質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
Flask

FlaskはPython用のマイクロフレームワークであり、Werkzeug・Jinja 2・good intentionsをベースにしています。

GET

GETとはHTTPが対応するリクエストメソッドの一つです。クライアントからサーバーへ送られたURLパラメータのデータを取得する時必要がある時に使われます。

POST

POSTはHTTPプロトコルのリクエストメソッドです。ファイルをアップロードしたときや入力フォームが送信されたときなど、クライアントがデータをサーバに送る際に利用されます。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

HTML

HTMLとは、ウェブ上の文書を記述・作成するためのマークアップ言語のことです。文章の中に記述することで、文書の論理構造などを設定することができます。ハイパーリンクを設定できるハイパーテキストであり、画像・リスト・表などのデータファイルをリンクする情報に結びつけて情報を整理します。現在あるネットワーク上のほとんどのウェブページはHTMLで作成されています。

解決済

flask get postについて

aoiriyu0406
aoiriyu0406

総合スコア55

Flask

FlaskはPython用のマイクロフレームワークであり、Werkzeug・Jinja 2・good intentionsをベースにしています。

GET

GETとはHTTPが対応するリクエストメソッドの一つです。クライアントからサーバーへ送られたURLパラメータのデータを取得する時必要がある時に使われます。

POST

POSTはHTTPプロトコルのリクエストメソッドです。ファイルをアップロードしたときや入力フォームが送信されたときなど、クライアントがデータをサーバに送る際に利用されます。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

HTML

HTMLとは、ウェブ上の文書を記述・作成するためのマークアップ言語のことです。文章の中に記述することで、文書の論理構造などを設定することができます。ハイパーリンクを設定できるハイパーテキストであり、画像・リスト・表などのデータファイルをリンクする情報に結びつけて情報を整理します。現在あるネットワーク上のほとんどのウェブページはHTMLで作成されています。

1回答

0評価

0クリップ

389閲覧

投稿2022/02/15 05:18

編集2022/02/18 16:13

bmi.html

<!DOCTYPE html> <html lang="ja"> <head> <meta charset="UTF-8"> <title>じゃんけん何出す?</title> <link rel="stylesheet" href="../static/style1.css"> </head> <body> <article> <h1>何を出す?</h1> <h3>あなたの手</h3> <a href="/result/gu"><img src="../static/img/gu.png" alt="グー"></a> <a href="/result/ch"><img src="../static/img/ch.png" alt="チョキ"></a> <a href="/result/pa"><img src="../static/img/pa.png" alt="パー"></a> </form> </article> </body> </html>

bmi→resultに行くためのcss.py

@app.route('/result/<hand>', methods) def result(hand): hands=['グー', 'チョキ', 'パー'] shouhai=['あいこ', '負け', '勝ち'] c=randint(0,2) cpu=hands[c] kekka='' my='' if hand=='gu': my=hands[0] if cpu=='グー': kekka=shouhai[0] elif cpu=='チョキ': kekka=shouhai[2] elif cpu=='パー': kekka=shouhai[1] elif hand=='ch': my=hands[1] if cpu=='グー': kekka=shouhai[1] elif cpu=='チョキ': kekka=shouhai[0] elif cpu=='パー': kekka=shouhai[2] elif hand=='pa': my=hands[2] if cpu=='グー': kekka=shouhai[2] elif cpu=='チョキ': kekka=shouhai[1] elif cpu=='パー': kekka=shouhai[0] return render_template('result.html', my=my, cpu=cpu, kekka=kekka)

result.html

<!DOCTYPE html> <html lang="ja"> <head> <meta charset="UTF-8"> <title>じゃんけん結果</title> <link rel="stylesheet" href ="../static/style2.css"> </head> <body> <ul><h5></h5> 結果を見に行くときは↓↓をクリックしてね<br> <a href="./result1.html"><img src="../static/img/upa.png" alt="結果を見る"></a> </h5></ul> <article> <div> <form action="result1" method="post"> <dl> <h1>出した手は・・・</h1> あなたの手:{{ my }}         敵の手:{{ cpu }} {% if my=='グー' and cpu=='グー' %} <p><img src="../static/img/gu.png" alt="グー">  VS  <img src="../static/img/gu.png" alt="グー"></p> {% elif my=='グー' and cpu=='チョキ' %} <p><img src="../static/img/gu.png" alt="グー">  VS  <img src="../static/img/ch.png" alt="チョキ"></p> {% elif my=='グー' and cpu=='パー' %} <p><img src="../static/img/gu.png" alt="グー">  VS  <img src="../static/img/pa.png" alt="パー"></p> {% elif my=='チョキ' and cpu=='グー' %} <p><img src="../static/img/ch.png" alt="チョキ">  VS  <img src="../static/img/gu.png" alt="グー"></p> {% elif my=='チョキ' and cpu=='チョキ' %} <p><img src="../static/img/ch.png" alt="チョキ">  VS  <img src="../static/img/ch.png" alt="チョキ"></p> {% elif my=='チョキ' and cpu=='パー' %} <p><img src="../static/img/ch.png" alt="チョキ">  VS  <img src="../static/img/pa.png" alt="パー"></p> {% elif my=='パー' and cpu=='グー' %} <p><img src="../static/img/pa.png" alt="パー">  VS  <img src="../static/img/gu.png" alt="グー"></p> {% elif my=='パー' and cpu=='チョキ' %} <p><img src="../static/img/pa.png" alt="パー">  VS  <img src="../static/img/ch.png" alt="チョキ"></p> {% elif my=='パー' and cpu=='パー' %} <p><img src="../static/img/pa.png" alt="パー">  VS  <img src="../static/img/pa.png" alt="パー"></p> {% endif %} </dl> </form> </div> </article> </body> </html>

result.htmlの勝敗の結果を出した手をは別に表記させたいと思っています。
そこで、getとpostで区別しようと思っているのですが、やり方がわかりません。
postとgetに分けてはみたもののpostしか動かず。どうしたらgetがうごきますか?
また、postとgetの分け方はあっているのでしょうか??

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Flask

FlaskはPython用のマイクロフレームワークであり、Werkzeug・Jinja 2・good intentionsをベースにしています。

GET

GETとはHTTPが対応するリクエストメソッドの一つです。クライアントからサーバーへ送られたURLパラメータのデータを取得する時必要がある時に使われます。

POST

POSTはHTTPプロトコルのリクエストメソッドです。ファイルをアップロードしたときや入力フォームが送信されたときなど、クライアントがデータをサーバに送る際に利用されます。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

HTML

HTMLとは、ウェブ上の文書を記述・作成するためのマークアップ言語のことです。文章の中に記述することで、文書の論理構造などを設定することができます。ハイパーリンクを設定できるハイパーテキストであり、画像・リスト・表などのデータファイルをリンクする情報に結びつけて情報を整理します。現在あるネットワーク上のほとんどのウェブページはHTMLで作成されています。