質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
85.53%
FreeBSD

FreeBSDは、Unix系のオープンソースのOSです。PC/AT互換機用ですが、他のプラットフォームにも移植されています。優れたネットワーク・セキュリティ・ストレージ機能で人気のOSです。ソースコードと共に無償で公開されており、多くの コミュニティによって長年に渡って開発されています。

Q&A

解決済

1回答

247閲覧

GNU screen 冒頭のワンポイントレッスンを消したい

dotkaeru

総合スコア2

FreeBSD

FreeBSDは、Unix系のオープンソースのOSです。PC/AT互換機用ですが、他のプラットフォームにも移植されています。優れたネットワーク・セキュリティ・ストレージ機能で人気のOSです。ソースコードと共に無償で公開されており、多くの コミュニティによって長年に渡って開発されています。

0グッド

0クリップ

投稿2023/06/27 05:45

パッケージから GNU screen 4.09.00 をインストールしました。
^a c するたびに、冒頭にワンポイントレッスンのようなものが表示さるのですが、
これを止める方法を教えて下さい。

追伸:osはFreeBSDで、表示される内容もFreeBSD関連です

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもMYページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

バッドをするには、ログインかつ

こちらの条件を満たす必要があります。

guest

回答1

0

ベストアンサー

この回答はGPT-4による自動生成回答です

GNU screenのワンポイントレッスン表示を止めるには、.screenrcファイルに以下の設定を追加してください。

startup_message off

.screenrcファイルは、通常ホームディレクトリに配置されます。もし、ファイルが存在しない場合は新しく作成してください。

bash

1echo "startup_message off" >> ~/.screenrc

この設定を追加した後、GNU screenを再起動すると、ワンポイントレッスンの表示が止まります。

投稿2023/06/27 05:45

teratail-ai

Powered by GPT-4

バッドをするには、ログインかつ

こちらの条件を満たす必要があります。

dotkaeru

2023/06/27 05:58

^a : で startup_message off としましたがダメでした。
otn

2023/06/27 07:52

> ^a : で > startup_message off > としましたがダメでした。 それって、一時的な設定なので、再起動時で失われて、 「起動時のメッセージを出すかどうか」はscreenrcの指示通りでしょう。 ただ、この設定は「screenコマンド起動時のメッセージ」のオンオフなので、 > ^a c するたびに、冒頭にワンポイントレッスンのようなものが表示 とは無関係と思われます。
dotkaeru

2023/06/28 01:20

自己解決しました。 原因は GNU screenでは無く、 ログインシェルにありました。 私は /bin/sh を使用しているのですが .profileを見ると、最終行に # Display a random cookie on each login. if [ -x /usr/bin/fortune ] ; then /usr/bin/fortune freebsd-tips ; fi これが冒頭にワンポイントレッスンが表示される原因でした。 この行をコメントアウトし解決 以上
guest

あなたの回答

tips

太字

斜体

打ち消し線

見出し

引用テキストの挿入

コードの挿入

リンクの挿入

リストの挿入

番号リストの挿入

表の挿入

水平線の挿入

プレビュー

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
85.53%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

同じタグがついた質問を見る

FreeBSD

FreeBSDは、Unix系のオープンソースのOSです。PC/AT互換機用ですが、他のプラットフォームにも移植されています。優れたネットワーク・セキュリティ・ストレージ機能で人気のOSです。ソースコードと共に無償で公開されており、多くの コミュニティによって長年に渡って開発されています。