質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.61%

  • Python

    7539questions

    Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

  • Python 3.x

    5949questions

    Python 3はPythonプログラミング言語の最新バージョンであり、2008年12月3日にリリースされました。

さくらレンタルサーバーでpip installができません

受付中

回答 3

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 831

tarrys

score 2

 前提・実現したいこ

こんにちは。
さくらレンタルサーバーでpipによるライブラリの追加ができません。
さくらレンタルサーバーのプランはスタンダードプランで、
すでにpython3.6、pipは追加済みとなります。

動作環境
・python3.6
・bashシェル
・pip9.0.3

$ ~/.pyenv/versions/3.6.5/lib/python3.6]$ pip --version
pip 9.0.3 from /home/○○○/.pyenv/versions/3.6.5/lib/python3.6/site-packages (python 3.6)

 発生している問題・エラーメッセージ

どこでエラーが起きているのかというと、

$ ~/.pyenv/versions/3.6.5/lib/python3.6]$ pip install orator

を実行すると

Retrying (Retry(total=4, connect=None, read=None, redirect=None, status=None)) after connection broken by 'SSLError(SSLError(1, '[SSL: TLSV1_ALERT_PROTOCOL_VERSION] tlsv1 alert protocol version (_ssl.c:833)'),)': /simple/orator/
  Retrying (Retry(total=3, connect=None, read=None, redirect=None, status=None)) after connection broken by 'SSLError(SSLError(1, '[SSL: TLSV1_ALERT_PROTOCOL_VERSION] tlsv1 alert protocol version (_ssl.c:833)'),)': /simple/orator/
  Retrying (Retry(total=2, connect=None, read=None, redirect=None, status=None)) after connection broken by 'SSLError(SSLError(1, '[SSL: TLSV1_ALERT_PROTOCOL_VERSION] tlsv1 alert protocol version (_ssl.c:833)'),)': /simple/orator/
  Retrying (Retry(total=1, connect=None, read=None, redirect=None, status=None)) after connection broken by 'SSLError(SSLError(1, '[SSL: TLSV1_ALERT_PROTOCOL_VERSION] tlsv1 alert protocol version (_ssl.c:833)'),)': /simple/orator/
  Retrying (Retry(total=0, connect=None, read=None, redirect=None, status=None)) after connection broken by 'SSLError(SSLError(1, '[SSL: TLSV1_ALERT_PROTOCOL_VERSION] tlsv1 alert protocol version (_ssl.c:833)'),)': /simple/orator/
  Could not fetch URL https://pypi.python.org/simple/orator/: There was a problem confirming the ssl certificate: HTTPSConnectionPool(host='pypi.python.org', port=443): Max retries exceeded with url: /simple/orator/ (Caused by SSLError(SSLError(1, '[SSL: TLSV1_ALERT_PROTOCOL_VERSION] tlsv1 alert protocol version (_ssl.c:833)'),)) - skipping
  Could not find a version that satisfies the requirement orator (from versions: )
No matching distribution found for orator


と表示がされます。

ローカルでも同じ環境でうまくできているので、なにかさくらレンタルサーバー特有の事情があるのかもしれません。
念のため、さくらサポートセンターにも同じことを問い合わせしているところですが、
ここまでの情報で何か解決法がお分かりになる方がいればご教授いただければと思います。

それではよろしくお願いいたします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 3

+1

※ さくらのレンタルサーバーでサポートをしているものは

Perl     5.14.x (※5.8.x、5.10.x、5.12.x)
Ruby     1.8.x
Python     2.7.x
PHP     5.6.x (※4.4.x、5.2.x、5.3.x、5.4.x、7.1.x)

となるのであなたが勝手に入れた pip,pyenv(python 3.6) はサポート対象外になりますので問合せしてもその旨で断られるでしょう

エラーメッセージを検索して自分で対処できないなら最初から 3.6 が標準対応しているレンタルサーバーを利用しましょう。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/04/22 20:14

    ご回答いただきありがとうございます。

    確かに言われてみればサポート外で断られる可能性が高いですね。。。

    先ほど別の箇所でおっしゃっていた、
    >というか独自にインストールした pyenv にSSLを適用してないだけだと思うが

    について、恐れ入りますが詳しく教えていただけますでしょうか。

    キャンセル

0

'SSLError(SSLError(1, '[SSL: TLSV1_ALERT_PROTOCOL_VERSION] tlsv1

さくらにtlsv1の利用したSSL通信をしているか
聞いてみるべきですね。

ライブラリをダウンロードしてローカルからのpipでしょうか。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/04/22 19:53

    というか独自にインストールした pyenv にSSLを適用してないだけだと思うが

    キャンセル

  • 2018/04/22 19:54

    ※ ~/ 以下に展開されているのは利用者が独自に入れたツールもしくは改変してもいいもの

    キャンセル

  • 2018/04/22 21:07

    asahina1979様

    コメントありがとうございました。

    pipで
    ~/.pyenv/versions/3.6.5/lib/python3.6]$ pip install orator

    とする事情がわかりました。

    キャンセル

0

私も同じ環境で同様の状態に陥っていましたが,以下の作業でpipが問題なく(普通に)利用できるようになりました.

  1. 最新版のopensslをインストールする.sudoはできないのでoptionでインストール先を指定する.例えば,$HOME/opt/opensslなど.
  2. pyenvで入れたpythonを一度uninstallする.
  3. 環境変数を変更する.私の場合は.cshrcを編集. 
  4. 再度pyenv installで必要なものを入れる.

これでpip version 9 が使えるようになるのでpip install -U pipをすれば最新版になります.
何か余計な作業が含まれているかもしれませんが,参考までにどうぞ.

# add followings to .schrc
setenv PATH $HOME/opt/openssl/bin
setenv CPPLAGS -I$(HOME)/opt/openssl/include
setenv LDFLAGS -L$(HOME)/opt/openssl/lib

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.61%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • Python

    7539questions

    Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

  • Python 3.x

    5949questions

    Python 3はPythonプログラミング言語の最新バージョンであり、2008年12月3日にリリースされました。