質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
C#

C#はマルチパラダイムプログラミング言語の1つで、命令形・宣言型・関数型・ジェネリック型・コンポーネント指向・オブジェクティブ指向のプログラミング開発すべてに対応しています。

MVVM

MVVM(Model View ViewModel)は構築上のデザインパターンで、表現ロジック(ViewModel)によってデータ(Model)からページ(View)を分離させます。

XAML

XAML(Extensible Application Markup Language)はWPF、Silverlight、Windows PhoneそしてWindows Store appsでユーザーインターフェースを定義するために使われるXML言語です。

WPF

Windows Presentation Foundation (WPF) は、魅力的な外観のユーザー エクスペリエンスを持つ Windows クライアント アプリケーションを作成するための次世代プレゼンテーション システムです

解決済

WPFのUserControlに独自型の依存関係プロパティを設定してバインドしたい

ry188472
ry188472

総合スコア74

C#

C#はマルチパラダイムプログラミング言語の1つで、命令形・宣言型・関数型・ジェネリック型・コンポーネント指向・オブジェクティブ指向のプログラミング開発すべてに対応しています。

MVVM

MVVM(Model View ViewModel)は構築上のデザインパターンで、表現ロジック(ViewModel)によってデータ(Model)からページ(View)を分離させます。

XAML

XAML(Extensible Application Markup Language)はWPF、Silverlight、Windows PhoneそしてWindows Store appsでユーザーインターフェースを定義するために使われるXML言語です。

WPF

Windows Presentation Foundation (WPF) は、魅力的な外観のユーザー エクスペリエンスを持つ Windows クライアント アプリケーションを作成するための次世代プレゼンテーション システムです

2回答

0評価

2クリップ

1826閲覧

投稿2021/09/16 08:24

編集2021/09/16 08:25

.NET 5のWPFプロジェクトで外部から複数の値をバインドさせたいUserControlを作っています。そのためUserControlに独自型Textsの依存関係プロパティValueを作成し、UserControlの利用者となる親画面のxamlからValueをセットすることで、UserControlのコードビハインドで値を加工したりした上でUserControlのViewに反映させたいと考えています。
しかし、以下のコードで親画面(ここではコードビハインド)からTextsを作成してバインドさせても、画面に内容が反映されません。
独自型のバインドは不可能で、バインドしたい値が複数あったら1つ1つ依存関係プロパティを設定してバインドしなければならないのでしょうか?

※以下コードでは親画面側でReactiveProperty<Texts>を使ってバインドさせているつもりです。

Texts.cs

c#

using System.Windows; using System.Windows.Controls; namespace WpfApp1 { public class Texts { public int A { get; set; } = 5; public string B { get; set; } = ""; public double? C { get; set; } } }

UserControl.xaml

xaml

<UserControl x:Class="WpfApp1.UserControl1" xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation" xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml" xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006" xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008" xmlns:local="clr-namespace:WpfApp1" mc:Ignorable="d" d:DesignHeight="200" d:DesignWidth="200"> <Grid Background="White"> <Grid.RowDefinitions> <RowDefinition Height="*"/> <RowDefinition Height="*"/> <RowDefinition Height="*"/> </Grid.RowDefinitions> <TextBlock Grid.Row="0" Text="{Binding Value.A}" Foreground="Black"/> <TextBlock Grid.Row="1" Text="{Binding Value.B}" Foreground="Black"/> <TextBlock Grid.Row="2" Text="{Binding Value.C}" Foreground="Black"/> </Grid> </UserControl>

UserControl.xaml.cs

c#

using System.Windows; using System.Windows.Controls; namespace WpfApp1 { /// <summary> /// UserControl1.xaml の相互作用ロジック /// </summary> public partial class UserControl1 : UserControl { public UserControl1() { InitializeComponent(); } public static readonly DependencyProperty ValueProperty = DependencyProperty.Register( "Value", typeof(Texts), typeof(UserControl1), new PropertyMetadata(new Texts())); public Texts Value { get { return (Texts)GetValue(ValueProperty); } set { SetValue(ValueProperty, value); } } } }

MainWindow.xaml

xaml

<Window x:Class="WpfApp1.MainWindow" xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation" xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml" xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008" xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006" xmlns:local="clr-namespace:WpfApp1" mc:Ignorable="d" Title="MainWindow" Height="450" Width="800"> <Grid> <Grid.ColumnDefinitions> <ColumnDefinition Width="*"/> <ColumnDefinition Width="*"/> <ColumnDefinition Width="*"/> </Grid.ColumnDefinitions> <local:UserControl1 Grid.Column="0" Value="{Binding ValueA.Value}"/> <local:UserControl1 Grid.Column="1" Value="{Binding ValueB.Value}"/> <local:UserControl1 Grid.Column="2" Value="{Binding ValueC.Value}"/> </Grid> </Window>

MainWindow.xaml.cs

c#

using Reactive.Bindings; using System.Windows; namespace WpfApp1 { /// <summary> /// Interaction logic for MainWindow.xaml /// </summary> public partial class MainWindow : Window { public MainWindow() { InitializeComponent(); ValueA = new ReactiveProperty<Texts>(new Texts { A = 1, B = "Ab", C = 10.0 }); ValueB = new ReactiveProperty<Texts>(new Texts { A = 2, B = "Bb", C = 222.22 }); ValueC = new ReactiveProperty<Texts>(new Texts { A = 3, B = "Cb", C = null }); } public ReactiveProperty<Texts> ValueA { get; } public ReactiveProperty<Texts> ValueB { get; } public ReactiveProperty<Texts> ValueC { get; } } }

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

C#

C#はマルチパラダイムプログラミング言語の1つで、命令形・宣言型・関数型・ジェネリック型・コンポーネント指向・オブジェクティブ指向のプログラミング開発すべてに対応しています。

MVVM

MVVM(Model View ViewModel)は構築上のデザインパターンで、表現ロジック(ViewModel)によってデータ(Model)からページ(View)を分離させます。

XAML

XAML(Extensible Application Markup Language)はWPF、Silverlight、Windows PhoneそしてWindows Store appsでユーザーインターフェースを定義するために使われるXML言語です。

WPF

Windows Presentation Foundation (WPF) は、魅力的な外観のユーザー エクスペリエンスを持つ Windows クライアント アプリケーションを作成するための次世代プレゼンテーション システムです