質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.55%

vagrant upするとcommand not foundエラーが出てしまう。

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 441

Homaresan

score 13

前提・実現したいこと

今現在、Virtual Box、Vagrantをインストールし、Mac上にVagrantでUbuntuゲストOSを作成し、その中でpythonの環境を構築しようといています。

Vagrant boxを作成しvagrantfileを編集しvagrant upすると下記のエラーが出てしまうことを解決したいです。

※途中エラーが出なかった箇所があったので、エラー文が出た箇所だけ分けて下記に記述させていただきました。

エラー文

    default: /tmp/vagrant-shell: line 15: pyenv: command not found
    default: /tmp/vagrant-shell: line 16: pyenv: command not found
    default: /tmp/vagrant-shell: line 17: pyenv: command not found
    default:   % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
    default:                                  Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
  0     0    0    
    default:  0    0     0      0      0 --:--:-- --:
    default: --:-- --:--:--     0
  0     0    0     0    0     0      0   
    default:    0 --:--:-- --:--:-- --:--:--   
    default:   0
100  1232  100  1232    0     0   3390      0 
    default: --:--:-- --:--:-- --:--:--  
    default: 3384
    default: + 
    default: dpkg
    default:  -s
    default:  apt-transport-https
    default: + 
    default: echo
    default:  deb https://cli-assets.heroku.com/apt ./
    default: + 
    default: dpkg -s heroku-toolbelt
    default: + true
    default: + 
    default: curl https://cli-assets.heroku.com/apt/release.key
    default: + 
    default: apt-key
    default:  add
    default:  -
    default:   % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
    default:                                  Dload  Upload   Total   Spent    Left  
    default: Speed
  0     0    0     0    0     0      0
    default:       0 --:--:-- --:--:-- --:--:--     0
100  1737  100  1737    0     0   4873      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--  4879
    default: + apt-get update
    default: + apt-get install -y heroku
    default: dpkg-preconfigure: unable to re-open stdin: No such file or directory
    default: /tmp/vagrant-shell: line 23: pip: command not found
    default: /tmp/vagrant-shell: line 24: pip: command not found
    default: /tmp/vagrant-shell: line 25: pip: command not found
The SSH command responded with a non-zero exit status. Vagrant
assumes that this means the command failed. The output for this command
should be in the log above. Please read the output to determine what
went wrong.

vagrantfile

# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.box = "ubuntu/xenial64"
  config.vm.network :"forwarded_port", guest: 5000, host: 5000
  config.vm.synced_folder "~/python_vagrant/workspace", "/home/ubuntu/workspace", :create => true, mount_options: ['dmode=777','fmode=755']
  config.vm.provision "shell", privileged: false, inline: <<-SHELL
    sudo apt-get -y upgrade
    sudo apt-get -y update

    # install essentials
    sudo apt-get install -y make build-essential libssl-dev zlib1g-dev libbz2-dev libreadline-dev libsqlite3-dev wget curl llvm libncurses5-dev libncursesw5-dev libpng-dev

    # get pyenv and set path
    git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv
    echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.profile
    echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.profile
    echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.profile
    . /home/ubuntu/.profile

    # install anaconda
    pyenv install anaconda3-5.0.1
    pyenv rehash
    pyenv global anaconda3-5.0.1

    # install Heroku CLI
    curl https://cli-assets.heroku.com/install-ubuntu.sh | sh

    # pip install 
    pip install --upgrade pip
    pip install flask-httpauth
    pip install gunicorn
  SHELL
end


エラー文にpyenvとpipがcommand not foundと書かれているのでそれが原因かなと思いますが…

エラー文をもとに色々調べてみましたが同じようなエラーになった人が少なく自分一人では解決に至らなかったので、質問させていただきました。

何か良い解決法があれば教えていただきたいです。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

はじめに

Vagrantで、特に変更していないBOXイメージから仮想マシンを作成する場合、ログインユーザーは「vagrant」です。(ただし、ubuntuのboxイメージには、デフォルトユーザーの「ubuntu」も存在しています)

原因

プロビジョニング時のログインユーザーも「vagrant」なので、「~/.profile」は「/home/vagrant/.profile」として処理されます。

以下の処理では追記したファイルと、呼び出しているファイルが異なるため、更新が反映されず「pyenv」へのパスが通りません。

    ...省略

    echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.profile
    echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.profile
    . /home/ubuntu/.profile # *** ここは、「/home/vagrant/.profile」が必要です

    # install anaconda
    pyenv install anaconda3-5.0.1

    ...省略

対応

全体としてログインユーザーを「ubuntu」ではなく、「vagrant」として処理を書く必要があります。

質問で提示されているVagrantfileならば、共有先パスと環境変数の更新時の「.profile」の"ubuntu"を"vagrant"へ変更すれば対応できます。

# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.box = "ubuntu/xenial64"
  config.vm.network :"forwarded_port", guest: 5000, host: 5000
  config.vm.synced_folder "~/python_vagrant/workspace", "/home/vagrant/workspace", :create => true, mount_options: ['dmode=777','fmode=755']
  config.vm.provision "shell", privileged: false, inline: <<-SHELL
    sudo apt-get -y upgrade
    sudo apt-get -y update

    # install essentials
    sudo apt-get install -y make build-essential libssl-dev zlib1g-dev libbz2-dev libreadline-dev libsqlite3-dev wget curl llvm libncurses5-dev libncursesw5-dev libpng-dev

    # get pyenv and set path
    git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv
    echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.profile
    echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.profile
    echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.profile
    . /home/vagrant/.profile

    # install anaconda
    pyenv install anaconda3-5.0.1
    pyenv rehash
    pyenv global anaconda3-5.0.1

    # install Heroku CLI
    curl https://cli-assets.heroku.com/install-ubuntu.sh | sh

    # pip install 
    pip install --upgrade pip
    pip install flask-httpauth
    pip install gunicorn
  SHELL
end

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/10/01 15:58

    なるほど!上手くできました!ありがとうざいます!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.55%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る