質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.54%

  • C#

    7073questions

    C#はマルチパラダイムプログラミング言語の1つで、命令形・宣言型・関数型・ジェネリック型・コンポーネント指向・オブジェクティブ指向のプログラミング開発すべてに対応しています。

  • WPF

    689questions

    Windows Presentation Foundation (WPF) は、魅力的な外観のユーザー エクスペリエンスを持つ Windows クライアント アプリケーションを作成するための次世代プレゼンテーション システムです

  • .NET Framework

    455questions

    .NET Framework は、Microsoft Windowsのオペレーティングシステムのために開発されたソフトウェア開発環境/実行環境です。多くのプログラミング言語をサポートしています。

  • XAML

    249questions

    XAML(Extensible Application Markup Language)はWPF、Silverlight、Windows PhoneそしてWindows Store appsでユーザーインターフェースを定義するために使われるXML言語です。

【C#】【WPF】InkCanvasでMouseLeftButtonDownイベントを拾う方法が分かりません

解決済

回答 2

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 96

galmacher

score 8

■実現したい事
・InkCanvasにてユーザが描いた内容をPointCollectionにて座標情報で保持したい。
・そのため、MouseLeftButtonDown、MouseMove、MouseLeftButtonUpにて座標情報を取得しつつ、
それぞれのタイミングで個別の処理を実装したい。

■困っていること
MouseMove、MouseLeftButtonUpが動くことは以下ソースで確認できましたが、
なぜかMouseLeftButtonDownが動きません。
※検索するとBackgroundプロパティを指定しないと動かないという情報を見つけましたが、
下記のソースのとおりBackground="Transparent" と指定しております。

<Window x:Class="DragCanvasPaint.MainWindow"
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
    xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
    xmlns:Ink="clr-namespace:System.Windows.Ink;assembly=PresentationCore"
    Title="Hello, InkCanvas!" Height="472" Width="708"
    >
    <Grid>
        <Viewbox Name="viewbox" Height="472" Width="708" Stretch="Uniform" >
            <InkCanvas  Name="canvas" HorizontalAlignment="Stretch" Height="472"  Width="708" VerticalAlignment="Stretch" Background="Transparent" MouseLeftButtonDown="canvas_MouseLeftButtonDown" MouseLeftButtonUp="canvas_MouseLeftButtonUp" MouseMove="canvas_MouseMove"/>
        </Viewbox>
    </Grid>
</Window>
namespace DragCanvasPaint
{
    /// <summary>
    /// MainWindow.xaml の相互作用ロジック
    /// </summary>
    public partial class MainWindow : Window
    {
        public MainWindow()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void canvas_MouseLeftButtonDown(object sender, MouseButtonEventArgs e)
        {
            Console.WriteLine("_MouseLeftButtonDown");
        }

        private void canvas_MouseLeftButtonUp(object sender, MouseButtonEventArgs e)
        {
            Console.WriteLine("MouseLeftButtonUp");
        }

        private void canvas_MouseMove(object sender, MouseEventArgs e)
        {
            Console.WriteLine("MouseMove");
        }

    }
}


InkCanvasではMouseLeftButtonDownに対応していないのでしょうか?
その場合、MouseLeftButtonDownに代わるクリックした直後に処理を行う方法はございますでしょうか?
また、今回はInkCanvasの利用について検討しておりますので、
「InkCanvasではなくCanvasを利用すればいい」というご回答は無しでお願いいたします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

checkベストアンサー

+2

試してないのですが、 PreviewMouseLeftButtonDown なら捕捉できるかもしれません。

追記

Preview*** について説明します。
以下のような構造を例にします。

<Window>
  <Grid>
    <Button>

ここで Button 上でマウスダウンした場合、以下の順番でイベントが発生します。

  1. Window の PreviewMouseDown
  2. Grid の PreviewMouseDown
  3. Button の PreviewMouseDown
  4. Button の MouseDown
  5. Grid の MouseDown
  6. Window の MouseDown

しかし IsHandled を true にするとイベントの伝播を止めることができます。

その1

  1. Window の PreviewMouseDown
  2. Grid の PreviewMouseDown で e.IsHandled = true;
  3. Button の PreviewMouseDown
  4. Button の MouseDown
  5. Grid の MouseDown
  6. Window の MouseDown

その2

  1. Window の PreviewMouseDown
  2. Grid の PreviewMouseDown
  3. Button の PreviewMouseDown
  4. Button の MouseDown
  5. Grid の MouseDown で e.IsHandled = true;
  6. Window の MouseDown

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/10/13 12:02

    ありがとうございます。
    仰るようにPreviewMouseLeftButtonDown にて補足することができました。
    ググってもいまいちPreviewの有り/無しの使い分けというか意味合いがよくわかりませんでしたが…。

    キャンセル

  • 2018/10/15 23:55

    追記での分かりやすいご説明ありがとうございました!
    ご説明の内容だと、inkcanvasのPreviewMouseDownが動き、MouseDownが動かないということは、
    内部的にはinkcanvasの中に実は子が隠れていて、
    そいつがIsHandled = true;しているということになるのでしょうね。

    キャンセル

  • 2018/10/16 00:11

    そのとおりです!

    キャンセル

  • 2018/10/16 00:19

    ありがとうございます!

    キャンセル

+1

マウスダウンに関しては、gaya-Kさんが書かれている「PreviewMouseLeftButtonDown」が使えると思います。

座標をどういう用途で使われるのかが分からないのですが、
InkCanvas.Strokesプロパティを使用するのは駄目なのでしょうか?

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/10/13 12:08

    ご回答ありがとうございます。
    ユーザが描いた線の内側を塗りつぶしたいと思っていてその方法のひとつとして座標を使おうとしてました。
    座標をPointCollectionに入れて、各座標を線で繋いで最後に始点と終点を繋いで閉じて中を塗りつぶす、みたいなイメージです。
    ただ、おっしゃるようにStrokesプロパティでも出来そうなので調べてみます。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.54%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • C#

    7073questions

    C#はマルチパラダイムプログラミング言語の1つで、命令形・宣言型・関数型・ジェネリック型・コンポーネント指向・オブジェクティブ指向のプログラミング開発すべてに対応しています。

  • WPF

    689questions

    Windows Presentation Foundation (WPF) は、魅力的な外観のユーザー エクスペリエンスを持つ Windows クライアント アプリケーションを作成するための次世代プレゼンテーション システムです

  • .NET Framework

    455questions

    .NET Framework は、Microsoft Windowsのオペレーティングシステムのために開発されたソフトウェア開発環境/実行環境です。多くのプログラミング言語をサポートしています。

  • XAML

    249questions

    XAML(Extensible Application Markup Language)はWPF、Silverlight、Windows PhoneそしてWindows Store appsでユーザーインターフェースを定義するために使われるXML言語です。