質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
NumPy

NumPyはPythonのプログラミング言語の科学的と数学的なコンピューティングに関する拡張モジュールです。

OpenCV

OpenCV(オープンソースコンピュータービジョン)は、1999年にインテルが開発・公開したオープンソースのコンピュータビジョン向けのクロスプラットフォームライブラリです。

文字コード

文字コードとは、文字や記号をコンピュータ上で使用するために用いられるバイト表現を指します。

コードレビュー

コードレビューは、ソフトウェア開発の一工程で、 ソースコードの検査を行い、開発工程で見過ごされた誤りを検出する事で、 ソフトウェア品質を高めるためのものです。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

解決済

なぜ範囲外になってしまうのか

gknjnjtnj
gknjnjtnj

総合スコア7

NumPy

NumPyはPythonのプログラミング言語の科学的と数学的なコンピューティングに関する拡張モジュールです。

OpenCV

OpenCV(オープンソースコンピュータービジョン)は、1999年にインテルが開発・公開したオープンソースのコンピュータビジョン向けのクロスプラットフォームライブラリです。

文字コード

文字コードとは、文字や記号をコンピュータ上で使用するために用いられるバイト表現を指します。

コードレビュー

コードレビューは、ソフトウェア開発の一工程で、 ソースコードの検査を行い、開発工程で見過ごされた誤りを検出する事で、 ソフトウェア品質を高めるためのものです。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

1回答

0評価

0クリップ

327閲覧

投稿2021/11/23 12:54

編集2021/11/23 13:11

前提・実現したいこと

pythonでpcのカメラで動画を撮影しながら、勾配計算をした画像(laplacian)と背景差分計算をした画像(fgmask)に縦横16pxごとに分けるプログラムを作っています。
背景の画像は、黒でマスクしてエッジを赤色にしています。

下記のエラーメッセージが出てきますが、どうして30が範囲外になってしまうのかがわかりません。
そこを解説していただきたいです。

発生している問題・エラーメッセージ

if fgmask_sum[x][y] >= fgmask_mean: IndexError: index 30 is out of bounds for axis 0 with size 30

該当のソースコード

python

import numpy as np import cv2 REGION_WIDTH=16 REGION_HIGH=16 cap = cv2.VideoCapture(0) cap.set(cv2.CAP_PROP_FRAME_WIDTH, 640) cap.set(cv2.CAP_PROP_FRAME_HEIGHT, 480) fgbg = cv2.createBackgroundSubtractorMOG2(history=500, varThreshold=16, detectShadows=True) red_mask = np.full((1, 1, 3), (0,0,255), dtype=np.uint8) white_mask = np.full((REGION_HIGH, REGION_WIDTH, 3), (255,255,255), dtype=np.uint8) while(True): ret, frame = cap.read() rows, cols, channels = frame.shape # maskを定義 laplacian_mask = np.zeros((rows, cols, channels), dtype=np.uint8) fgmask_mask = np.zeros((rows, cols, channels), dtype=np.uint8) #エッジを赤くする frame_gray = cv2.cvtColor(frame, cv2.COLOR_BGR2GRAY) laplacian = cv2.Laplacian(frame_gray, cv2.CV_64F) for y in range(rows): for x in range(cols): if laplacian[y,x] > 10: laplacian_mask[y,x] = np.copy(red_mask) #マスクしない(白色でマスク)部分を組み込む fgmask = fgbg.apply(frame) fgmask_sum = np.zeros((30,40))#16*16 ごとに領域分けした時の領域の数 for i in range(int(rows/REGION_HIGH)):#30 for j in range(int(cols/REGION_WIDTH)):#40 for y in range(REGION_HIGH):#16 for x in range(REGION_WIDTH):#16 if (fgmask[i*16+y][j*16+x]==255):#1画素ずつ白かどうかの判定 fgmask_sum[i,j] += 1 fgmask_mean = np.mean(fgmask_sum)#全領域の白の要素の平均 for y in range(int(rows/REGION_HIGH)):#30 for x in range(int(cols/REGION_WIDTH)):#40 if fgmask_sum[x][y] >= fgmask_mean:#エラーが発生している行 fgmask_mask[16*y:16*y+16,16*x:16*x+16] = np.copy(white_mask)        #表示 mask_or = cv2.bitwise_or(laplacian_mask, fgmask_mask) masked_frame = cv2.bitwise_and(frame, mask_or) cv2.imshow('frame', masked_frame) k = cv2.waitKey(30) & 0xff if k == 27: break # 'ESC' key is pressed cap.release() cv2.destroyAllWindows()

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

NumPy

NumPyはPythonのプログラミング言語の科学的と数学的なコンピューティングに関する拡張モジュールです。

OpenCV

OpenCV(オープンソースコンピュータービジョン)は、1999年にインテルが開発・公開したオープンソースのコンピュータビジョン向けのクロスプラットフォームライブラリです。

文字コード

文字コードとは、文字や記号をコンピュータ上で使用するために用いられるバイト表現を指します。

コードレビュー

コードレビューは、ソフトウェア開発の一工程で、 ソースコードの検査を行い、開発工程で見過ごされた誤りを検出する事で、 ソフトウェア品質を高めるためのものです。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。