質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
85.49%
PowerShell

Windows PowerShellはコマンドラインインターフェースであり、システム管理を含むWindowsタスク自動化のためのスクリプト言語です。

Q&A

解決済

1回答

1525閲覧

PowerShellでアルファチャンネルを維持したまま 特定画像ファイルからクリップボードに画像を入れたい。

KEN1115

総合スコア22

PowerShell

Windows PowerShellはコマンドラインインターフェースであり、システム管理を含むWindowsタスク自動化のためのスクリプト言語です。

0グッド

0クリップ

投稿2023/05/23 04:11

実現したいこと

PowerShellでアルファチャンネルを維持したまま
特定画像ファイルからクリップボードに画像を入れたい。
※目的を達成できれば後述のコードの方式には拘らない

前提

Windows10、VSCODE

発生している問題・エラーメッセージ

Add-Type : c:\Users\user\AppData\Local\Temp\vqylzdov.0.cs(14) : 型または名前空間名 'Imaging' は名前空間 'System.Windows.Media' に存在しません。アセンブリ参照が不足してい ます。 c:\Users\user\AppData\Local\Temp\vqylzdov.0.cs(13) : using System.Windows.Media; c:\Users\user\AppData\Local\Temp\vqylzdov.0.cs(14) : >>> using System.Windows.Media.Imaging; c:\Users\user\AppData\Local\Temp\vqylzdov.0.cs(15) : using System.Windows.Navigation; 発生場所 J:\batch\h\tテストmain.ps1:69 文字:1 + Add-Type $Source -ReferencedAssemblies $asm + ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ + CategoryInfo : InvalidData: (Microsoft.Power...peCompilerError:AddTypeCompilerError) [Add-Type]、Exception + FullyQualifiedErrorId : SOURCE_CODE_ERROR,Microsoft.PowerShell.Commands.AddTypeCommand Add-Type : c:\Users\user\AppData\Local\Temp\vqylzdov.0.cs(23) : 型 'System.Windows.UIElement' が参照されていないアセンブリで定義されています。アセンブリ 'PresentationCore , Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=31bf3856ad364e35' への参照を追加してください。 c:\Users\user\AppData\Local\Temp\vqylzdov.0.cs(22) : /// </summary> c:\Users\user\AppData\Local\Temp\vqylzdov.0.cs(23) : >>> public partial class MainWindow : Window c:\Users\user\AppData\Local\Temp\vqylzdov.0.cs(24) : { 発生場所 J:\batch\h\tテストmain.ps1:69 文字:1 + Add-Type $Source -ReferencedAssemblies $asm + ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ + CategoryInfo : InvalidData: (Microsoft.Power...peCompilerError:AddTypeCompilerError) [Add-Type]、Exception + FullyQualifiedErrorId : SOURCE_CODE_ERROR,Microsoft.PowerShell.Commands.AddTypeCommand Add-Type : c:\Users\user\AppData\Local\Temp\vqylzdov.0.cs(23) : 型 'System.Windows.IInputElement' が参照されていないアセンブリで定義されています。アセンブリ 'Presentation Core, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=31bf3856ad364e35' への参照を追加してください。 c:\Users\user\AppData\Local\Temp\vqylzdov.0.cs(22) : /// </summary> c:\Users\user\AppData\Local\Temp\vqylzdov.0.cs(23) : >>> public partial class MainWindow : Window c:\Users\user\AppData\Local\Temp\vqylzdov.0.cs(24) : { 発生場所 J:\batch\h\tテストmain.ps1:69 文字:1 + Add-Type $Source -ReferencedAssemblies $asm + ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ + CategoryInfo : InvalidData: (Microsoft.Power...peCompilerError:AddTypeCompilerError) [Add-Type]、Exception + FullyQualifiedErrorId : SOURCE_CODE_ERROR,Microsoft.PowerShell.Commands.AddTypeCommand Add-Type : c:\Users\user\AppData\Local\Temp\vqylzdov.0.cs(23) : 型 'System.Windows.Markup.IQueryAmbient' が参照されていないアセンブリで定義されています。アセンブリ 'Syste m.Xaml, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089' への参照を追加してください。 c:\Users\user\AppData\Local\Temp\vqylzdov.0.cs(22) : /// </summary> c:\Users\user\AppData\Local\Temp\vqylzdov.0.cs(23) : >>> public partial class MainWindow : Window c:\Users\user\AppData\Local\Temp\vqylzdov.0.cs(24) : { 発生場所 J:\batch\h\tテストmain.ps1:69 文字:1 + Add-Type $Source -ReferencedAssemblies $asm + ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ + CategoryInfo : InvalidData: (Microsoft.Power...peCompilerError:AddTypeCompilerError) [Add-Type]、Exception + FullyQualifiedErrorId : SOURCE_CODE_ERROR,Microsoft.PowerShell.Commands.AddTypeCommand Add-Type : c:\Users\user\AppData\Local\Temp\vqylzdov.0.cs(23) : 型 'System.Windows.Markup.IAddChild' が参照されていないアセンブリで定義されています。アセンブリ 'Presentat ionCore, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=31bf3856ad364e35' への参照を追加してください。 c:\Users\user\AppData\Local\Temp\vqylzdov.0.cs(22) : /// </summary> c:\Users\user\AppData\Local\Temp\vqylzdov.0.cs(23) : >>> public partial class MainWindow : Window c:\Users\user\AppData\Local\Temp\vqylzdov.0.cs(24) : { 発生場所 J:\batch\h\tテストmain.ps1:69 文字:1 + Add-Type $Source -ReferencedAssemblies $asm + ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ + CategoryInfo : InvalidData: (Microsoft.Power...peCompilerError:AddTypeCompilerError) [Add-Type]、Exception + FullyQualifiedErrorId : SOURCE_CODE_ERROR,Microsoft.PowerShell.Commands.AddTypeCommand Add-Type : 型を追加できません。コンパイル エラーが発生しました。 発生場所 J:\batch\h\tテストmain.ps1:69 文字:1 + Add-Type $Source -ReferencedAssemblies $asm + ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ + CategoryInfo : InvalidData: (:) [Add-Type]、InvalidOperationException + FullyQualifiedErrorId : COMPILER_ERRORS,Microsoft.PowerShell.Commands.AddTypeCommand``` ### 該当のソースコード ```Powershell using namespace Microsoft.VisualBasic using namespace System.Text.RegularExpressions using namespace PngCpPe add-type -assembly microsoft.visualbasic Add-Type -AssemblyName System.Drawing, System.Windows.Forms add-type -AssemblyName microsoft.VisualBasic add-type -AssemblyName System.Windows.Forms Add-Type -AssemblyName "Microsoft.VisualBasic" $source = @" using System.IO; using System; using System.Collections.Generic; using System.Diagnostics; using System.Linq; using System.Text; using System.Threading.Tasks; using System.Windows; using System.Windows.Controls; using System.Windows.Data; using System.Windows.Documents; using System.Windows.Input; using System.Windows.Media; using System.Windows.Media.Imaging; using System.Windows.Navigation; using System.Windows.Shapes; namespace PngCpPe { /// <summary> /// Interaction logic for MainWindow.xaml /// </summary> public partial class MainWindow : Window { public MainWindow() { InitializeComponent(); // ビットマップの読み込み var file = @"j:\01.png"; var bi = new BitmapImage(); bi.BeginInit(); bi.CacheOption = BitmapCacheOption.OnLoad; bi.UriSource = new Uri(file, UriKind.RelativeOrAbsolute); bi.EndInit(); Debug.Print("Format:{0}", bi.Format); // Format:Bgra32 // ビットマップをPNGに変換しメモリストリームに保存 var pngEnc = new PngBitmapEncoder(); pngEnc.Frames.Add(BitmapFrame.Create(bi)); using var mem = new MemoryStream(); pngEnc.Save(mem); Clipboard.SetData("PNG", mem); } } } "@ $asm = ("PresentationFramework") [Reflection.Assembly]::LoadFile("C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v4.0.30319\WPF\PresentationFramework.dll") Add-Type $Source -ReferencedAssemblies $asm

試したこと

↓下記サイトを参考に$source部分をC#でdotnet runを実行し、C#環境での目的の動作を確認
C#でBitmapをクリップボードにコピーしてもアルファチャンネルが保持されない
https://maywork.net/computer/csharp-clipboard-bitmap-alphachennel/

Powershellで作動させるために様々なサイトを見たが、改良箇所がわからなかった。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもMYページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

バッドをするには、ログインかつ

こちらの条件を満たす必要があります。

guest

回答1

0

ベストアンサー

■アルファーチャンネル画像をクリップボードにコピーする サンプルプログラム

PowerShell

1$source = @' 2using System; 3using System.IO; 4using System.Windows; 5using System.Windows.Media.Imaging; 6 7namespace Test { 8 public class Program { 9 public static void SetClipboard_AlphaChannel(string file){ 10 11 // ビットマップの読み込み 12 var bi = new BitmapImage(); 13 bi.BeginInit(); 14 bi.CacheOption = BitmapCacheOption.OnLoad; 15 bi.UriSource = new Uri(file, UriKind.RelativeOrAbsolute); 16 bi.EndInit(); 17 18 // ビットマップをPNGに変換しメモリストリームに保存 19 var pngEnc = new PngBitmapEncoder(); 20 pngEnc.Frames.Add(BitmapFrame.Create(bi)); 21 using ( var mem = new MemoryStream() ){ 22 pngEnc.Save(mem); 23 // クリップボードにコピー 24 Clipboard.SetData("PNG", mem); 25 } 26 } 27 } 28} 29'@ 30Add-Type -TypeDefinition $source -ErrorAction Stop -ReferencedAssemblies "System.Xaml","PresentationCore","WindowsBase" 31 32$path = "C:\01.png" # ファイル名をPNGファイルにしてください 33[Test.Program]::SetClipboard_AlphaChannel($path) # クリップボードにコピーします

■手順■
①Cドライブに 01.png を置いてください(アルファーチャンネル画像)
②本サンプルプログラムを実行してください

■注意事項■
クリップボードにコピーしてもペイントでは動作しません(貼り付けできません)

投稿2023/05/25 08:02

編集2023/05/27 01:29
ccc-

総合スコア337

バッドをするには、ログインかつ

こちらの条件を満たす必要があります。

あなたの回答

tips

太字

斜体

打ち消し線

見出し

引用テキストの挿入

コードの挿入

リンクの挿入

リストの挿入

番号リストの挿入

表の挿入

水平線の挿入

プレビュー

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
85.49%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問