質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.50%

  • Unity

    4174questions

    Unityは、ユニティテクノロジーが開発したゲームエンジンです。 主にモバイルやブラウザ向けのゲーム製作に利用されていましたが、3Dの重力付きゲームが簡単に作成できることから需要が増え、現在はマルチプラットフォームに対応しています。 言語はC言語/C++で書かれていますが、C#、JavaScript、Booで書かれたコードにも対応しています。

【unity】何故このスプリクトが2段回ジャンプになるのか?

解決済

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 462

tukituki

score 14

プレイヤーのジャンプのスクリプトについて質問です。
プレイヤーを1段階ジャンプと2段階ジャンプで分けようと思って、1段階ジャンプのスクリプトを書いたつもりなのですが、何故だか2段階ジャンプします。

【スクリプト】
int count = 1; 

void Update () {
if (Input.GetKeyDown(KeyCode.Space) && count != 0)
{
rigidbody.AddForce(transform.up * jump);
count -= 1;
}

if (rigidbody.velocity.y == 0)
{
count = 1;
}
}

ジャンプをしたら、countをマイナス1して0にして、地面に着地しYの加速度が0になったら、countを回復しているつもりなのですが、このスプリクトが、どうして1段階になるのでしょうか?

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

checkベストアンサー

+2

rigidbody.AddForce()が反映される前に、if (rigidbody.velocity.y == 0) { ~ }を行っているため、回数が減った直後に(同じフレーム中に)リセットされているからです。

また、質問と直接関係ないですが、AddForce(~);のような物理関係の処理は基本的にFixedUpdate()内で行います。
この場合、FixedUpdate()内でInputクラスの処理を行えない点にも注意してください。

これらを踏まえて、修正すると以下のようになります。
(※修正:判定を当たり判定に変更しました)

    int count = 1;

    // Spaceが押されたかどうか
    bool spaceKeyDown = false;

    void Update()
    {
        if (Input.GetKeyDown(KeyCode.Space))
        {
            spaceKeyDown = true;
        }
    }

    void FixedUpdate()
    {
        if (spaceKeyDown && count != 0)
        {
            rigidbody.AddForce(transform.up * jump);
            count -= 1;
        }

        spaceKeyDown = false;
    }

    // 何かにぶつかったときに実行される関数
    void OnCollisionEnter(Collision collision)
    {
        // ここではそのままですが、必要に応じて「ぶつかったのが床であるとき」のような処理を入れてください
        count = 1;
    }

なお、ソースコードは「```」×2で囲うと、上記のように見やすくなります。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/05/20 18:37

    ああ「rigidbody.velocity.y == 0」は良くないのか、失念してました。
    これでも(少なくともこちらの環境では)動きましたが、rucchoさんの言っているような問題が起きる可能性があるので、当たり判定で判定した方がよいですね。

    キャンセル

  • 2018/05/20 18:50

    ソースを修正しました。

    キャンセル

+2

Rigidbodyのvelocityは小数(float)です。このスクリプトだとvelocityのYがピッタリ0.0になった瞬間しかcount = 1;が実行されません。Unityの物理エンジンは静止しているように見える物体でもごくわずかな速度を持っている場合があり、これがvelocityがピッタリ0.0にならない原因かと思います。
これを愚直に改善するならば、velocityの判定に閾値を持たせてあげれば良いのですが…
そもそもジャンプの最高点にもvelocity.yが約0になるので、タイミングによっては2段ジャンプが可能になってしまいます。
結論を言うと、接地判定にはvelocityではなく当たり判定(ColliderやRaycastやPhysics.OverlapSphereなど)を使って地面との接触判定をするべきです。このような方法は各所で紹介されているので調べてみてください。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/05/20 18:53

    問題になっているのは「2段階ジャンプができてしまう」なので、原因はそこではないですね。
    もし、「rigidbody.velocity.y == 0」が真にならないのであれば、「1度しかジャンプできない」ということになります。

    キャンセル

  • 2018/05/20 19:16

    悩みがスッキリしました!
    みなさんありがとうございます!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.50%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • Unity

    4174questions

    Unityは、ユニティテクノロジーが開発したゲームエンジンです。 主にモバイルやブラウザ向けのゲーム製作に利用されていましたが、3Dの重力付きゲームが簡単に作成できることから需要が増え、現在はマルチプラットフォームに対応しています。 言語はC言語/C++で書かれていますが、C#、JavaScript、Booで書かれたコードにも対応しています。