質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
86.12%
A-Frame

A-Frameは、カスタムHTMLを用いてWebブラウザ上で動く3DとVRを作成できるオープンソースのフレームワーク。WebGLに関する知識がなくても簡単にVRのWebサイトを作成できます。

HTML5

HTML5 (Hyper Text Markup Language、バージョン 5)は、マークアップ言語であるHTMLの第5版です。

3DCG

コンピュータの演算により、3次元空間の仮想物体を、2次元平面上で表現する手法である。

AR(Augmented Reality)

AR(Augmented Reality)とは、拡張現実のことです。人が認識する現実の環境で視覚・聴覚などの知覚が感知する情報をコンピュータで拡張する技術、もしくはその環境そのものを表す言葉です。

解決済

webARで3Dキャラクターが表示させられない

ogawakenji
ogawakenji

総合スコア3

A-Frame

A-Frameは、カスタムHTMLを用いてWebブラウザ上で動く3DとVRを作成できるオープンソースのフレームワーク。WebGLに関する知識がなくても簡単にVRのWebサイトを作成できます。

HTML5

HTML5 (Hyper Text Markup Language、バージョン 5)は、マークアップ言語であるHTMLの第5版です。

3DCG

コンピュータの演算により、3次元空間の仮想物体を、2次元平面上で表現する手法である。

AR(Augmented Reality)

AR(Augmented Reality)とは、拡張現実のことです。人が認識する現実の環境で視覚・聴覚などの知覚が感知する情報をコンピュータで拡張する技術、もしくはその環境そのものを表す言葉です。

1回答

0リアクション

0クリップ

189閲覧

投稿2022/09/27 06:08

編集2022/09/27 06:09

前提

webARで3Dキャラクターを表示させようと思っています。
ググったりして下記のようにコードを書いて3Dデータを用意して、
サーバーにアップロードしたのですが、ARマーカーにカメラをかざしても
3Dキャラが表示されません。

その他の動画や画像などのARでの表示はできています。
3Dデータのみ表示されません。

ロリポップサーバーを使っているのでサーバーの問題なのかと思い、
Xサーバーを使ってみましたが結果は変わらず…。
また3Dデータの拡張子がobjなのでglbに変えてみましたが、これも結果は変わらず…。

どうしたらobj拡張子で3Dキャラを表示させられるでしょうか?

該当のソースコード

<!doctype html> <html> <head> <meta charset="UTF-8"> <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0, maximum-scale=1.0, minimum-scale=1.0, user-scalable=no, target-densityDpi=device-dpi" /> <script src="https://aframe.io/releases/1.3.0/aframe.min.js"></script> <script src="https://raw.githack.com/AR-js-org/AR.js/master/aframe/build/aframe-ar.js"></script> <script src="https://raw.githack.com/AR-js-org/studio-backend/master/src/modules/marker/tools/gesture-detector.js"></script> <script src="https://raw.githack.com/AR-js-org/studio-backend/master/src/modules/marker/tools/gesture-handler.js"></script> <script src="https://raw.githack.com/AR-js-org/AR.js/master/aframe/build/aframe-ar.js"></script> </head> <body style="margin: 0; overflow: hidden;"> <a-scene embedded arjs> <!-- 3Dモデルを読み込む --> <a-assets> <a-asset-item id="mario-obj" src="assets/mario.obj"></a-asset-item> <a-asset-item id="mario-mtl" src="assets/mario.mtl"></a-asset-item> </a-assets> <!-- マーカーの.pattファイルを読み込む --> <a-marker type="pattern" url="assets/marker.patt"> <!-- 3Dモデルを呼び出す --> <a-obj-model position="0 0 0" scale="0.1 0.1 0.1" rotation="0 180 180" src="#mario-obj" mtl="#mario-mtl"></a-obj-model> </a-marker> <a-entity camera></a-entity> </a-scene> </body> </html>

以下のような質問にはリアクションをつけましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

リアクションが多い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

下記のような質問は推奨されていません。

  • 間違っている
  • 質問になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

適切な質問に修正を依頼しましょう。

tsuki01

2022/09/29 13:07

WebARに詳しくないものの、質問者さんのコードをほぼコピペしてローカル環境で試してみました。 結果、OBJファイルが表示されました。 なので、以下について確認して頂けると、問題の切り分けが進んだりしないでしょうか。 ・レンタルサーバーは使わず、ローカル環境で実行した時にOBJ表示されるか ・モデルのスケールが「0.1」になっているので、モデルが小さすぎて見えなくなっていることはないか ・他のOBJモデルに変更しても表示されないか など ※補足 こちらで変更した部分は以下のみです。 ・3Dモデルファイル(適当なOBJファイルを利用) ・認識用のマーカーを変更(preset="hiro" とし、デフォルトのマーカー(?)を利用)
ogawakenji

2022/10/09 02:55

ありがとうございます。返事が遅くなってすみません。ローカル環境でも試してみます。 ご指摘部分を直してやってみます。
ogawakenji

2022/10/18 02:39

お疲れ様です。遅くなってすみません。ローカル環境で試した結果ですが、 マーカーをデフォルトのHiroにしたところ、きちんとしたサイズで消えることもなく表示されました。 またネットサーバにHiroマーカーで同じように試したところ、うまくいきました。 ということはマーカーとモデルスケールの問題かもしれません。 私が以前使ってたマーカーはHiroと同じ黒縁にウェブカメラにアクセスするための黒色のQRコードに真ん中にニコちゃんマークがあるだけなんですが、とりあえずニコちゃんマークを外してみます。それでもダメならQRコードを外してみます。 QRコードをマーカーにすればアクセスが楽なんですが・・・。
ogawakenji

2022/10/18 03:23

あとはタップして回転させて360度見渡せるとかできていないんでその辺も調べてやってみます。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

アカウントをお持ちの方は

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
86.12%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

A-Frame

A-Frameは、カスタムHTMLを用いてWebブラウザ上で動く3DとVRを作成できるオープンソースのフレームワーク。WebGLに関する知識がなくても簡単にVRのWebサイトを作成できます。

HTML5

HTML5 (Hyper Text Markup Language、バージョン 5)は、マークアップ言語であるHTMLの第5版です。

3DCG

コンピュータの演算により、3次元空間の仮想物体を、2次元平面上で表現する手法である。

AR(Augmented Reality)

AR(Augmented Reality)とは、拡張現実のことです。人が認識する現実の環境で視覚・聴覚などの知覚が感知する情報をコンピュータで拡張する技術、もしくはその環境そのものを表す言葉です。