質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
85.54%
Terraform

Terraformは、インフラ構築のためのツールです。AWS/DigitalOcean/GoogleCloudといった様々なインフラに対応。インフラ構成のコード管理や変更の作業などの手間を自動化し、インフラ構築の効率化を図ることができます。

Q&A

解決済

1回答

1905閲覧

【Terraform】Terraform apply時にstatus code: 400が表示され、applyが通りません

YumiSakura

総合スコア101

Terraform

Terraformは、インフラ構築のためのツールです。AWS/DigitalOcean/GoogleCloudといった様々なインフラに対応。インフラ構成のコード管理や変更の作業などの手間を自動化し、インフラ構築の効率化を図ることができます。

0グッド

0クリップ

投稿2022/06/14 02:33

編集2022/06/17 01:51

実現したいこと

Terraform applyを通したい

前提

フォルダ構成は下記の通りです。
(stg,prodはdevと同じ構成)

git管理フォルダ └env | └dev | └main.tf | └variables.tf | └terraform.tfvars | └stg | └prod | └modules  └vpc └main.tf └variables.tf └output.tf └ec2 └main.tf └variables.tf └output.tf └aurora └main.tf └variables.tf

発生している問題・エラーメッセージ

Error: error creating Security Group (sg_aurora): InvalidVpcID.NotFound: The vpc ID 'aws_vpc.vpc.id' does not exist │ status code: 400, request id: 00d45532-5ed5-4163-a3df-9f395fe60fb0 │ with module.aurora.aws_security_group.sg_aurora, │ on ../../module/aurora/main.tf line 2, in resource "aws_security_group" "sg_aurora": │ 2: resource "aws_security_group" "sg_aurora" { Error: Error creating DB Subnet Group: InvalidParameterValue: Some input subnets in :[var.private_sub1, var.private_sub2] are invalid. │ status code: 400, request id: 4494b123-a94f-4d6f-ba1d-330602baad17 │ with module.aurora.aws_db_subnet_group.db_group, │ on ../../module/aurora/main.tf line 32, in resource "aws_db_subnet_group" "db_group": │ 32: resource "aws_db_subnet_group" "db_group" { │Error: error creating Security Group (sg-ec2): InvalidParameterValue: Value (sg-ec2) for parameter GroupName is invalid. Group names may not be in the format sg-*. │ status code: 400, request id: dd706655-1387-4caf-a674-246383e4eef9 │ with module.ec2.aws_security_group.sg_ec2, │ on ../../module/ec2/main.tf line 2, in resource "aws_security_group" "sg_ec2": │ 2: resource "aws_security_group" "sg_ec2" {

エラー対象のコード

ec2/main.tf
# セキュリティグループ作成 resource "aws_security_group" "sg_ec2" { name = "sg-ec2" description = "Allow ssh inbound traffic" vpc_id = var.vpc_id tags = { Name = "${var.env}-sg" } ingress { description = "SSH from VPC" from_port = 22 to_port = 22 protocol = "tcp" cidr_blocks = ["118.241.238.210/32"] } egress { from_port = 0 to_port = 0 protocol = "-1" cidr_blocks = ["0.0.0.0/0"] } } # インスタンス作成 resource "aws_instance" "ec2" { ami = "ami-02c3627b04781eada" instance_type = "t2.micro" key_name = "samurai" vpc_security_group_ids = [aws_security_group.sg_ec2.id] root_block_device { volume_size = 8 volume_type = "gp2" } subnet_id = var.public tags = { Name = "${var.env}-ec2" } }
ec2/outputs.tf
output "env" { value = var.env } output "vpc_id" { value = "aws_vpc.vpc.id" } output "private_sub1" { value = "aws_subnet.private1.id" } output "private_sub2" { value = "aws_subnet.private2.id" }
dev/main.tf
terraform { required_version = ">= 0.12" backend "s3" { bucket = "dev-terraform-module" key = "terraform.tfstate" region = "ap-northeast-1" } } provider "aws" { region = "ap-northeast-1" } # variables.tfの値を参照する # vpcモジュールを呼び出す module "vpc" { source = "../../module/vpc" env = var.env cidr = var.cidr } # ec2モジュールを呼び出す module "ec2" { source = "../../module/ec2" env = var.env vpc_id = module.vpc.vpc_id public = module.vpc.public } #auroraモジュールを呼び出す module "aurora" { source = "../../module/aurora" env = var.env vpc_id = module.vpc.vpc_id private_sub1 = module.vpc.private_sub1 private_sub2 = module.vpc.private_sub2 sg_ec2 = module.ec2.sg_ec2 }
aurora/variables.tf
riable "env" { type = string } variable "vpc_id" { type = string } variable "private_sub1" { type = string } variable "private_sub2" { type = string } variable "sg_ec2" { type = string }
aurora/main.tf
# セキュリティグループ作成 resource "aws_security_group" "sg_aurora" { name = "sg_aurora" vpc_id = var.vpc_id tags = { Name = "${var.env}-sg_aurora" } egress { from_port = 0 to_port = 0 protocol = "-1" cidr_blocks = ["0.0.0.0/0"] } } #許可するセキュリティルール resource "aws_security_group_rule" "sb_rule_aurora" { type = "ingress" from_port = 3306 to_port = 3306 protocol = "tcp" #inしていいセキュリティグループID source_security_group_id = aws_security_group.sg_ec2.id #このセキュリティルールの関連付け対象であるセキュリティグループ security_group_id = aws_security_group.sg_aurora.id } # dbサブネットグループ作成 resource "aws_db_subnet_group" "db_group" { name = "tf_db_group" subnet_ids = [var.private_sub1, var.private_sub2] tags = { Name = "terraform module subnet group" } } # auroraリソース作成 resource "aws_rds_cluster" "aurora_terraform_module" { cluster_identifier = "aurora-cluster" engine = "aurora-mysql" engine_version = "5.7.mysql_aurora.2.10.2" database_name = "mydb" #username,passwordは変えています master_username = "・・・・" master_password = "・・・・" db_subnet_group_name = aws_db_subnet_group.db_group.name vpc_security_group_ids = aws_security_group.sg_aurora.id }

調べた、実践したこと

ec2/main.tfsg-*という記載がダメだということで、 sg_ec2に書き換えました。

他の2種類のエラーについてはdev/main.tfに、”各moduleを参照する"という意味合いで書いたコードの書き方が間違っていると思い、terraform registryのData Source: aws_vpcを参考に書き換えましたが、そうするとplanが通りませんでした。

書き換えた内容(Data Source: aws_vpcを参考に)

aurora/variables.tfの

variable "vpc_id" { type = string }

variable "vpc_id" {} data "aws_vpc" "vpc" { id = var.vpc_id }

に書き換え、

dev/main.tfの

module "aurora" { source = "../../module/aurora" env = var.env vpc_id = module.vpc.vpc_id private_sub1 = module.vpc.private_sub1 private_sub2 = module.vpc.private_sub2 sg_ec2 = module.ec2.sg_ec2 }

module "aurora" { source = "../../module/aurora" env = var.env vpc_id = data.aws_vpc.vpc.id private_sub1 = module.vpc.private_sub1 private_sub2 = module.vpc.private_sub2 sg_ec2 = module.ec2.sg_ec2 }

に書き換えました。

お願いしたいこと

400エラーがクライアント側に問題があるという意味で、variablesやoutputの書き方が間違っていると思いました。
着目点の間違いや解決方法を教えてください。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもMYページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

バッドをするには、ログインかつ

こちらの条件を満たす必要があります。

guest

回答1

0

ベストアンサー

自分もTerraform勉強中なので見当違いだったらすいませんが、気になったところを書いておきますmm

  • aurora/variables.tfdata を書いていますが、dataはすでにあるリソースを参照するために使うものなので、今回は module.vpc.vpc_id をそのまま渡す元の形で良いと思いました。dataでもできると思いますが、その場合は、 dev/main.tf の方に書いたほうが良いと思います。

  • ec2/output.tf(これはvpc/outputs.tfのことかなと思って見てました)で、valueをダブルクォートで囲っているのが気になりました。これだと"aws_vpc.vpc.id"という文字列になっちゃいそうです。


各variables.tfの中身がわからないですが、基本的には、下記の流れで値を渡せば良いかなと思います。

  • ec2 / auroraのvariables.tfで、値を受け取れるようにする
variable "vpc_id" { type = string }
  • dev/main.tfで値を渡す
module "aurora" { ... vpc_id = module.vpc.vpc_id ... }
  • 各moduleのmain.tf内で値を利用
resource "aws_security_group" "sg_aurora" { ... vpc_id = var.vpc.id ... }

投稿2022/06/16 02:40

gtakat

総合スコア206

バッドをするには、ログインかつ

こちらの条件を満たす必要があります。

YumiSakura

2022/06/16 11:46

回答ありがとうございます! 仰っていた通り、valueを" "で囲っていたことが問題でした。 訂正したところ問題なくapplyできました! ありがとうございました!
guest

あなたの回答

tips

太字

斜体

打ち消し線

見出し

引用テキストの挿入

コードの挿入

リンクの挿入

リストの挿入

番号リストの挿入

表の挿入

水平線の挿入

プレビュー

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
85.54%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

同じタグがついた質問を見る

Terraform

Terraformは、インフラ構築のためのツールです。AWS/DigitalOcean/GoogleCloudといった様々なインフラに対応。インフラ構成のコード管理や変更の作業などの手間を自動化し、インフラ構築の効率化を図ることができます。