質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
make

make は、ビルド作業を自動化するツールです。さまざまなファイルの最終変更時刻を比較し、従属するファイルよりも「ターゲット」のファイルが古いことがわかったときユーザーが設定していた命令を実行する事が可能です。

makefile

make は、プログラムのビルド作業を自動化するツールです。コンパイル、リンク、インストール等のルールを記述したテキストファイルをmakefileと呼び、このルールに従ってmakeが自動的にビルドを実行する。

Ubuntu

Ubuntuは、Debian GNU/Linuxを基盤としたフリーのオペレーティングシステムです。

C++

C++はC言語をもとにしてつくられた最もよく使われるマルチパラダイムプログラミング言語の1つです。オブジェクト指向、ジェネリック、命令型など広く対応しており、多目的に使用されています。

解決済

c++ make時のコンパイルエラー

MF_19
MF_19

総合スコア0

make

make は、ビルド作業を自動化するツールです。さまざまなファイルの最終変更時刻を比較し、従属するファイルよりも「ターゲット」のファイルが古いことがわかったときユーザーが設定していた命令を実行する事が可能です。

makefile

make は、プログラムのビルド作業を自動化するツールです。コンパイル、リンク、インストール等のルールを記述したテキストファイルをmakefileと呼び、このルールに従ってmakeが自動的にビルドを実行する。

Ubuntu

Ubuntuは、Debian GNU/Linuxを基盤としたフリーのオペレーティングシステムです。

C++

C++はC言語をもとにしてつくられた最もよく使われるマルチパラダイムプログラミング言語の1つです。オブジェクト指向、ジェネリック、命令型など広く対応しており、多目的に使用されています。

3回答

0評価

0クリップ

9399閲覧

投稿2018/07/10 13:26

編集2022/01/12 10:58

前提・実現したいこと

makeファイルを用いてc++のコンパイルがしたいです。

経緯

makeファイル(soファイル作成用makeファイル)を用いてlibtest.soファイルを作成しました。
このファイルは外用(他人に渡す用)のため、
全てのライブラリを含んだ上で渡したいです。

確認のため、自分用にこのlibtest.soファイルとmain.cppファイルを用いて実行ファイルを作るためにコンパイル(実行ファイル作成用makeファイル)しようとすると下記のエラーが発生します。

発生している問題・エラーメッセージ

g++ -std=gnu++14 -Ofast -fPIC -fopenmp -o main obj/main.o -lm -lpthread -lgomp ../../libtest.so ../../libtest.so: undefined reference to `pthreadpool_compute_1d' ../../libtest.so: undefined reference to `nnp_convolution_inference' ../../libtest.so: undefined reference to `pthreadpool_compute_2d' collect2: error: ld returned 1 exit status Makefile:30: recipe for target 'main' failed make: *** [main] Error 1

試しに、この実行ファイル用makeファイルにエラーでundifineとされている
関数が組み込まれた.aファイルをLDFLAGSに指定すると問題なく実行ファイルが作成されました。

LDFLAGS+= /home/NNPACK/lib/libnnpack.a /home/NNPACK/lib/libpthreadpool.a /home/NNPACK/lib/libcpuinfo.a

これらの.aファイルはsoファイル用makeファイルにも
同じようにパスを指定していたので、問題ないかと思っていました。

調べてみると、これらの.aファイルを用いてsoファイルを作成する際、
上手く静的に結びついていないのが原因かと思っています。
(そのためundifineになるのかと思っています)

静的リンクにするためso用makeファイルを書き換えましたが、
上手くいかず同じエラーが出続けています。

so用makeファイルはどのように記載すれば、
静的リンクとしてsoファイルに結びつくのでしょうか?

何か勘違いがございましたら、ご指摘のほど宜しく尾根がします。

該当のソースコード

soファイル作成用makeファイル

NNPACK=1 COMPILER = g++ CFLAGS :=-std=gnu++14 -Ofast -fPIC -fopenmp -g CUFLAGS:=-Wall -Wno-unknown-pragmas -Wfatal-errors -Ofast -fPIC -fopenmp LDFLAGS := -lm -lpthread -lgomp -static-libstdc++ -static-libgcc INCLUDE = -I./include -I/usr/include ifeq ($(NNPACK), 1) INCLUDE+= -static -DNNPACK -I/home/spot1/NNPACK/include CFLAGS+= -DNNPACK LDFLAGS+= /home/NNPACK/lib/libnnpack.a /home/NNPACK/lib/libpthreadpool.a /home/NNPACK/lib/libcpuinfo.a endif TARGET = ./sensor DLIB = ./libtest.so SRCDIR = ./source ifeq "$(strip $(SRCDIR))" "" SRCDIR = . endif SOURCES = $(wildcard $(SRCDIR)/*.cpp) OBJDIR = ./obj ifeq "$(strip $(OBJDIR))" "" OBJDIR = . endif OBJECTS = $(addprefix $(OBJDIR)/, $(notdir $(SOURCES:.cpp=.o))) ifeq ($(GPU), 1) CU_SOURCES = $(wildcard $(SRCDIR)/*.cu) OBJECTS += $(addprefix $(OBJDIR)/, $(notdir $(CU_SOURCES:.cu=.o))) endif DEPENDS = $(OBJECTS:.o=.d) all: $(TARGET) $(DLIB) $(TARGET): $(OBJECTS) $(COMPILER) $(CFLAGS) $(LIBS) -o $@ $^ $(LDFLAGS) $(DLIB): $(OBJECTS) $(COMPILER) $(CFLAGS) -shared $^ -o $@ $(OBJDIR)/%.o: $(SRCDIR)/%.cpp -mkdir -p $(OBJDIR) $(COMPILER) $(CFLAGS) $(INCLUDE) $(LIBS) -o $@ -c $< $(OBJDIR)/%.o: $(SRCDIR)/%.cu $(NVCC) -std=c++14 $(ARCH) $(INCLUDE) --compiler-options "$(CUFLAGS)" -c $< -o $@ clean: -rm -f $(OBJECTS) $(DEPENDS) $(TARGET) -include $(DEPENDS)

実行ファイル作成用makeファイル
このmakeファイル実行時に問題のエラーが発生しています。

LDFLAGSの./libtest.so後に下記を追加すれば問題なくコンパイルはできるのですが、
外用のため、このmakeファイルでは呼出し不要にしたいです。
home/NNPACK/lib/libnnpack.a /home/NNPACK/lib/libpthreadpool.a /home/NNPACK/lib/libcpuinfo.a

COMPILER = g++ CFLAGS :=-std=gnu++14 -Ofast -fPIC -fopenmp LDFLAGS := -lm -lpthread -lgomp ../../libtest.so INCLUDE = `pkg-config --cflags opencv` -I./ -I/usr/include #INCLUDE = -I./ -I/usr/include TARGET = ./main SRCDIR = ifeq "$(strip $(SRCDIR))" "" SRCDIR = . endif SOURCES = $(wildcard $(SRCDIR)/*.cpp) OBJDIR = ./obj ifeq "$(strip $(OBJDIR))" "" OBJDIR = . endif OBJECTS = $(addprefix $(OBJDIR)/, $(notdir $(SOURCES:.cpp=.o))) DEPENDS = $(OBJECTS:.o=.d) all: $(TARGET) $(TARGET): $(OBJECTS) $(COMPILER) $(CFLAGS) $(LIBS) -o $@ $^ $(LDFLAGS) $(OBJDIR)/%.o: $(SRCDIR)/%.cpp -mkdir -p $(OBJDIR) $(COMPILER) $(CFLAGS) $(INCLUDE) $(LIBS) -o $@ -c $< clean: -rm -f $(OBJECTS) $(DEPENDS) $(TARGET) -include $(DEPENDS)

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

gcc 5.4.0
ubuntu16.4
C++

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

make

make は、ビルド作業を自動化するツールです。さまざまなファイルの最終変更時刻を比較し、従属するファイルよりも「ターゲット」のファイルが古いことがわかったときユーザーが設定していた命令を実行する事が可能です。

makefile

make は、プログラムのビルド作業を自動化するツールです。コンパイル、リンク、インストール等のルールを記述したテキストファイルをmakefileと呼び、このルールに従ってmakeが自動的にビルドを実行する。

Ubuntu

Ubuntuは、Debian GNU/Linuxを基盤としたフリーのオペレーティングシステムです。

C++

C++はC言語をもとにしてつくられた最もよく使われるマルチパラダイムプログラミング言語の1つです。オブジェクト指向、ジェネリック、命令型など広く対応しており、多目的に使用されています。