円クラスをMVC的に実装したいです!

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 2
  • VIEW 1,579

canvas

score 60

質問

MVCについて質問です。HTML5のCanvasで円を描いて、その円をドラッグ出来るようにしたいのですが、円の描画のところでMVCになっていない気が凄いしてちょっと詰まりました。
.
コードはcodePenに載せました。
http://codepen.io/anon/pen/zBZGPQ
.
ドラッグ処理の実装や円のヒット判定の実装はこれからなのですが、CircleオブジェクトはMVC的にはどのように書くべきなのでしょうか?
.
現状、円を描画するメソッドもヒット判定をするメソッドも、また、円の座標や半径の値を持つプロパティー、それらのsetter、getterも同一オブジェクトに書いており、これらはビューとモデルに分割すべきなのではないかと感じております。ただ、サーバーサイドMVC上がりの人間なのでいまいち、こういった場合のMVCがイメージできません。。。
.
凄く短いコードなので宜しければリファクタリングして頂けると非常に参考になるので有難いです。もちろんアドバイスだけでも大変有難いです。よろしくお願いいたします。
.
ちなみにメソッドは見易さの為、codePen上のコードではprototypeメソッドにはしておりません。

該当のソースコード

var canvas = document.getElementById("canvas");
var context = canvas.getContext("2d");

var circle = new Circle(20, 20, 20);
var isDragging = false;

canvas.addEventListener("mousedown", function(event) {
  var isInCircle = circle.hitTest(event.offsetX, event.offsetY);

  if (isInCircle === true) {
    isDragging = true;
    console.log("ドラッグを開始");
  }
});

canvas.addEventListener("mousemove", function(event) {
  if (isDragging === true) {
    console.log("ドラッグ中");  
  }
});

canvas.addEventListener("mouseup", function(event) {
  isDragging = false;
  console.log("ドラッグ終了");

});



function Circle(x, y, radius) {

  var positionX = x + radius;
  var positionY = y + radius;
  var radius = radius;

  this.getPositionX = function() {
    return positionX;
  }

  this.getPositionY = function(){
    return positionY
  }

  this.setPositionX = function(x) {
    positionX = x;
  }

  this.setPositionY = function(y) {
    positionY = y;
  }

  this.hitTest = function(x, y) {
    console.log("ヒット判定の実装をする");
    return true;
  }

  this.draw = function() {
    context.beginPath();
    context.arc(positionX, positionY, radius, 0, Math.PI*2, false);
    context.stroke();
  }

  this.draw();

}

追記 - 改良してみました(2016-08-13 18:33)

http://codepen.io/anon/pen/RRvogR

ひとまずMVCに分割出来ていますでしょうか?

//コントローラークラス
function ViewController(canvasElement, circleList) {

    var circleList = circleList;
    var canvas = canvasElement;
    var canvasView = new CanvasView(canvas.getContext("2d"));
    var stateMap = {
        isDragging: false
    }

    circleList.add(new Circle(20, 20, 20));
    circleList.add(new Circle(60, 60, 20));

    circleList.getList().forEach(function(circle) {
        canvasView.drawCircle(circle.getPosition(), circle.getRadius());
    })


    canvas.addEventListener("mousedown", function(event) {
        var isTouchedPointOnCircle = circle.hitTest(event.offsetX, event.offsetY);

        if (isPointInCircle === true) {
            stateMap.isDragging = true;
            console.log("ドラッグを開始");
        }
    });

    canvas.addEventListener("mousemove", function(event) {
        if (stateMap.isDragging === true) {
            console.log("ドラッグ中");  
        }
    });

    canvas.addEventListener("mouseup", function(event) {
        stateMap.isDragging = false;
        console.log("ドラッグ終了");

    });

}



//ビュークラス
function CanvasView(context) {
    var context = context;

    this.drawCircle = function(position, radius) {
        context.beginPath();
        context.arc(position.x, position.y, radius, 0, Math.PI*2, false);
        context.fill();
    }

}


// circleの管理クラス
function CircleList() {

    var list = [];

    this.add = function(circle) {
        list.push(circle);
    }

      this.getList = function() {
        return list;
      }

}



// circleのモデルクラス
function Circle(x, y, radius) {

    var x = x + radius;
    var y = y + radius;
    var radius = radius;

    this.getPosition = function() {
        return {x: x, y: y};
    }

    this.getRadius = function() {
        return radius;
    }    

    this.hitTest = function(x, y) {
        console.log("ヒット判定の実装をする");
        return true;
    }

}



var controller = new ViewController(document.getElementById("canvas"), new CircleList());

今後実装予定の処理

  • サークル同士のヒット判定
  • サークルとマウスダウン座標とのヒット判定
  • 複数のサークルのドラッグ&ドロップに対応
  • サークルの上でクリックをするとサークルが選択状態になる
  • サークルが選択状態の時にサークルを囲う矩形をドラッグすると、サークルが拡大縮小される

補足事項

下記のサイトでも質問を投稿しております。
こちらのteratailを見つける前に投稿したのですが、下記サイトに投稿した質問が削除出来なかった為、質問はそのままになっております。
http://w3q.jp/t/10997

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+3

すごく雑なので目安程度に。

今作っているものをCUIアプリにしようとした時に
そのままになるコードがモデル
消滅するのがV,Cです

質問のコードで言えば、
例えばdrawは消えますが
当たり判定は描画関係ない概念なので残ります

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2016/08/13 16:50

    ご回答ありがとうございます。drawメソッドをサークルクラスから外してみました。MVCそれぞれに対応するクラスを作成したコードを追記してみましたが、これでひとまずMVCになっていますでしょうか?

    キャンセル

  • 2016/08/16 12:03

    一旦、トピックをクローズいたします。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.21%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる