質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
VBA

VBAはオブジェクト指向プログラミング言語のひとつで、マクロを作成によりExcelなどのOffice業務を自動化することができます。

マクロ

定義された処理手続きに応じて、どのような一連の処理を行うのかを特定させるルールをマクロと呼びます。

解決済

VBA match関数を使用したエラーに関して(実行時エラー'1004':アプリケーション定義またはオブジェクト定義のエラーです)

mdspecial_2010
mdspecial_2010

総合スコア1

VBA

VBAはオブジェクト指向プログラミング言語のひとつで、マクロを作成によりExcelなどのOffice業務を自動化することができます。

マクロ

定義された処理手続きに応じて、どのような一連の処理を行うのかを特定させるルールをマクロと呼びます。

1回答

0リアクション

0クリップ

373閲覧

投稿2022/07/27 14:33

前提

複数のエクセルブック(※1)の一つのデータを
1つのブックに転記したい

※1:複数のエクセルブックは約200個

実現したいこと

複数のエクセルブックにある、ワークシート名「7月」に入力している、一つのデータを抽出する為に、
キーワード(特定の文字列)から行列を特定し、行を一つずらし、転記したいデータを
1つのブックに転記する

発生している問題・エラーメッセージ

実行時エラー '1004':
アプリケーション定義またはオブジェクト定義のエラーです

該当のソースコード

Option Explicit

Sub test_ver00()

Dim cnt
Dim cnt_2
Dim i
Dim file
Dim filebook
Dim test_1 As Workbook

cnt = Workbooks("Book1.xlsm").Sheets("sheet1").Range("a100000").End(xlUp).Row + 1 file = Application.GetOpenFilename(MultiSelect:=True) If IsArray(file) Then For Each filebook In file Workbooks.Open (filebook) Set getsuji_gb = ActiveWorkbook cnt_2 = 0 On Error Resume Next cnt_2 = WorksheetFunction.Match("今日の活動状況詳細*", Range("h1:h100"), 0) + 1 On Error GoTo 0 If cnt_2 <> 0 Then MsgBox "該当なし" Else

With Workbooks("Book1.xlsm").Sheets("Sheet1")

.Cells(cnt, 1).Value _
= test_1.Name

.Cells(cnt, 2).Value _
= test_1.Sheets("7月").Cells(cnt_2, 3).Value

cnt = cnt + 1

End With

End If

test_1.Close

Next

End If

試したこと

型をvariantにしたり、
イミディエイトではcnt_2の実行結果は出力されていることを確認しました

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

office365

以下のような質問にはリアクションをつけましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

リアクションが多い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

下記のような質問は推奨されていません。

  • 間違っている
  • 質問になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

適切な質問に修正を依頼しましょう。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

VBA

VBAはオブジェクト指向プログラミング言語のひとつで、マクロを作成によりExcelなどのOffice業務を自動化することができます。

マクロ

定義された処理手続きに応じて、どのような一連の処理を行うのかを特定させるルールをマクロと呼びます。