質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

解決済

日本株と米国株の組み合わせの株価を取得したい

mufufu
mufufu

総合スコア37

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

1回答

0リアクション

0クリップ

280閲覧

投稿2022/02/20 04:32

日本株と米国株の組み合わせの株価を取得したいですが、下記のコードをいれても「SyntaxError: invalid syntax」と表示されてしまいます。

ユニクロなら、「9983.T」で取得をできるとおもったのですが、取得できませんでした。なにが違うのでしょうか?

python

コード import numpy as np import pandas_datareader.data as web import pandas as pd import matplotlib.pyplot as plt import scipy.stats as ss from matplotlib.animation import FuncAnimation import japanize_matplotlib import pandas_datareader.data as web #データのダウンロードライブラリ 9983.T=web.DataReader("9983.T", "yahoo","2020/1/1")['Adj Close'] MSFT=web.DataReader("MSFT", "yahoo","2020/1/1")['Adj Close'] AMZN=web.DataReader("AMZN", "yahoo","2020/1/1")['Adj Close'] 9983.T=9983.T/9983.T.iloc[0]#株価の指数化 ln9983.T=np.log(9983.T) dln9983.T=ln9983.T.diff().dropna() MSFT=MSFT/MSFT.iloc[0] MSFT lnMSFT=np.log(MSFT) dlnMSFT=lnMSFT.diff().dropna() AMZN=AMZN/AMZN.iloc[0] AMZN lnAMZN=np.log(AMZN) dlnAMZN=lnAMZN.diff().dropna() def portfolio_rebalance(tsd1,tsd2,tsd3): port=pd.concat([tsd1,tsd2,tsd3],axis=1).dropna() port.columns=('p1','p2','p3') port['a1']=0 port['a2']=0 port['a3']=0 port['v']=1 n=len(port) p1=port['p1'].iloc[0] p2=port['p2'].iloc[0] p3=port['p3'].iloc[0] v=port['v'].iloc[0] a1=float(v*0.418/p1) a2=float(v*0.363/p2) a3=float(v*0.219/p3) port.iloc[0,3]=a1 port.iloc[0,4]=a2 port.iloc[0,5]=a3 for i in range(1,len(port)): p1=port['p1'].iloc[i]#今日のAAPLの株価 p2=port['p2'].iloc[i]#今日のMSFTの株価 p3=port['p3'].iloc[i]#今日のAMZNの株価 p1_0=port['p1'].iloc[i-1]#前日のAAPLの株価 p2_0=port['p2'].iloc[i-1]#前日のMSFTの株価 p3_0=port['p3'].iloc[i-1]#前日のAMZNの株価 a1_0=port['a1'].iloc[i-1]#前日のAAPLの保有株数 a2_0=port['a2'].iloc[i-1]#前日のMSFTの保有枚数 a3_0=port['a3'].iloc[i-1]#前日のAMZNの保有枚数 v_0=port['v'].iloc[i-1]#前日のリバランスポートフォリオの価値 #v=a1_0*(p1-p1_0)+a2_0*(p2-p2_0)+v_0#今日のリバランスポートフォリオの価値 v=a1_0*p1+a2_0*p2+a3_0*p3#今日のリバランスポートフォリオの価値 port.iloc[i,6]=v#リバランスポートフォリオの価値のアップデート port.iloc[i,3]=a1#AAPLの株数のアップデート port.iloc[i,4]=a2#MSFTの株数のアップデート port.iloc[i,5]=a3#AMZNの株数のアップデート port['v2']=port.p1/3+port.p2/3+port.p3/3#リバランスの無いポートフォリオの価値 return port port=portfolio_rebalance(9983.T,MSFT,AMZN) plt.figure(figsize=(15, 15), dpi=50)#グラフの大きさ #下記の内容は対数変換されたデータをプロット # lnport.v.plot(label="効率的フロンティア",linewidth=1.0) # lnport.v2.plot(label="ウェイトを3等分",linewidth=1.0) # lnAAPL.plot(label='AAPL',style='-.',fontsize=30)#目盛りの文字の大きさを変更 # lnMSFT.plot(label='MSFT',linestyle='--',fontsize=30)#目盛りの文字の大きさを変更 # lnAMZN.plot(label='AMZN',linestyle='--',fontsize=30)#目盛りの文字の大きさを変更 #下記は元のプロット port.v.plot(label="効率的フロンティア",linewidth=1.0) port.v2.plot(label="ウェイトを3等分",linewidth=1.0) 9983.T.plot(label='9983.T',linestyle="solid",fontsize=30)#目盛りの文字の大きさを変更 MSFT.plot(label='MSFT',linestyle="solid",fontsize=30)#目盛りの文字の大きさを変更 AMZN.plot(label='AMZN',linestyle="solid",fontsize=30)#目盛りの文字の大きさを変更 plt.margins(x=0) plt.legend(loc="upper left",fontsize=30) plt.grid(True) plt.title("3銘柄と効率的フロンティアのパフォーマンス",fontsize=40) plt.show()

以下のような質問にはリアクションをつけましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

リアクションが多い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

下記のような質問は推奨されていません。

  • 間違っている
  • 質問になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

適切な質問に修正を依頼しましょう。

2022/02/20 05:06

こちらの質問が複数のユーザーから「過去の低評価」という指摘を受けました。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。