(max_inter1inkage>0.01&& max_inter2inkage>0.01)  
{  
//マッチング箇所を四角で描画  
    cvRectangle(scale_img,cvPoint(max_point1.x+rect1.x,max_point1.y+rect1.y),cvPoint(max_point1.x+rect1.x+temp_up->width,max_point1.y+rect1.y+temp_up->height),CV_RGB(255,0,0),3);  
    cvRectangle(scale_img,cvPoint(max_point2.x+rect2.x,max_point2.y+rect2.y),cvPoint(max_point2.x+rect2.x+temp_side->width,max_point2.y+rect2.y+temp_side->height),CV_RGB(0,255,255),3);  
    cvCircle(scale_img,cvPoint(max_point1.x+rect1.x,max_point1.y+rect1.y),10,CV_RGB(0,255,255),5,3,0);  

//画像を表示  
    cvNamedWindow("result",CV_WINDOW_AUTOSIZE);  
    cvShowImage("result",scale_img);  

//類似度表示  
    printf("up_Detection %lf\n",max_inter1inkage);  
    printf("side_Detection %lf\n",max_inter2inkage);  

}  

//タイマー終了  
    int64 end = cv::getTickCount();  
    double elapsedMsec = ( end - start )*1000/cv::getTickFrequency();  

//タイマー表示  
    std::cout << elapsedMsec <<"ms" <<std::endl; 
    std::cout << std::endl; 

    cvWaitKey(0);  

    fprintf(file,"%f,%f,%f\n",max_inter1inkage,max_inter2inkage,elapsedMsec);  

//メモリ解放  
    cvReleaseImage(&img);  
    cvReleaseImage(&scale_img);  
    cvReleaseImage(&copy_img1);  
    cvReleaseImage(&copy_img2);  
    cvReleaseImage(&grey_img1);  
    cvReleaseImage(&grey_img2);  
    cvReleaseImage(&dst1);  
    cvReleaseImage(&dst2);  
    cvDestroyWindow("result");  

    }  
    fclose(file);  

//メモリ解放  
    cvReleaseImage(&temp_up);  
    cvReleaseImage(&temp_side);  
    cvReleaseImage(&grey_temp_up);  
    cvReleaseImage(&grey_temp_side);  


    cvDestroyWindow("img_window");  
    return 0;  
}


さて、途中に’本当に’って’{’や’}’があったが。これを添削してみよう。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2016/11/15 15:13

    dstウィンドウは、マッチング領域?なので、256*xにはならないと考えています。
    探索領域が55*70になるので、それ以下になるのではないかと考えています。(勘違いだったらすいません)

    キャンセル

  • 2016/11/15 16:46

    こちらも、貴殿が何をもって正しいと判断されるのかは不明ですので、デバッグの仕方としての意見を。まず今回問題とした(int)と0.2などの小数の処理のゴールは恐らく、’ cvResize(img, scale_img, CV_INTER_LINEAR); ’でscale_imgに読み込んだ映像が正しい縮尺で格納されているか?これは直後にimshowすることで確認できますね。続いて本題のmatchingについて。まず理解しないといけないのが入力と出力。正しい出力を得るには入力を正しくです。従って双方の途中データを確認。これにはprintfなどのデバッグプリントもしくはブレークポイントで止めてのウォッチによる内容確認。これを続けて自己の誤りをつぶしていくっていう繰り返しです。

    キャンセル

  • 2016/11/16 10:59

    ありがとうございます。繰り返していきたいと思います。

    キャンセル

0

先ずは’MatchTemplate’の結果dst1をそのままimshowしてみて、その輝度でマッチング状態を確認してみてください。
minmaxの結果の前にしておけば、何が問題か可視化できると思います。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2016/11/14 16:51

    それに変数名がxx1とかxx2は自分自身が良くても、他人には難解。

    キャンセル

  • 2016/11/14 16:51

    今、流れで整理してみている。

    キャンセル

  • 2016/11/14 16:55

    囲ったつもりが下の'''がなくなっていました。
    自分勝手なプログラムで申し訳ありません。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.63%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る