質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.40%

  • Python

    9808questions

    Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

  • C

    4117questions

    C言語は、1972年にAT&Tベル研究所の、デニス・リッチーが主体となって作成したプログラミング言語です。 B言語の後継言語として開発されたことからC言語と命名。そのため、表記法などはB言語やALGOLに近いとされています。 Cの拡張版であるC++言語とともに、現在世界中でもっとも普及されているプログラミング言語です。

  • OpenCV

    1312questions

    OpenCV(オープンソースコンピュータービジョン)は、1999年にインテルが開発・公開したオープンソースのコンピュータビジョン向けのクロスプラットフォームライブラリです。

opencvを用いた画像認識のプログラム

受付中

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 1,890

Suginori1996

score 16

pythonからc++への書き換えについて

学校でopenCVを用い多研究をしています.
カメラで撮った写真の緑色の部分の面積を出すプログラムを作っています.
去年の人がpythonで書いたものをc++に書き換えたいのですが,pythonが全く分からずエラーが多く出ます.少しずつ変更していきたいのでご協力お願いします.

pythonプログラム

import cv2
import numpy as np
from numpy import*

g_min = np.array([30,70,30])
g_max = np.array([70,255,255])

 膨張化用のカーネル

k = np.ones((5,5),np.uint8)

----------------------

 カラートラッキング

----------------------

def color_track(im,h_min,h_max):

    im_h = cv2.cvtColor(im, cv2.COLOR_BGR2HSV)# RGB色空間からHSV色空間に変換
    im_m = cv2.inRange(im_h,h_min,h_max)      # マスク画像の生成
    im_m = cv2.medianBlur(im_m,7)             # 平滑化
    im_m = cv2.dilate(im_m,k,iterations=1)    # 膨張化
    im_c = cv2.bitwise_and(im,im,mask=im_m)   # 色領域抽出

    return im_m,im_c

----------------------

 Main

----------------------

def main():
    # カメラ指定
    cap = cv2.VideoCapture(0)
    im = cap.read()[1]
    # 計算高速化のために画像サイズを1/2
    im = cv2.resize(im,(im.shape[1]/2,im.shape[0]/2))
    im_m,im_c = color_track(im,g_min,g_max)
    M0 = np.count_nonzero(im_m)
    D0=50
    while True:
        # 入力画像の取得
        im = cap.read()[1]
        # 計算高速化のために画像サイズを1/2
        im = cv2.resize(im,(im.shape[1]/2,im.shape[0]/2))
        im_m,im_c = color_track(im,g_min,g_max)
        # 白色領域の画素数を計算
        M = np.count_nonzero(im_m)
        D = format( (sqrt(M0)/sqrt(M))*D0,".2f")
        # マスク画像から指定した色の領域を抽出
        cv2.putText(im_m,"Moment:"+str(M),(30,30),1,1.5,(150,70,50),2) #数値要検証
        cv2.putText(im_m,"Distance:"+str(D),(30,70),1,1.5,(150,70,50),2)
        # 結果表示
        cv2.imshow("Camera",im)
        cv2.imshow("Mask",im_m)
        cv2.imshow("Color Tracking",im_c)
        # キーが押されたらループから抜ける
        if cv2.waitKey(10) > 0:
            cap.release()
            cv2.destroyAllWindows()
            break

if name == 'main':
    main()

書き換えているプログラム

include <opencv2/core/core.hpp>

include <opencv2/highgui/highgui.hpp>

include <opencv2/imgproc/imgproc.hpp>

from numpy import*;

using namespace cv;

g_min = np.array([30, 70, 30])
g_max = np.array([70, 255, 255])
// 膨張化用のカーネル
k = np.ones((5, 5), np.uint8)

// カラートラッキング
double  color_track(im, h_min, h_max) :

im_h = cv2.cvtColor(im, cv2.COLOR_BGR2HSV;   // RGB色空間からHSV色空間に変換
im_m = cv2.inRange(im_h, h_min, h_max);      // マスク画像の生成
im_m = cv2.medianBlur(im_m, 7);              // 平滑化
im_m = cv2.dilate(im_m, k, iterations = 1;   // 膨張化
im_c = cv2.bitwise_and(im, im, mask = im_m); // 色領域抽出

return im_m, im_c;

// Main
int main(void)
{
// カメラ指定
    cap = cv2:VideoCapture(0);
    im = cap.read()[1];
// 計算高速化のために画像サイズを1 / 2
im = cv2.resize(im, (im.shape[1] / 2, im.shape[0] / 2))
im_m, im_c = color_track(im, g_min, g_max)
M0 = np.count_nonzero(im_m)
D0 = 50
while True:
// 入力画像の取得
im = cap:read()[1]
// 計算高速化のために画像サイズを1 / 2
im = cv2:resize(im, (im.shape[1] / 2, im.shape[0] / 2))
im_m, im_c = color_track(im, g_min, g_max)
// 白色領域の画素数を計算
M = np.count_nonzero(im_m)
D = format((sqrt(M0) / sqrt(M))*D0, ".2f")
// マスク画像から指定した色の領域を抽出
cv2:putText(im_m, "Moment:" + str(M), (30, 30), 1, 1.5, (150, 70, 50), 2) //数値要検証
cv2:putText(im_m, "Distance:" + str(D), (30, 70), 1, 1.5, (150, 70, 50), 2)
//結果表示
cv2:imshow("Camera", im)
cv2:imshow("Mask", im_m)
cv2:imshow("Color Tracking", im_c)
// キーが押されたらループから抜ける
if (cv2:waitKey(10) > 0)
{
    cap.release()
    cv2:destroyAllWindows()
}

break;

return 0;
}

エラー

1>------ ビルド開始: プロジェクト:RL, 構成:Debug Win32 ------
1>C:\Program Files\MSBuild\Microsoft.Cpp\v4.0\V120\Microsoft.CppBuild.targets(388,5): warning MSB8028: The intermediate directory (Debug\) contains files shared from another project (15sotuken.vcxproj).  This can lead to incorrect clean and rebuild behavior.
1>  RL.cpp
1>c:\users\sotuken\documents\visual studio 2013\projects\rl\15sotuken\rl.cpp(4): error C2146: 構文エラー : ';' が、識別子 'numpy' の前に必要です。
1>c:\users\sotuken\documents\visual studio 2013\projects\rl\15sotuken\rl.cpp(4): error C4430: 型指定子がありません - int と仮定しました。メモ: C++ は int を既定値としてサポートしていません
1>c:\users\sotuken\documents\visual studio 2013\projects\rl\15sotuken\rl.cpp(4): error C2146: 構文エラー : ';' が、識別子 'import' の前に必要です。
1>c:\users\sotuken\documents\visual studio 2013\projects\rl\15sotuken\rl.cpp(4): error C2143: 構文エラー : ';' が '*' の前にありません。
1>c:\users\sotuken\documents\visual studio 2013\projects\rl\15sotuken\rl.cpp(4): error C2059: 構文エラー : ';'
1>c:\users\sotuken\documents\visual studio 2013\projects\rl\15sotuken\rl.cpp(8): error C4430: 型指定子がありません - int と仮定しました。メモ: C++ は int を既定値としてサポートしていません
1>c:\users\sotuken\documents\visual studio 2013\projects\rl\15sotuken\rl.cpp(8): error C2065: 'np' : 定義されていない識別子です。
1>c:\users\sotuken\documents\visual studio 2013\projects\rl\15sotuken\rl.cpp(8): error C2228: '.array' の左側はクラス、構造体、共用体でなければなりません
1>          型は 'unknown-type' です。
1>c:\users\sotuken\documents\visual studio 2013\projects\rl\15sotuken\rl.cpp(8): error C2143: 構文エラー : ']' が '定数' の前にありません。
1>c:\users\sotuken\documents\visual studio 2013\projects\rl\15sotuken\rl.cpp(8): error C2059: 構文エラー : ']'
1>c:\users\sotuken\documents\visual studio 2013\projects\rl\15sotuken\rl.cpp(8): error C2059: 構文エラー : ')'
1>c:\users\sotuken\documents\visual studio 2013\projects\rl\15sotuken\rl.cpp(63): fatal error C1075: 左側 かっこ '(' に対応するものが 'c:\users\sotuken\documents\visual studio 2013\projects\rl\15sotuken\rl.cpp(19)' で見つかる前に EOF が検出されました。
========== ビルド: 0 正常終了、1 失敗、0 更新不要、0 スキップ ==========

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

+1

これはPythonのエラーではなく、C++のエラーですね。

>1>c:\users\sotuken\documents\visual studio 2013\projects\rl\15sotuken\rl.cpp(4): error C2146: 構文エラー : ';' が、識別子 'numpy' の前に必要です。
こんな感じで詳しくエラーの内容が書いてあるので、1つずつ解消していきましょう。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

0

1.最初のエラーは他のプロジェクトのファイルを指定していることに怒っているようです。
  (環境上の問題だと思うのでこれがエラーの主たる原因ではないと思います)

2.上の方がおっしゃっているとおり、エラー内容を読みましょう。
  ・そこにはエラーが発生したファイル名と行番号が明記されています
  ・同じ行数でたくさんエラーが出ている場合は最初のエラーに着目
   (つまらない原因であるほど、玉突き事故を起こしてわけわからんエラーが大量に続きます)
  ・英文のエラー表示を読めないとしたら英語を勉強しましょう

3.これが一番の原因ですが、そもそもC++の勉強がまだ不足されているようで、Pythonの文を
  そのままC++に持ってきていますね。
  fromはC++にはありません。ここだけでいくつもエラーが吐き出されています。
  そして全体に渡り、行末に必要なセミコロンがありません。
   ある行のセミコロン一つ無いだけで、その後の行が全てエラー扱いになったりします。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.40%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る

  • Python

    9808questions

    Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

  • C

    4117questions

    C言語は、1972年にAT&Tベル研究所の、デニス・リッチーが主体となって作成したプログラミング言語です。 B言語の後継言語として開発されたことからC言語と命名。そのため、表記法などはB言語やALGOLに近いとされています。 Cの拡張版であるC++言語とともに、現在世界中でもっとも普及されているプログラミング言語です。

  • OpenCV

    1312questions

    OpenCV(オープンソースコンピュータービジョン)は、1999年にインテルが開発・公開したオープンソースのコンピュータビジョン向けのクロスプラットフォームライブラリです。