質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
85.53%
Go

Go(golang)は、Googleで開発されたオープンソースのプログラミング言語です。

WebSocket

WebSocketとは双方向・全二重コミュニケーションのためのAPIでありプロトコルのことを指します。WebSocketはHTML5に密接に結びついており、多くのウェブブラウザの最新版に導入されています。

Q&A

解決済

1回答

1695閲覧

Lorca実行時エラー「websocket.Dialのbad status exit status 1」を解決したい

kamuycikap

総合スコア135

Go

Go(golang)は、Googleで開発されたオープンソースのプログラミング言語です。

WebSocket

WebSocketとは双方向・全二重コミュニケーションのためのAPIでありプロトコルのことを指します。WebSocketはHTML5に密接に結びついており、多くのウェブブラウザの最新版に導入されています。

0グッド

0クリップ

投稿2023/03/17 00:31

編集2023/05/25 01:25

Lorca実行時エラー「websocket.Dialのbad status exit status 1」を解決したい

Lorcaを利用した実行ファイルを起動すると、websocketエラーが表示され異常終了する。
以前動作していたプログラムやサンプルプログラムも同様の症状に見舞われる。
原因追求と解決したいのですが、皆目検討もつかずです。
原因追求のための調査方法など、アドバイスいただければ幸いです。

前提

  • 過去、同環境でgo run .でLorcaプログラムが動いていた。
  • 動かなくなる前にOSのアップデートとアップグレードを行った。

環境

$ lsb_release -a

No LSB modules are available.
Distributor ID: Ubuntu
Description: Ubuntu 22.04.2 LTS
Release: 22.04
Codename: jammy

発生している問題・エラーメッセージ

プログラムを実行すると下記のエラーが発生。
コンパイル後の実行ファイルを起動しても同様。

bash

1$ go run . 22023/03/17 08:28:52 websocket.Dial ws://127.0.0.1:37429/devtools/browser/3982a3cc-de52-4b45-b7b2-478bca5a0c80: bad status

該当のソースコード

特定のソースコードではなく、過去に動作していたLorcaプログラム全て。

試したこと

下記の内容を順番に試しましたが結果同じでした。

  1. 別PCを準備
  2. Ubuntu22.04LTSをインストール
  3. Lorcaライブラリのインストール
  4. LorcaライブラリのExample実行 → 正常動作
  5. Ubuntu22.04LTSをアップデート・アップグレード
  6. LorcaライブラリのExample実行 → 動作せず

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもMYページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

バッドをするには、ログインかつ

こちらの条件を満たす必要があります。

melian

2023/03/17 02:12 編集

Lorca の GitHub リポジトリを眺めてみると、同様の問題が issue に上がっています。(2023/3/8付け) Google Chrome の場合という前提ですが、解決策が記載されています。 websocketDebugUrl can not connected · Issue #183 · zserge/lorca https://github.com/zserge/lorca/issues/183
kamuycikap

2023/03/17 06:13

あら・・・お恥ずかしい限りです。 フィルターの検索ミスですね。 早速参考にさせていただきました。
guest

回答1

0

自己解決

optionを追加して解決

アドバイスありがとうございます。
確かに、issueに書き込みがなされていますね。
下記の通り、Lorca.Newのオプションを司る引数にオプション追加して解決しました。

go

1 args = append(args, "--start-fullscreen") // 起動時最大化(追加) 2 args = append(args, "--remote-allow-origins=*") // websocket.Dialのbad statusを回避するオプション(追加) 3 ui, err := lorca.New("", "", 480, 320, args...) 4

ui.goの編集でもOK

ライブラリのui.goを直接編集してもいけました。

go

1var defaultChromeArgs = []string{ 2 "--disable-background-networking", 3 "--disable-background-timer-throttling", 4 "--disable-backgrounding-occluded-windows", 5    ※途中省略 6// "--enable-automation", 7 "--disable-automation", // <- 自動テスト ソフトウェアによって制御されています」を消す 8 "--start-fullscreen", // <- 起動時最大化 9 "--password-store=basic", 10 "--use-mock-keychain", 11 "--remote-allow-origins=*", // <- websoket.Dialのbad statusエラーを出さない 12}

投稿2023/03/17 06:12

編集2023/05/24 16:25
kamuycikap

総合スコア135

バッドをするには、ログインかつ

こちらの条件を満たす必要があります。

あなたの回答

tips

太字

斜体

打ち消し線

見出し

引用テキストの挿入

コードの挿入

リンクの挿入

リストの挿入

番号リストの挿入

表の挿入

水平線の挿入

プレビュー

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
85.53%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問