回答編集履歴

1 補足

KoichiSugiyama

KoichiSugiyama score 2911

2015/05/17 13:41  投稿

ことIT業界に関しては「資格を取得しないとできない業務」というのはほとんどありません。まあ特殊な業界で参入するための必要条件として資格(IT系以外の資格も含めたもの)が必要という場合はあるかもしれません。(例:会計ソフトを作るため、税理士とか簿記とか取得しているレベルの知識が必要なもの)
資格を持っていようがいまいが現場で実績を積むことで信頼を得て、よりレベルの高い業務を任されるようになるものです。逆に資格はそれまで携わってきた業務知識を身に着けていればそれほど勉強することなく合格するものが多いです。セキュリティ・ネットワーク系も同じことが言えると思います。
なので、「持っていた方が良い」程度で、持っていたしても実務でどのような仕事をしてきたかが仕事を任される基準になると思います。もちろん、持っていると「この試験に出るレベルの最低限の知識は持っている」という判断基準にはなりますので、取得できるなら取得しておいた方がいいと思います。
仮に採用されるまでに試験に合格しなかったとしても、そこで勉強した知識は決して無駄にはなりません。
仮に採用されるまでに試験に合格しなかったとしても、そこで勉強した知識は決して無駄にはなりませんし、業務に携わる場合は常に新しい知識を身に着けるために勉強し続ける必要があります。

思考するエンジニアのためのQ&Aサイト「teratail」について詳しく知る