質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
ggplot2

ggplot2は、統計解析向けのプログラミング言語及びその開発実行環境であるR言語のグラフィック作成用のライブラリです。

R

R言語は、「S言語」をオープンソースとして実装なおした、統計解析向けのプログラミング言語です。 計算がとても速くグラフィックも充実しているため、数値計算に向いています。 文法的には、統計解析部分はS言語を参考にしており、データ処理部分はSchemeの影響を受けています。 世界中の専門家が開発に関わり、日々新しい手法やアルゴリズムが追加されています。

受付中

【ggplot】積み上げ棒グラフで軸の並びを変更したい

kka
kka

総合スコア2

ggplot2

ggplot2は、統計解析向けのプログラミング言語及びその開発実行環境であるR言語のグラフィック作成用のライブラリです。

R

R言語は、「S言語」をオープンソースとして実装なおした、統計解析向けのプログラミング言語です。 計算がとても速くグラフィックも充実しているため、数値計算に向いています。 文法的には、統計解析部分はS言語を参考にしており、データ処理部分はSchemeの影響を受けています。 世界中の専門家が開発に関わり、日々新しい手法やアルゴリズムが追加されています。

1回答

0評価

0クリップ

119閲覧

投稿2022/08/05 22:39

R version 4.0.3を使用しています。

ggplotで横向きの積み上げ棒グラフを描き、かつ合計値の順番にY軸の項目を並べたいです。
データはこのようになっています。

Id type count TPR_12 A 7 BP_C A 11 BP_C B 3 DJ A 8 DJ B 5 C_N A 9 C_N B 4 AAA A 4 AAA B 8 OG A 4 OG B 8 NA A 6 NA B 6 T10 A 7 T10 B 5 RV A 8 RV B 1

以下のように作図を行いました。

> data <- read.csv("test.csv") > p <- ggplot(data, aes(x=count, y=Id)) > p + geom_bar(stat="identity", aes(fill=type))

イメージ説明

このとき、typeAとBの合計値の順にIdを並べる方法が分かりません。
下の図は理想の図をエクセルで作ったものです。このようにcontの合計値順に並べたいです。
イメージ説明

ネットで検索すると、fct_reorder ?などがヒットするのですが、使い方が分からず困っています。

解決方法がお分かりでしたらご教授いただきたいです。

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

ggplot2

ggplot2は、統計解析向けのプログラミング言語及びその開発実行環境であるR言語のグラフィック作成用のライブラリです。

R

R言語は、「S言語」をオープンソースとして実装なおした、統計解析向けのプログラミング言語です。 計算がとても速くグラフィックも充実しているため、数値計算に向いています。 文法的には、統計解析部分はS言語を参考にしており、データ処理部分はSchemeの影響を受けています。 世界中の専門家が開発に関わり、日々新しい手法やアルゴリズムが追加されています。