質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.84%

  • Swift

    6486questions

    Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

  • Xcode

    3749questions

    Xcodeはソフトウェア開発のための、Appleの統合開発環境です。Mac OSXに付随するかたちで配布されています。

  • iOS

    3683questions

    iOSとは、Apple製のスマートフォンであるiPhoneやタブレット端末のiPadに搭載しているオペレーションシステム(OS)です。その他にもiPod touch・Apple TVにも搭載されています。

  • TableView

    101questions

    TableView(UITableView)とは、リスト形式で表示するコントロールで、ほとんどのアプリに使用されています。画面を「行」に分けて管理し、一般的には各行をタップした際に詳細画面に移動します。

構造体を使った特定のセルのスワイプの設定について

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 132

haruka-t

score 70

struct Cell {
  var detail: [String]
  var lightswipe: Bool//detail
  var delete: Bool//delete

}

import UIKit

class ViewController: UIViewController,UITableViewDataSource,UITableViewDelegate{

  @IBOutlet weak var mytableView: UITableView!

  //構造体
  var titles: [String] = [] // title用
  var products: [Cell] = []//detail


  // numberOfRowsInSection省略

  func tableView(_ tableView: UITableView, cellForRowAt indexPath: IndexPath) -> UITableViewCell {
    let cell = UITableViewCell()
    let index = Int(floor(Double(indexPath.row / 2)))
    //セルタップ時のハイライトについて
    cell.selectionStyle = .none
    // title行
    if indexPath.row % 2 == 0 {

      guard titles.count > 0 else {
        return cell
      }


      let title = titles[index]
      cell.textLabel?.text = title
      //センター寄せ
      cell.textLabel!.textAlignment = NSTextAlignment.center
      cell.backgroundColor = UIColor(red: 0.0, green: 0.8, blue: 1.0, alpha: 0.3)

    // detail行
    } else {
      cell.backgroundColor = UIColor.lightGray
      let item = products[index]

      guard item.detail.count > 0 else {
        return cell
      }

      var labels: [UILabel] = []

      //labelについて
      for i in item.detail {
        let label = UILabel()
        label.backgroundColor = UIColor(red: 0.0, green: 0.8, blue: 0.9, alpha: 0.2)
        label.text = i


        // textLabel という名前の変数に格納された UILabel にフォントサイズの自動調整を設定します。
        label.adjustsFontSizeToFitWidth = true
        label.minimumScaleFactor = 10.0
        //丸みに対して
        label.layer.cornerRadius = 5
        label.layer.masksToBounds = true
        cell.contentView.addSubview(label)
        labels.append(label)
      }

      var preLabel: UILabel? = nil
      for l in labels {

        l.translatesAutoresizingMaskIntoConstraints = false
        if (preLabel == nil) {
          l.leftAnchor.constraint(equalTo: cell.contentView.leftAnchor, constant: 12).isActive = true
        } else {
          l.leftAnchor.constraint(equalTo: preLabel!.rightAnchor, constant: 20).isActive = true
        }
        cell.contentView.heightAnchor.constraint(equalTo: l.heightAnchor, multiplier: 1).isActive = true
        preLabel = l
      }

    }

    return cell
  }


  @IBAction func addcellbtr(_ sender: Any) {

    alertnormal()
  }

  func alertnormal()

 //右スワイプ
  func tableView(_ tableView: UITableView, trailingSwipeActionsConfigurationForRowAt indexPath: IndexPath) -> UISwipeActionsConfiguration? {

    //スワイプ出来るセルを限定する
/*146行目 */   if products[indexPath.row].lightswipe{
      return UISwipeActionsConfiguration(actions: [])
    }

    let edit = UIContextualAction(style: .normal,title: "追加", handler: { (action: UIContextualAction, view: UIView, success :(Bool) -> Void) in
      let alert = UIAlertController(title: "タイトル", message: "メッセージ", preferredStyle: .alert)

      // OKボタンの設定
      let okAction = UIAlertAction(title: "OK", style: .default, handler: {
        (action:UIAlertAction!) -> Void in

        // OKを押した時入力されていたテキストを表示
        if let textFields = alert.textFields {

          // アラートに含まれるすべてのテキストフィールドを調べる
          for textField in textFields {
            let name = textField.text!
            let index = Int(floor(Double(indexPath.row / 2)))

            self.products[index].detail.append(name)
            self.mytableView.reloadData()
          }
        }
      })
      alert.addAction(okAction)

      // キャンセルボタンの設定
      let cancelAction = UIAlertAction(title: "Cancel", style: .cancel, handler: nil)
      alert.addAction(cancelAction)

      // テキストフィールドを追加
      alert.addTextField(configurationHandler: {(textField: UITextField!) -> Void in
        textField.placeholder = "テキスト"
      })


      alert.view.setNeedsLayout() // シミュレータの種類によっては、これがないと警告が発生

      // アラートを画面に表示
      self.present(alert, animated: true, completion: nil)
      print("edit")

      success(true)
    })

    edit.backgroundColor = .blue

    let config = UISwipeActionsConfiguration(actions: [edit])
    config.performsFirstActionWithFullSwipe = false
    return config
  }



  // trueを返すことでCellのアクションを許可しています
  func tableView(_ tableView: UITableView, canEditRowAt indexPath: IndexPath) -> Bool {
    // detail行の場合は許可
    //return indexPath.row % 2 == 1
    if products.count > (indexPath.row + 1) {
      return true
    }else{
      return true
    }
  }


  func tableView(_ tableView: UITableView, heightForRowAt indexPath: IndexPath) -> CGFloat {
    if indexPath.row % 2 == 0 {

      guard titles.count > 0 else {
        return 25//必要なのか?
      }
      return 25
    }
    return 40 //自動設定
  }

  //左から右へスワイプ
  func tableView(_ tableView: UITableView,
                 leadingSwipeActionsConfigurationForRowAt indexPath: IndexPath) -> UISwipeActionsConfiguration? {

    //スワイプ出来るセルを限定する
/*227行目*/    if !titles[indexPath.row]{//エラー: Cannot convert value of type 'String' to expected argument type 'Bool'
      return UISwipeActionsConfiguration(actions: [])
    }    

    let deleteAction = UIContextualAction(style: .destructive, title: "Delete") { action, view, completionHandler in
      self.delete(indexPath)
      completionHandler(true)

    }

    let edit = UIContextualAction(style: .normal,title: "edit", handler: { (action: UIContextualAction, view: UIView, success :(Bool) -> Void) in

      let alert = UIAlertController(title: "タイトル", message: "メッセージ", preferredStyle: .alert)

      // OKボタンの設定
      let okAction = UIAlertAction(title: "OK", style: .default, handler: {
        (action:UIAlertAction!) -> Void in

        // OKを押した時入力されていたテキストを表示
        if let textFields = alert.textFields {

          // アラートに含まれるすべてのテキストフィールドを調べる
          for textField in textFields {
            let name = textField.text!
            self.titles.insert(name, at: 0)
          }
          self.products.append(Cell(detail: [], lightswipe: false, delete: false))
          self.mytableView.reloadData()

        }
      })
      alert.addAction(okAction)

      // キャンセルボタンの設定
      let cancelAction = UIAlertAction(title: "Cancel", style: .cancel, handler: nil)
      alert.addAction(cancelAction)

      // テキストフィールドを追加
      alert.addTextField(configurationHandler: {(textField: UITextField!) -> Void in
        textField.placeholder = "テキスト"
      })


      alert.view.setNeedsLayout() // シミュレータの種類によっては、これがないと警告が発生

      // アラートを画面に表示
      self.present(alert, animated: true, completion: nil)
      print("edit")

      success(true)
    })

    //deleteAction.backgroundColor = .orange
    edit.backgroundColor = .blue

    //return UISwipeActionsConfiguration(actions: [edit])
    //return UISwipeActionsConfiguration(actions: [deleteAction,edit])
   let config = UISwipeActionsConfiguration(actions: [deleteAction,edit])
   config.performsFirstActionWithFullSwipe = false
   return config

  }

  func tableView(_ tableView: UITableView, willSelectRowAt indexPath: IndexPath) -> IndexPath? {
    return indexPath
  }

  //cellの削除について
  func tableView(_ tableView: UITableView, editingStyleForRowAt indexPath: IndexPath) -> UITableViewCellEditingStyle {
    return products[indexPath.row].delete ? .delete : .none
  }
  //cellの削除について
  func tableView(_ tableView: UITableView, commit editingStyle: UITableViewCellEditingStyle, forRowAt indexPath: IndexPath) {
    if editingStyle == .delete {
      self.delete(indexPath)
    }
  }

  func delete(at indexPath: IndexPath) {
    var category = products[indexPath.row].detail
    category.remove(at: indexPath.row)
    titles.remove(at: indexPath.row)
    mytableView.deleteRows(at: [indexPath], with: .fade)
  }


  override func viewDidLoad() {
    super.viewDidLoad()
    mytableView.delegate = self
    mytableView.dataSource = self
    mytableView.backgroundColor = UIColor(red: 0.0, green: 0.8, blue: 1.0, alpha: 0.1)
    mytableView.separatorColor = UIColor.clear

    mytableView.reloadData()
  }



  override func didReceiveMemoryWarning() {
    super.didReceiveMemoryWarning()
    // Dispose of any resources that can be recreated.
  }


}

 やりたい事

titlesとなるセルは左スワイプ、detailとなるセルは右スワイプとセルの種類によって左右のスワイプを限定できる仕様にしたい。
titlesとなるセルをスワイプによってデリートする時にdetailのセルも同時にデリート出来るようにしたい。

できていること
右のスワイプに関しては構造体を使い、titlesとなるセルは右スワイプできない様になった。
困っていること
detailとなるセルに対してもスワイプできない様になってしまった。しようとすると落ちてしまう。
左に関するスワイプについてはtitlesがBool型じゃ無いとエラーが出ていてstringをBoolに変換する方法が分からないで困っています。

エラーコード
146: Fatal error: Index out of range
227: Cannot convert value of type 'String' to expected argument type 'Bool'

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

146: Fatal error: Index out of range

この仕組みの場合、title行は偶数行、detail行は奇数行に表示されるようになっています。
つまりそれぞれの配列のデータ数はテーブルの行数の半分になります。

一方で

indexPath.row


は単純にtableViewの行数を表現しているため、

products[indexPath.row]


とすると、ある時点でproductsのデータ数を超えるため、Fatal error: Index out of rangeになります。

227: Cannot convert value of type 'String' to expected argument type 'Bool'

titles[indexPath.row]


これが何を表しているのかを理解されていますでしょうか?

titlesはstring型の配列なので、上記はその中のデータの一つのため、string型です。
「stringをBoolに変換する」というがよくわかっていないのですが、stringのisEmptyなどを用いて空文字判定(=Bool判定)などはできると思います。

ただ、
>左に関するスワイプについてはtitlesがBool型じゃ無いとエラーが出ていてstringをBoolに変換する方法が分からない

これは何をされようとしていますでしょうか?

ご質問内容のやられたいこととしては、
detail行は左スワイプをできないようにする?
だと思いますので、

indexPath.rowからdetail行を判定して、detail行の場合は処理をしないという条件に変えればよいと思います。(title行は偶数行、detail行は奇数行です。)

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/05/20 09:09

    >左に関するスワイプについてはtitlesがBool型じゃ無いとエラーが出ていてstringをBoolに変換する方法が分からない

    に関しては私のエラー文の解釈ミスですので気になさらないで大丈夫です。
    スワイプに関しては理解できましたのでやってみます。
    デリート処理に関してなのですがtitleかdetailかの一方だけをデリートする処理は本やネットの記事などで分かるのですがtitleとdetailを1つのセットにしてデリートしたい場合のやり方が分からないのでそれだけ教えて頂けませんか?

    キャンセル

  • 2018/05/20 14:39

    削除対象する行がわかっていれば、title行の次の行に削除したいdetail行がくるので

    let detailIndexPath = IndexPath(row: indexPath.row + 1, section: indexPath.section)
    mytableView.deleteRows(at: [indexPath, detailIndexPath], with: .fade)
    などでできませんでしょうか?

    ※ただし、ここで使用しているindexPathのままですとデータ数を超えてしまうため、titlesとproductsの配列から削除するデータの位置は調整する必要があると思いますが。

    キャンセル

  • 2018/05/20 14:53

    試してみましたがsignal sigbrtで落ちました。
    恐らく指摘して頂いたindexPathに問題があると思うので再考してみます。

    それと下記の様にスワイプを出来るセルについての処理なんですが@newmtさんに教えて頂いたisEmptyで判定に関する処理を書いているのですがif文の中をどうすればdetailのスワイプを制限できるのでしょうか?
    今の状態ですとifの中にreturn UISwipeActionsConfiguration(actions: [])を書くとtitle・detailのセル両方ともスワイプ出来なくなります。またelseに書くと両方とも出来るかでしか判定が出来なくて困っています。
    //スワイプ出来るセルを限定する
    if !titles.isEmpty{
    //detailに関する処理を書く
    }else{
    return UISwipeActionsConfiguration(actions: [])
    }

    キャンセル

  • 2018/05/20 15:01

    !titles.isEmptyはあくまでもたとえで提示しただけです。わかりづらくしてしまい、誠に申し訳ございません。
    本当に必要な処理は最後に記載した
    indexPath.rowからdetail行を判定して、detail行の場合は処理をしないという条件に変えればよいと思います。(title行は偶数行、detail行は奇数行です。)
    の部分です。

    キャンセル

  • 2018/05/20 15:13

    私の理解力が乏しくて勘違いしてしまいすいません。
    下記の様にしたら出来ました。
    この形で実行して大丈夫だったのですが@newmtさんが考えていたコードと合っていましたか?
    //スワイプ出来るセルを限定する
    if indexPath.row % 2 == 1{ //除算で判定する
    //detailに関する処理を書く
    }else{
    return UISwipeActionsConfiguration(actions: [])
    }

    キャンセル

  • 2018/05/20 22:59

    @newmtさんのデリート処理に関して試してみましたが出来ませんでした。その為、私なり思いつく方法でデリート処理をについて考えて試してみましたがindexPathの取得を上手く出来ずにIndex out of rangeのエラーが起きてしまいどうしても分からないので教えて頂けませんか?
    https://teratail.com/questions/127105

    キャンセル

  • 2018/05/22 03:03

    夜遅くにすいません。以下の様にしたらtitleとdetailセルを同時に削除できました。
    @newmtさんのアドバイスのお陰で時間は掛かりましたが私自身で解決することが出来ました。
    本当にありがとうございました。
    self.titles.remove(at: indexPath.row)
    self.products.remove(at: indexPath.row)
    mytableView.reloadData()

    キャンセル

  • 2018/05/23 06:43

    すいません。仕事で見れていませんでした。解決できて何よりです。

    キャンセル

  • 2018/05/23 19:36

    @newmt さん
    今、cell内のlabelををタップした時の処理などを書いているのですが困っている点がいくつかあります。
    ラベルを長押しやダブルクリックした際のGestureの処理を書いているのですが、lablesのインスタンスがcellForRowAt内にある為、Gestureのコードにlabelsを紐づける事が出来ずに困っています。
    大変お忙しいと思いますがお時間のある時に教えて頂けると幸いです。
    https://teratail.com/questions/127481

    キャンセル

  • 2018/06/21 01:18

    お久しぶりです。
    realmの使い方で躓いてしまって解決の方法がわからなくて困っています。
    もしお時間ありましたらご教授頂けないでしょうか?
    お願いします。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.84%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • Swift

    6486questions

    Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

  • Xcode

    3749questions

    Xcodeはソフトウェア開発のための、Appleの統合開発環境です。Mac OSXに付随するかたちで配布されています。

  • iOS

    3683questions

    iOSとは、Apple製のスマートフォンであるiPhoneやタブレット端末のiPadに搭載しているオペレーションシステム(OS)です。その他にもiPod touch・Apple TVにも搭載されています。

  • TableView

    101questions

    TableView(UITableView)とは、リスト形式で表示するコントロールで、ほとんどのアプリに使用されています。画面を「行」に分けて管理し、一般的には各行をタップした際に詳細画面に移動します。