質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
Unity3D

Unity3Dは、ゲームや対話式の3Dアプリケーション、トレーニングシュミレーション、そして医学的・建築学的な技術を可視化する、商業用の開発プラットフォームです。

Unity

Unityは、ユニティテクノロジーが開発したゲームエンジンです。 主にモバイルやブラウザ向けのゲーム製作に利用されていましたが、3Dの重力付きゲームが簡単に作成できることから需要が増え、現在はマルチプラットフォームに対応しています。 言語はC言語/C++で書かれていますが、C#、JavaScript、Booで書かれたコードにも対応しています。

解決済

カメラが小刻みに揺れるのを防止したい

pianoman
pianoman

総合スコア0

Unity3D

Unity3Dは、ゲームや対話式の3Dアプリケーション、トレーニングシュミレーション、そして医学的・建築学的な技術を可視化する、商業用の開発プラットフォームです。

Unity

Unityは、ユニティテクノロジーが開発したゲームエンジンです。 主にモバイルやブラウザ向けのゲーム製作に利用されていましたが、3Dの重力付きゲームが簡単に作成できることから需要が増え、現在はマルチプラットフォームに対応しています。 言語はC言語/C++で書かれていますが、C#、JavaScript、Booで書かれたコードにも対応しています。

1回答

0評価

0クリップ

550閲覧

投稿2021/12/21 13:37

ここに言語を入力 ``` ここに言語を入力 ``` コード ```### 前提・実現したいこと カメラが小刻みに揺れるため最低速度を設定して揺れないようにしたい ### 発生している問題・エラーメッセージ ``` unityのstandardasset内のrigidbodyFirstPersonControllerを少し改造したもののコードのどこを直せば最低速度を設定できるようになるかわからない。 ``` ### 該当のソースコード ```C# using System; using UnityEngine; using UnityStandardAssets.CrossPlatformInput; namespace UnityStandardAssets.Characters.FirstPerson { [RequireComponent(typeof(Rigidbody))] [RequireComponent(typeof(CapsuleCollider))] public class RigidbodyFirstPersonController : MonoBehaviour { [Serializable] public class MovementSettings { public float ForwardSpeed = 8.0f; public float BackwardSpeed = 4.0f; public float StrafeSpeed = 4.0f; public float RunMultiplier = 2.0f; public KeyCode RunKey = KeyCode.LeftShift; public float JumpForce = 30f; public AnimationCurve SlopeCurveModifier = new AnimationCurve(new Keyframe(-90.0f, 1.0f), new Keyframe(0.0f, 1.0f), new Keyframe(90.0f, 0.0f)); [HideInInspector] public float CurrentTargetSpeed = 8f; #if !MOBILE_INPUT private bool m_Running; #endif public void UpdateDesiredTargetSpeed(Vector2 input) { if (input == Vector2.zero) return; if (input.x > 0 || input.x < 0) { CurrentTargetSpeed = StrafeSpeed; } if (input.y < 0) { CurrentTargetSpeed = BackwardSpeed; } if (input.y > 0) { CurrentTargetSpeed = ForwardSpeed; } #if !MOBILE_INPUT if (Input.GetKey(RunKey)) { CurrentTargetSpeed *= RunMultiplier; m_Running = true; } else { m_Running = false; } #endif } #if !MOBILE_INPUT public bool Running { get { return m_Running; } } #endif } [Serializable] public class AdvancedSettings { public float groundCheckDistance = 0.01f; // distance for checking if the controller is grounded ( 0.01f seems to work best for this ) public float stickToGroundHelperDistance = 0.5f; public float slowDownRate = 20f; public bool airControl; [Tooltip("set it to 0.1 or more if you get stuck in wall")] public float shellOffset; } public Camera cam; public MovementSettings movementSettings = new MovementSettings(); public MouseLook mouseLook = new MouseLook(); public AdvancedSettings advancedSettings = new AdvancedSettings(); private Rigidbody m_RigidBody; private CapsuleCollider m_Capsule; private float m_YRotation; private Vector3 m_GroundContactNormal; private bool m_Jump, m_PreviouslyGrounded, m_Jumping, m_IsGrounded; [HideInInspector] public Vector2 RunAxis; [HideInInspector] public bool JumpAxis; public Vector3 Velocity { get { return m_RigidBody.velocity; } } public bool Grounded { get { return m_IsGrounded; } } public bool Jumping { get { return m_Jumping; } } public bool Running { get { #if !MOBILE_INPUT return movementSettings.Running; #else return false; #endif } } private void Start() { m_RigidBody = GetComponent<Rigidbody>(); m_Capsule = GetComponent<CapsuleCollider>(); mouseLook.Init (transform, cam.transform); } private void Update() { RotateView(); if (JumpAxis && !m_Jump) { m_Jump = true; } } private void FixedUpdate() { GroundCheck(); Vector2 input = GetInput(); if ((Mathf.Abs(input.x) > float.Epsilon || Mathf.Abs(input.y) > float.Epsilon) && (advancedSettings.airControl || m_IsGrounded)) { Vector3 desiredMove = cam.transform.forward*input.y + cam.transform.right*input.x; desiredMove = Vector3.ProjectOnPlane(desiredMove, m_GroundContactNormal).normalized; desiredMove.x = desiredMove.x*movementSettings.CurrentTargetSpeed; desiredMove.z = desiredMove.z*movementSettings.CurrentTargetSpeed; desiredMove.y = desiredMove.y*movementSettings.CurrentTargetSpeed; if (m_RigidBody.velocity.sqrMagnitude < (movementSettings.CurrentTargetSpeed*movementSettings.CurrentTargetSpeed)) { m_RigidBody.AddForce(desiredMove*SlopeMultiplier(), ForceMode.Impulse); } } if (m_IsGrounded) { m_RigidBody.drag = 5f; if (m_Jump) { m_RigidBody.drag = 0f; m_RigidBody.velocity = new Vector3(m_RigidBody.velocity.x, 0f, m_RigidBody.velocity.z); m_RigidBody.AddForce(new Vector3(0f, movementSettings.JumpForce, 0f), ForceMode.Impulse); m_Jumping = true; } if (!m_Jumping && Mathf.Abs(input.x) < float.Epsilon && Mathf.Abs(input.y) < float.Epsilon && m_RigidBody.velocity.magnitude < 1f) { m_RigidBody.Sleep(); } } else { m_RigidBody.drag = 0f; if (m_PreviouslyGrounded && !m_Jumping) { StickToGroundHelper(); } } m_Jump = false; } private float SlopeMultiplier() { float angle = Vector3.Angle(m_GroundContactNormal, Vector3.up); return movementSettings.SlopeCurveModifier.Evaluate(angle); } private void StickToGroundHelper() { RaycastHit hitInfo; if (Physics.SphereCast(transform.position, m_Capsule.radius * (1.0f - advancedSettings.shellOffset), Vector3.down, out hitInfo, ((m_Capsule.height/2f) - m_Capsule.radius) + advancedSettings.stickToGroundHelperDistance, Physics.AllLayers, QueryTriggerInteraction.Ignore)) { if (Mathf.Abs(Vector3.Angle(hitInfo.normal, Vector3.up)) < 85f) { m_RigidBody.velocity = Vector3.ProjectOnPlane(m_RigidBody.velocity, hitInfo.normal); } } } private Vector2 GetInput() { Vector2 input = new Vector2 { x = RunAxis.x, y = RunAxis.y }; movementSettings.UpdateDesiredTargetSpeed(input); return input; } private void RotateView() { if (Mathf.Abs(Time.timeScale) < float.Epsilon) return; float oldYRotation = transform.eulerAngles.y; mouseLook.LookRotation (transform, cam.transform); if (m_IsGrounded || advancedSettings.airControl) { Quaternion velRotation = Quaternion.AngleAxis(transform.eulerAngles.y - oldYRotation, Vector3.up); m_RigidBody.velocity = velRotation*m_RigidBody.velocity; } } private void GroundCheck() { m_PreviouslyGrounded = m_IsGrounded; RaycastHit hitInfo; if (Physics.SphereCast(transform.position, m_Capsule.radius * (1.0f - advancedSettings.shellOffset), Vector3.down, out hitInfo, ((m_Capsule.height/2f) - m_Capsule.radius) + advancedSettings.groundCheckDistance, Physics.AllLayers, QueryTriggerInteraction.Ignore)) { m_IsGrounded = true; m_GroundContactNormal = hitInfo.normal; } else { m_IsGrounded = false; m_GroundContactNormal = Vector3.up; } if (!m_PreviouslyGrounded && m_IsGrounded && m_Jumping) { m_Jumping = false; } } } } ``` ### 試したこと private void StickToGroundHelper()内の最後のif文内に if (Vector3.ProjectOnPlane(m_RigidBody.velocity, hitInfo.normal).y > 0.01f|| Vector3.ProjectOnPlane(m_RigidBody.velocity, hitInfo.normal).x > 0.01f|| Vector3.ProjectOnPlane(m_RigidBody.velocity, hitInfo.normal).z > 0.01f) { m_RigidBody.velocity = Vector3.ProjectOnPlane(m_RigidBody.velocity, hitInfo.normal); } else { m_RigidBody.velocity = Vector3.zero; } を追加した ### 補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Unity3D

Unity3Dは、ゲームや対話式の3Dアプリケーション、トレーニングシュミレーション、そして医学的・建築学的な技術を可視化する、商業用の開発プラットフォームです。

Unity

Unityは、ユニティテクノロジーが開発したゲームエンジンです。 主にモバイルやブラウザ向けのゲーム製作に利用されていましたが、3Dの重力付きゲームが簡単に作成できることから需要が増え、現在はマルチプラットフォームに対応しています。 言語はC言語/C++で書かれていますが、C#、JavaScript、Booで書かれたコードにも対応しています。