質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
85.53%
Keras

Kerasは、TheanoやTensorFlow/CNTK対応のラッパーライブラリです。DeepLearningの数学的部分を短いコードでネットワークとして表現することが可能。DeepLearningの最新手法を迅速に試すことができます。

Python 3.x

Python 3はPythonプログラミング言語の最新バージョンであり、2008年12月3日にリリースされました。

Q&A

0回答

1420閲覧

ValueError: Input 0 is incompatible with layer conv3d_6: expected ndim=5, found ndim=4

tukutuku

総合スコア14

Keras

Kerasは、TheanoやTensorFlow/CNTK対応のラッパーライブラリです。DeepLearningの数学的部分を短いコードでネットワークとして表現することが可能。DeepLearningの最新手法を迅速に試すことができます。

Python 3.x

Python 3はPythonプログラミング言語の最新バージョンであり、2008年12月3日にリリースされました。

0グッド

0クリップ

投稿2019/06/27 08:27

編集2022/01/12 10:55

学習の入力には2048×512の画像を512×512×4の3次元配列にしたものを、教師には512×512の2次元画像を用いています。
画像はグレースケール画像です。

ValueError: Input 0 is incompatible with layer conv3d_6: expected ndim=5, found ndim=4
上記のエラーがでて困っています。解決方法わかる方いらっしゃいましたら、ご教示いただけますと幸いです。

import os import cv2 import numpy as np from keras.layers import Input, Conv3D, MaxPooling3D, UpSampling3D, Add from keras.models import Model import keras.optimizers as optimizers from tensorflow.python.keras import backend as K import matplotlib.pyplot as plt import tensorflow as tf gpuConfig = tf.ConfigProto( gpu_options=tf.GPUOptions(per_process_gpu_memory_fraction=1.0), device_count={'GPU': 2}) with tf.Session(config=gpuConfig) as session: IMAGE_SIZE = 512 EPOCHS = 30 # ディレクトリ内の画像を読み込む # inputpath: ディレクトリ文字列,imagesize: 画像サイズ, type_color: ColorかGray def load_images(inputpath, imagesize, type_color): imglist = [] for root, dirs, files in os.walk(inputpath): for fn in sorted(files): bn, ext = os.path.splitext(fn) if ext not in [".bmp", ".BMP", ".jpg", ".JPG", ".jpeg", ".JPEG", ".png", ".PNG"]: continue filename = os.path.join(root, fn) if type_color == 'Color': # カラー画像の場合 testimage = cv2.imread(filename, cv2.IMREAD_COLOR) # サイズ変更 height, width = testimage.shape[:2] testimage = cv2.resize(testimage, (imagesize, imagesize), interpolation = cv2.INTER_AREA) #主に縮小するのでINTER_AREA使用 testimage = np.asarray(testimage, dtype=np.float64) # チャンネル,高さ,幅に入れ替え.data_format="channels_first"を使うとき必要 #testimage = testimage.transpose(2, 0, 1) # チャンネルをbgrの順からrgbの順に変更 testimage = testimage[::-1] elif type_color == 'Gray': # グレースケール画像の場合 testimage = cv2.imread(filename, cv2.IMREAD_GRAYSCALE) # 2次元配列を3次元配列に変換する testimage = np.asarray([testimage], dtype=np.float64) testimage = np.asarray(testimage, dtype=np.float64).reshape(4, 512, 512) # チャンネルの次元がないので1次元追加する testimage = np.asarray([testimage], dtype=np.float64) testimage = np.asarray(testimage, dtype=np.float64).reshape(1, 4, 512, 512) # 深さ、高さ,幅,チャンネルに入れ替え.data_format="channels_last"を使うとき必要 testimage = testimage.transpose(1, 2, 3, 0) imglist.append(testimage) imgsdata = np.asarray(imglist, dtype=np.float32) return imgsdata, sorted(files) # 画像リストとファイル名のリストを返す def load_images2(inputpath, imagesize, type_color): imglist = [] for root, dirs, files in os.walk(inputpath): for fn in sorted(files): bn, ext = os.path.splitext(fn) if ext not in [".bmp", ".BMP", ".jpg", ".JPG", ".jpeg", ".JPEG", ".png", ".PNG"]: continue filename = os.path.join(root, fn) if type_color == 'Color': # カラー画像の場合 testimage = cv2.imread(filename, cv2.IMREAD_COLOR) # サイズ変更 height, width = testimage.shape[:2] testimage = cv2.resize(testimage, (imagesize, imagesize), interpolation = cv2.INTER_AREA) #主に縮小するのでINTER_AREA使用 testimage = np.asarray(testimage, dtype=np.float64) # チャンネル,高さ,幅に入れ替え.data_format="channels_first"を使うとき必要 #testimage = testimage.transpose(2, 0, 1) # チャンネルをbgrの順からrgbの順に変更 testimage = testimage[::-1] elif type_color == 'Gray': # グレースケール画像の場合 testimage = cv2.imread(filename, cv2.IMREAD_GRAYSCALE) # サイズ変更 height, width = testimage.shape[:2] testimage = cv2.resize(testimage, (imagesize, imagesize), interpolation = cv2.INTER_AREA) #主に縮小するのでINTER_AREA使用 # チャンネルの次元がないので1次元追加する testimage = np.asarray([testimage], dtype=np.float64) testimage = np.asarray(testimage, dtype=np.float64).reshape((1, imagesize, imagesize)) # 高さ,幅,チャンネルに入れ替え.data_format="channels_last"を使うとき必要 testimage = testimage.transpose(1, 2, 0) imglist.append(testimage) imgsdata = np.asarray(imglist, dtype=np.float32) return imgsdata, sorted(files) # 画像リストとファイル名のリストを返す # 指定ディレクトリに画像リストの画像を保存する # savepath: ディレクトリ文字列, filenamelist: ファイル名リスト, imagelist: 画像リスト def save_images(savepath, filenamelist, imagelist): for i, fn in enumerate(filenamelist): filename = os.path.join(savepath, fn) testimage = imagelist[i] #testimage = np.delete(testimage, 2, 1) # グレースケール画像を保存するときだけ使用.チャンネルに相当する3列目削除 cv2.imwrite(filename, testimage) #%% # データ準備 # 画像読み込み # training用の低解像度画像と高解像度画像読み込み imagelow_train, imagelow_train_filenames = load_images("ファイル名", (2048, 512), 'Gray') imagehigh_train, imagehigh_train_filenames = load_images2("ファイル名", IMAGE_SIZE, 'Gray') # test用の低解像度画像と高解像度画像読み込み imagelow_test, imagelow_test_filenames = load_images("ファイル名", (2048, 512), 'Gray') imagehigh_test, imagehigh_test_filenames = load_images2("ファイル名", IMAGE_SIZE, 'Gray') image_infer, image_infer_filenames = load_images("ファイル名", (2048, 512), 'Gray') # 画素値0-1正規化 imagelow_train /= 255.0 imagehigh_train /= 255.0 imagelow_test /= 255.0 imagehigh_test /= 255.0 image_infer /= 255.0 #%% # ネットワークの定義 # Deep Denoising Super Resolution CNN def network_ddsrcnn(): #Input(InputImageSize, InputImgageSize, Channel) input_img = Input((IMAGE_SIZE, IMAGE_SIZE, 1), dtype='float') enc1 = Conv3D(64, kernel_size=3, activation="relu", padding='same')(input_img) enc1 = Conv3D(64, kernel_size=3, activation="relu", padding='same')(enc1) down1 = MaxPooling3D(pool_size=2)(enc1) enc2 = Conv3D(128, kernel_size=3, activation="relu", padding='same')(down1) enc2 = Conv3D(128, kernel_size=3, activation="relu", padding='same')(enc2) down2 = MaxPooling3D(pool_size=2)(enc2) enc3 = Conv3D(128, kernel_size=3, activation="relu", padding='same')(down2) enc3 = Conv3D(128, kernel_size=3, activation="relu", padding='same')(enc3) down3 = MaxPooling3D(pool_size=2)(enc3) enc4 = Conv3D(256, kernel_size=3, activation="relu", padding='same')(down3) up4 = UpSampling3D(size=2)(enc4) dec4 = Conv3D(128, kernel_size=3, activation="relu", padding='same')(up4) dec4 = Conv3D(128, kernel_size=3, activation="relu", padding='same')(dec4) add3 = Add()([dec4, enc3]) up3 = UpSampling3D(size=2)(add3) dec3 = Conv3D(128, kernel_size=3, activation="relu", padding='same')(up3) dec3 = Conv3D(128, kernel_size=3, activation="relu", padding='same')(dec3) add2 = Add()([dec3, enc2]) up2 = UpSampling3D(size=2)(add2) dec2 = Conv3D(64, kernel_size=3, activation="relu", padding='same')(up2) dec2 = Conv3D(64, kernel_size=3, activation="relu", padding='same')(dec2) add1 = Add()([dec2, enc1]) dec1 = Conv3D(1, kernel_size=5, activation="linear", padding='same')(add1) model = Model(input=input_img, output=dec1) return model model = network_ddsrcnn() # ネットワークを表示 print(model.summary()) #%% def psnr(y_true, y_pred): return -10*K.log(K.mean(K.flatten((y_true - y_pred))**2))/np.log(10) # trainingの設定 adam = optimizers.Adam(lr=1e-3) model.compile(loss='mean_squared_error', optimizer='adam', metrics=[psnr]) from keras.callbacks import ModelCheckpoint #エポックごとにモデル保存 os.makedirs('model', exist_ok=True) model_checkpoint = ModelCheckpoint( filepath=os.path.join('model', 'model_{epoch:02d}_h5'), monitor='val_loss', period=5, verbose=1) # training実行 # training用低解像度画像と高解像度画像でtrainingする.validation用にtest用の低解像度画像と高解像度画像を使用する. training = model.fit(imagelow_train, imagehigh_train, epochs=EPOCHS, batch_size=20, shuffle=True, validation_data=(imagelow_test, imagehigh_test), callbacks=[model_checkpoint], verbose=1) #%% # training結果をファイルに保存 # ネットワーク定義保存 #json_string = model.to_json() #open("keras_ddsrcnn14_model_json", "w").write(json_string) # 重み #model.save_weights('keras_ddsrcnn14_weight_hdf5') # 学習履歴グラフ表示 def plot_history(history): plt.plot(history.history['psnr']) plt.plot(history.history['val_psnr']) plt.title('model accuracy') plt.xlabel('epoch') plt.ylabel('accuracy') plt.legend(['psnr', 'val_psnr'], loc='lower right') plt.show() plt.plot(history.history['loss']) plt.plot(history.history['val_loss']) plt.title('model loss') plt.xlabel('epoch') plt.ylabel('loss') plt.legend(['loss', 'val_loss'], loc='lower right') plt.show() plot_history(training) #%% # test用低解像度画像を用いた推定の実行 results = model.predict(image_infer, verbose=1) # 推定結果の画像をファイル保存 results *= 255.0 # 0-1の範囲の値が出力されるので見やすいように255倍する save_images(".\result\", imagelow_test_filenames, results)

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもMYページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

バッドをするには、ログインかつ

こちらの条件を満たす必要があります。

guest

あなたの回答

tips

太字

斜体

打ち消し線

見出し

引用テキストの挿入

コードの挿入

リンクの挿入

リストの挿入

番号リストの挿入

表の挿入

水平線の挿入

プレビュー

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

アカウントをお持ちの方は

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
85.53%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問