質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.83%

  • C

    3351questions

    C言語は、1972年にAT&Tベル研究所の、デニス・リッチーが主体となって作成したプログラミング言語です。 B言語の後継言語として開発されたことからC言語と命名。そのため、表記法などはB言語やALGOLに近いとされています。 Cの拡張版であるC++言語とともに、現在世界中でもっとも普及されているプログラミング言語です。

  • C++

    3142questions

    C++はC言語をもとにしてつくられた最もよく使われるマルチパラダイムプログラミング言語の1つです。オブジェクト指向、ジェネリック、命令型など広く対応しており、多目的に使用されています。

BitBltによる画像表示について

解決済

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 180

mentos109

score 14

現在C++でGUIアプリケーションを作成しているのですが、ウィンドウに画像を表示させたいです。
調べると、画像を表示するにはメッセージループのWM_PAINTの箇所に該当する記述を追加する必要があるということでしたが、
これらの記述を外部の自作関数内などに移し、関数を呼び出してみたところ、うまく行きませんでした。
なぜWM_PAINT内でないとうまく動かないのでしょうか?また、WM_PAINT内の記述がかなり多くなり煩雑になりそうなのですが、回避する方法はありますか?

記述は以下のとおりです。

    PAINTSTRUCT ps;
    HDC hdc = BeginPaint(hWnd, &ps);
    HDC hMdc = CreateCompatibleDC(hdc);

    SelectObject(hMdc, LoadBitmap(hInst, MAKEINTRESOURCE(IDB_BITMAP1)));

    BitBlt(hdc, 0, 0, 100, 100, hMdc, 0, 0, SRCCOPY);

よろしくお願いします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

+3

なぜWM_PAINT内でないとうまく動かないのでしょうか?

そういう仕様だからとしか言いようがないのですが。
BeginPaint関数はWM_PAINTメッセージハンドラーから呼び出すことを前提としています。そのことは公式のリファレンスにも明記されています。APIを利用する際は、ちゃんとリファレンスを読んで使い方を理解しましょう。

そもそも、WM_PAINTメッセージは、ウィンドウを描画する必要があるとシステムが判断したときに当該のウィンドウに送られるものなので、きちんと書かないとウィンドウの表示が乱れます。例えば、あるウィンドウの上に別のウィンドウを重ねて一部あるいは全部を覆い隠したとします。手前のウィンドウを動かして奥のウィンドウが現れたときに、隠されていた部分を描画し直さないといけないわけですが、それを知らせるのがWM_PAINTメッセージです。WM_PAINTメッセージをきちんと処理しないと、表示が欠けたり、ゴミデータが表示されたりします。

WM_PAINT内の記述がかなり多くなり煩雑になりそうなのですが、回避する方法はありますか? 

複雑な描画を行う場合は、バックバッファー(オフスクリーンバッファーとも言う。裏画面などと言うことも)というテクニックを使うのが一般的です。これにより、表示と描画が切り離せます。また、WM_PAINTで複雑な描画を行うと表示がちらつくことがあるので、それの抑制にもなります。

まず、ウィンドウの描画領域と同じサイズのビットマップを作成します。これをバックバッファーとします。ビットマップの作成にはCImageクラスの利用がお手軽で簡単です。Windows SDKに含まれているので、別途何かを用意する必要はありません。
WM_PAINTメッセージでは、バックバッファーを丸ごとウィンドウにコピー(BitBlt)する処理を書きます。ビットマップに描画した内容が表示に反映されるようになります。

これで、描画処理とWM_PAINTを切り離すことができました。あとは、アプリの都合が良いタイミングでビットマップに描画を行い、InvalidateRect関数でウィンドウに表示の変更を伝えるだけです。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/04/28 12:31

    よくわかりました。仕様だったのですね。
    また、対処方法も非常に参考になりました。ありがとうございました。

    キャンセル

checkベストアンサー

0

// image.h
#pragma once

#include <Windows.h>

typedef struct tagImage {
    int        nWidth;            // 横幅
    int        nHeight;        // 縦幅
    HDC        hdc;            // デバイスコンテキスト
    HBITMAP hbmp;            // ビットマップハンドル
}IMAGE, *LPIMAGE;

int CreateImage(IMAGE* image, HWND hWnd, int width, int height);
int CreateImageFromFileA(IMAGE* image, HWND hWnd, const char* filename);
int CreateImageFromFileW(IMAGE* image, HWND hWnd, const wchar_t* filename);
#ifdef UNICODE
#define CreateImageFromFile CreateImageFromFileW
#else
#define CreateImageFromFile CreateImageFromFileA
#endif

int BltImage(IMAGE* dst, int x, int y, IMAGE* scr, RECT scr_r, DWORD flag);
int DeleteImage(IMAGE* image);
#include "Image.h"
#include <cassert>

int CreateImage(
        IMAGE * image,            //    画像を作成するためのポインタ
        HWND    hWnd,            //    ウィンドウハンドル
        int width, int height)    //    作成する横幅と縦幅
{
    HDC hdc;
    hdc = GetDC(hWnd);

    // 仮想画面とDCの作成
    image->hbmp = CreateCompatibleBitmap(hdc, width, height);
    image->hdc = CreateCompatibleDC(hdc);    
    ReleaseDC(hWnd, hdc);

    if (image->hbmp == NULL && image->hbmp == nullptr ||
        image->hdc == NULL && image->hdc == nullptr)
    {
        return -1;
    }

    // 関連付け
    SelectObject(image->hdc, image->hbmp);

    image->nWidth = width;
    image->nHeight = height;

    // 画面クリア(白)
    BitBlt(image->hdc, 0, 0, width, height, nullptr, 0, 0, WHITENESS);
    return 1;
}

int CreateImageFromFileA(
    IMAGE*        image,        // 画像格納用変数ポインタ 
    HWND        hWnd,        // ウィンドウハンドル
    const char* filename)    // 読み込むファイル名
{
    HDC            hdc;
    HINSTANCE    hInst;
    BITMAP        bmp;

    // ファイルから読み込む
    hInst = (HINSTANCE)GetWindowLongA(hWnd, GWL_HINSTANCE);
    image->hbmp = (HBITMAP)LoadImageA(hInst, filename, IMAGE_BITMAP, 0, 0,
        LR_LOADFROMFILE | LR_CREATEDIBSECTION);

    // DCの作成
    hdc = GetDC(hWnd);
    image->hdc = CreateCompatibleDC(hdc);
    ReleaseDC(hWnd, hdc);

    if (image->hbmp == NULL && image->hbmp == nullptr ||
        image->hdc == NULL && image->hdc == nullptr)
    {
        return -1;
    }

    // 関連付け
    SelectObject(image->hdc, image->hbmp);

    // ビットマップ情報の取得
    GetObjectA(image->hbmp, sizeof(BITMAP), (void*)&bmp);
    image->nWidth = bmp.bmWidth;
    image->nHeight = bmp.bmHeight;
    return 1;
}

int CreateImageFromFileW(
            IMAGE*    image,                // 画像格納用変数ポインタ 
            HWND    hWnd,                // ウィンドウハンドル
            const wchar_t* filename)    // 読み込むファイル名
{
    HDC            hdc;
    HINSTANCE    hInst;
    BITMAP        bmp;

    // ファイルから読み込む
    hInst = (HINSTANCE)GetWindowLongW(hWnd, GWL_HINSTANCE);
    image->hbmp = (HBITMAP)LoadImageW(hInst, filename, IMAGE_BITMAP, 0, 0,
        LR_LOADFROMFILE | LR_CREATEDIBSECTION);

    // DCの作成
    hdc = GetDC(hWnd);
    image->hdc = CreateCompatibleDC(hdc);
    ReleaseDC(hWnd, hdc);

    if (image->hbmp == NULL && image->hbmp == nullptr ||
        image->hdc == NULL && image->hdc == nullptr)
    {
        return -1;
    }

    // 関連付け
    SelectObject(image->hdc, image->hbmp);

    // ビットマップ情報の取得
    GetObjectW(image->hbmp, sizeof(BITMAP), (void*)&bmp);
    image->nWidth = bmp.bmWidth;
    image->nHeight = bmp.bmHeight;
    return 1;
}

int BltImage(
        IMAGE*    dst,    // 転送先イメージ 
        int        x,        // 表示先X座標
        int        y,        // 表示先Y座標
        IMAGE*    scr,    // 表示元イメージ
        RECT    scr_r,    // 表示元領域
        DWORD    flag)    // 転送フラグ

{
    int w = scr_r.right - scr_r.left;
    int h = scr_r.bottom - scr_r.top;

    BitBlt(dst->hdc, x, y, w, h, scr->hdc, scr_r.left, scr_r.top, flag);
    return 0;
}

int DeleteImage(IMAGE* image)
{
    DeleteDC(image->hdc);
    DeleteObject(image->hbmp);

    image->hdc = nullptr;
    image->hbmp = nullptr;
    return 1;
}

こちらにある CreateImage関数、CreateImageFromFile関数、BltImage関数、DeleteImage関数の4つを使えば簡単に画像の表示ができます。
CreateImage関数でメモリDCを作成し、そのメモリDCに対して BltImage関数で描画、BltBltでウィンドウのデバイスコンテキストに描画、WM_DESTROYメッセージでそのメモリDCを削除します。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/04/29 16:38

    コードを用いた、詳しいご説明ありがとうございます。
    今後はこのように記述しようと思います。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.83%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

  • 解決済

    絵の描き方

    上の絵のような桜の花びらを描きたいのですが、どのようにすれば描けるのでしょうか? ピンク色の正方形から花びらの形に削ればいいようなことが載っていましたが削り方がわかりませ

  • 解決済

    C言語における画像処理について

    プログラミング初心者です 今、学校でC言語を習っている途中の初心者です。今回、C言語における画像処理の基礎的なことを学んだのですが、その後自分で試してみようとしたらうまくいきませ

  • 受付中

    javaのKeyイベントが機能しない

    javaでペイントツールを作成しているのですがKeyイベントを追加した結果、実行は出来るのですが、指定したキーを入力しても反応しません。何が原因でしょうか? import j

  • 解決済

    visual studio 出力の文字化け

    文字化けをなくしたいです Visual studio 2017を使っています。 猫でもわかるプログラミングの通りにしていたら、下の写真のように文字化けしてしまいました。 宜しくお願

  • 解決済

    processingで扇型の図形を描く方法

    processingで扇型の図形を描くコードを教えていただきたいです。 よろしくお願いします。

  • 解決済

    Java初心者:カウントダウン後に画面遷移をしたいです

    Java初心者の質問です。こちらのサイト https://www.javadrive.jp/tutorial/timer/index1.html を参考にタイマーが5、4、3・・と

  • 解決済

    アニメーションのスライドをコンテンツの背景に指定したい

    コーディング初心者です。 https://codepen.io/commte/pen/9cea425c37d39a2327fe28ee0c0b1d58 上記の用な交互にズー

  • 解決済

    特定環境でAlphaBlendが表示されない

     前提・実現したいこと GDI+で画像を表示後、その上にAlphaBlendで黒い半透明のマスクを描画し、 かつ、特定の矩形のみマスクしないように表示したいと思っています。 ※全体

同じタグがついた質問を見る

  • C

    3351questions

    C言語は、1972年にAT&Tベル研究所の、デニス・リッチーが主体となって作成したプログラミング言語です。 B言語の後継言語として開発されたことからC言語と命名。そのため、表記法などはB言語やALGOLに近いとされています。 Cの拡張版であるC++言語とともに、現在世界中でもっとも普及されているプログラミング言語です。

  • C++

    3142questions

    C++はC言語をもとにしてつくられた最もよく使われるマルチパラダイムプログラミング言語の1つです。オブジェクト指向、ジェネリック、命令型など広く対応しており、多目的に使用されています。