質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
86.12%
VHDL

VHDLは、デジタル回路設計用のハードウェア記述言語の一つ。明確な回路を加味せず、動作のみを書くだけでハードウェアの動作を定義することが可能。ソフトウェアのプログラミングと同じような設計ができます。

FPGA

FPGAは、製造後でも設計者によって書き換えができる論理回路です。即時に書き換えが可能なため、開発期間を短縮することが可能。何度でも書き換えられるといった柔軟性があるため、製造や開発における費用も削減できるといったメリットがあります。

配列

配列は、各データの要素(値または変数)が連続的に並べられたデータ構造です。各配列は添え字(INDEX)で識別されています。

解決済

VHDLの配列について

BOLTE
BOLTE

総合スコア26

VHDL

VHDLは、デジタル回路設計用のハードウェア記述言語の一つ。明確な回路を加味せず、動作のみを書くだけでハードウェアの動作を定義することが可能。ソフトウェアのプログラミングと同じような設計ができます。

FPGA

FPGAは、製造後でも設計者によって書き換えができる論理回路です。即時に書き換えが可能なため、開発期間を短縮することが可能。何度でも書き換えられるといった柔軟性があるため、製造や開発における費用も削減できるといったメリットがあります。

配列

配列は、各データの要素(値または変数)が連続的に並べられたデータ構造です。各配列は添え字(INDEX)で識別されています。

1回答

0リアクション

0クリップ

2852閲覧

投稿2021/03/28 12:56

基本的な質問で申し訳ありません。

ある信号dataが次のように宣言されています。

vhdl

SIGNAL data : MY_ARRAY := (OTHERS => (OTHERS => '0'));

ここでMY_ARRAYというのは

vhdl

TYPE MY_ARRAY IS ARRAY(511 DOWNTO 0) OF STD_LOGIC_VECTOR(31 DOWNTO 0);

と宣言されています。

ここであるエンティティで

vhdl

d => data(CONV_INTEGER(x"40")),

と信号の代入がされていました。d : IN STD_LOGIC_VECTOR(31 DOWNTO 0);です。

ここで調べてもわからないのは、

  1. 0x40つまり64番目のSTD_LOGIC_VECTOR(31 DOWNTO 0)dを代入しているということでよろしいのでしょうか?
  2. d => data(CONV_INTEGER(x"40")),は直接d => data(64),と書いても構いませんか?
  3. 例えば配列のn番目のSTD_LOGIC_VECTOR(31 DOWNTO 0);のmビット目を取り出したかったらdata(n, m)と書けば良いのでしょうか?

色々と調べたのですがわかりませんでした。また一人で勉強しているのでこちらで質問させていただきました。

よろしくお願いします。

以下のような質問にはリアクションをつけましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

リアクションが多い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

下記のような質問は推奨されていません。

  • 間違っている
  • 質問になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

適切な質問に修正を依頼しましょう。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

アカウントをお持ちの方は

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
86.12%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

VHDL

VHDLは、デジタル回路設計用のハードウェア記述言語の一つ。明確な回路を加味せず、動作のみを書くだけでハードウェアの動作を定義することが可能。ソフトウェアのプログラミングと同じような設計ができます。

FPGA

FPGAは、製造後でも設計者によって書き換えができる論理回路です。即時に書き換えが可能なため、開発期間を短縮することが可能。何度でも書き換えられるといった柔軟性があるため、製造や開発における費用も削減できるといったメリットがあります。

配列

配列は、各データの要素(値または変数)が連続的に並べられたデータ構造です。各配列は添え字(INDEX)で識別されています。