質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
85.54%
Keras

Kerasは、TheanoやTensorFlow/CNTK対応のラッパーライブラリです。DeepLearningの数学的部分を短いコードでネットワークとして表現することが可能。DeepLearningの最新手法を迅速に試すことができます。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

Q&A

解決済

2回答

10708閲覧

kerasのimage.load_imgができない

Yellows

総合スコア13

Keras

Kerasは、TheanoやTensorFlow/CNTK対応のラッパーライブラリです。DeepLearningの数学的部分を短いコードでネットワークとして表現することが可能。DeepLearningの最新手法を迅速に試すことができます。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

0グッド

0クリップ

投稿2021/03/05 01:54

独学でPythonを使った画像認識を勉強中で、現在AIAcacemy(https://aiacademy.jp/media/?p=113)が公開しているサンプルコードを模写しつつ学んでいます。

基本的には模写なのでErrorは起きないと思っていたところ、kerasのimage.load_imgで引っ掛かってしまいます。

kerasのimage.load_imgのエラー事例や、エラーメッセージで検索をかけてみましたが、当事例に合致するものが見つからず、初歩でつまずいてしまったので、こちらでご質問させていただきました。
(社用PC利用のため、urllibの方でリクエスト等のエラーが発生しているのかと思い、urllib単体での動作確認はしましたが、そちらは問題なく動作しました。)

以下に、該当のソースコードとエラーメッセージを添付いたします。

初学者のちっぽけなご質問とは思いますが、ご回答いただけましたら幸いです。

%tensorflow_version 1.x from keras.preprocessing import image from PIL import Image import urllib.request as urllib filename = urllib.urlopen("https://aiacademy.jp/dataset/dog1.jpg") image = image.load_img(filename, target_size=(224, 224))
TypeError Traceback (most recent call last) <ipython-input-15-4c76034737ae> in <module>() 8 9 filename = urllib.urlopen("https://aiacademy.jp/dataset/dog1.jpg") # 入力画像をWebから取得 ---> 10 image = image.load_img(filename, target_size=(224, 224)) # 画像を読み込み 1 frames /usr/local/lib/python3.7/dist-packages/tensorflow/python/keras/preprocessing/image.py in load_img(path, grayscale, color_mode, target_size, interpolation) 298 """ 299 return image.load_img(path, grayscale=grayscale, color_mode=color_mode, --> 300 target_size=target_size, interpolation=interpolation) 301 302 /usr/local/lib/python3.7/dist-packages/keras_preprocessing/image/utils.py in load_img(path, grayscale, color_mode, target_size, interpolation) 111 raise ImportError('Could not import PIL.Image. ' 112 'The use of `load_img` requires PIL.') --> 113 with open(path, 'rb') as f: 114 img = pil_image.open(io.BytesIO(f.read())) 115 if color_mode == 'grayscale': TypeError: expected str, bytes or os.PathLike object, not HTTPResponse

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもMYページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

バッドをするには、ログインかつ

こちらの条件を満たす必要があります。

guest

回答2

2

ベストアンサー

keras.preprocessing.image.load_imgは、そのコンピュータに保存されている画像ファイルをPIL(pillow)のImage型として読み込む関数です。
インターネットの画像ファイルを読み込むことはできません。

インターネットの画像ファイルをIL(pillow)のImage型として読み込むのは以下のように行ってください。

python

1import requests 2from PIL import Image 3import io 4r = requests.get("https://aiacademy.jp/dataset/dog1.jpg") 5img = Image.open(io.BytesIO(r.content)).resize((224, 224))

なお、imageではなくimg と書いているのは、
from keras.preprocessing import image
で定義している名前のimageと同じものを使わないためです。同じ名前を使うのはバグの原因となるので避けましょう。

投稿2021/03/05 11:20

ppaul

総合スコア24666

Yellows, fiveHundred👍を押しています

バッドをするには、ログインかつ

こちらの条件を満たす必要があります。

Yellows

2021/03/05 14:15

ppaulさん ご回答ありがとうございます。ご指摘いただいた通りに実装したところ、うまくいきました!! keras.preprocessing.image.load_imgはコンピュータに保存されてる画像ファイル読み込む関数だから、urllibでとってきたインターネットの画像ファイルを読み込む際はエラーが出るのですね、エラーの理由も理解できました。 解決して見ると初歩的な内容のエラーで非常にお恥ずかしい限りですが、ご丁寧に回答くださり、大変感謝しております。ありがとうございました。
guest

1

urllib.urlopen(正確にはurllib.request.urlopen)の戻り値はHTTPResponse型です。
これはパスではないので、当然ながらエラーになります。

投稿2021/03/05 10:02

fiveHundred

総合スコア9704

Yellows👍を押しています

バッドをするには、ログインかつ

こちらの条件を満たす必要があります。

Yellows

2021/03/05 14:19

fiveHundredさん urllib.request.urlopenの戻り値がHTTPResponse型だったから、keras.preprocessing.image.load_imgでは読み込めなかったということですね、ありがとうございます!
guest

あなたの回答

tips

太字

斜体

打ち消し線

見出し

引用テキストの挿入

コードの挿入

リンクの挿入

リストの挿入

番号リストの挿入

表の挿入

水平線の挿入

プレビュー

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
85.54%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

同じタグがついた質問を見る

Keras

Kerasは、TheanoやTensorFlow/CNTK対応のラッパーライブラリです。DeepLearningの数学的部分を短いコードでネットワークとして表現することが可能。DeepLearningの最新手法を迅速に試すことができます。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。