質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
OpenCV

OpenCV(オープンソースコンピュータービジョン)は、1999年にインテルが開発・公開したオープンソースのコンピュータビジョン向けのクロスプラットフォームライブラリです。

Raspberry Pi

Raspberry Piは、ラズベリーパイ財団が開発した、名刺サイズのLinuxコンピュータです。 学校で基本的なコンピュータ科学の教育を促進することを意図しています。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

受付中

条件分岐のled ブザーをhigtに

kare
kare

総合スコア1

OpenCV

OpenCV(オープンソースコンピュータービジョン)は、1999年にインテルが開発・公開したオープンソースのコンピュータビジョン向けのクロスプラットフォームライブラリです。

Raspberry Pi

Raspberry Piは、ラズベリーパイ財団が開発した、名刺サイズのLinuxコンピュータです。 学校で基本的なコンピュータ科学の教育を促進することを意図しています。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

2回答

0評価

0クリップ

497閲覧

投稿2021/12/19 13:40

顔認識での条件分岐で
if len (faces) == 0: (顔検知できない)
else if len (eyes) = 1 (顔認識、目もありのとき)
led 点滅,ブザーもledと同間隔で鳴らす

といったものにしたいのですが まず上のソースで()内の処理は行えますか
それとエラー構文はどういったものですか?調べたらGPIOが既に使われているなどと出てきているのですが
line53のブザーをHIGHにするところはPINはブザー以外には使われていません。
どうか教えていただきたいです。

ちなみにこの状態で処理をするとLEDは常時点灯、ブザーは鳴りません。

#エラー構文

コード capture.py:16: RuntimeWarning: This channel is already in use, continuing anyway. Use GPIO.setwarnings(False) to disable warnings. GPIO.setup(led_white, GPIO.OUT) Traceback (most recent call last): File "capture.py", line 53, in <module> GPIO.output(buzzer, GPIO.HIGH) #GPIO27の出力をHigh(3.3V)にする RuntimeError: The GPIO channel has not been set up as an OUTPUT
コード #!/usr/bin/env python # -*- coding: utf-8 -*- # ファイル名: capture.py import cv2 import RPi.GPIO as GPIO import time led_white = 17 buzzer = 18 # GPIO番号指定の準備 GPIO.setmode(GPIO.BCM) # LEDピンを出力に設定 GPIO.setup(led_white, GPIO.OUT) if __name__=="__main__": # Haar-like特徴分類器ファイルの読み込み。ファイルの場所は自分の環境に合わせてください。 face_cascade = cv2.CascadeClassifier('opencv-3.1.0/data/haarcascades/haarcascade_frontalface_default.xml') eye_cascade = cv2.CascadeClassifier('opencv-3.1.0/data/haarcascades/haarcascade_eye.xml') # ファイルで画像を取得する。 frame = cv2.imread('capture.jpg') # 画像ファイルをグレースケールに変換する。 gray = cv2.cvtColor( frame, cv2.COLOR_BGR2GRAY ) # 顔を検知する。 faces = face_cascade.detectMultiScale( gray ) for rect in faces: # 検知した顔を四角で囲む(rect[*]:0=x, 1=y, 2=width, 3=height)。 color = (0,255,0) # 緑色(BGR)。 thickness = 2 cv2.rectangle( frame, tuple(rect[0:2]), tuple(rect[0:2]+rect[2:4]), color, thickness ) # 目を検知する eyes = eye_cascade.detectMultiScale( gray ) for rect in eyes: # 検知した顔を四角で囲む(rect[*]:0=x, 1=y, 2=width, 3=height)。 color = (0,255,0) # 緑色(BGR)。 thickness = 2 cv2.rectangle( frame, tuple(rect[0:2]), tuple(rect[0:2]+rect[2:4]), color, thickness ) # 顔を検出できてなかったらPrintする(GPIOの点灯条件の代わり) if len(faces) == 1: #GPIOの電圧を制御 for i in range(5): GPIO.output(led_white, GPIO.HIGH) #GPIO17の出力をHigh(3.3V)にする GPIO.output(buzzer, GPIO.HIGH) #GPIO27の出力をHigh(3.3V)にする time.sleep(0.5) #5秒間待つ GPIO.output(led_white, GPIO.LOW) #GPIO17の出力をLow(0V)にする GPIO.output(buzzer, GPIO.LOW) #GPIO27の出力をLow(0V)にする time.sleep(0.5) #5秒間待つ #GPIOをクリーンアップ GPIO.cleanup() # 画像ファイルを保存する。 cv2.imwrite( "capture_output.jpg", frame ) cv2.destroyAllWindows()

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

OpenCV

OpenCV(オープンソースコンピュータービジョン)は、1999年にインテルが開発・公開したオープンソースのコンピュータビジョン向けのクロスプラットフォームライブラリです。

Raspberry Pi

Raspberry Piは、ラズベリーパイ財団が開発した、名刺サイズのLinuxコンピュータです。 学校で基本的なコンピュータ科学の教育を促進することを意図しています。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。