質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.76%

  • API

    1435questions

    APIはApplication Programming Interfaceの略です。APIはプログラムにリクエストされるサービスがどのように動作するかを、デベロッパーが定めたものです。

  • Google Apps Script

    728questions

    Google Apps ScriptはGoogleの製品と第三者のサービスでタスクを自動化するためのJavaScriptのクラウドのスクリプト言語です。

  • Twitter

    624questions

    Twitterは、140文字以内の「ツイート」と呼ばれる短文を投稿できるサービスです。Twitter上のほぼ全ての機能に対応するAPIが存在し、その関連サービスが多く公開されています。

TwitterAPIとGASで画像つきツイートをしたい

解決済

回答 2

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 924

Gfon

score 9

前提・実現したいこと

下記のサイトを参考にgoogle App Script(GAS)を使用してBotを制作しています.サイトの丁寧な説明もあり,テキストのツイートまではできたのですが,画像つきのツイートの方法がわからずに困っております.
画像はGoogleDriveもしくは他のオンライン上にあるものを使用したいと考えております.

サイト
http://yukiblg777.blog.fc2.com/blog-entry-47.html
https://kijtra.com/article/twitter-api-for-google-apps-script-without-oauthconfig/

お力添え,よろしくお願い致します.

該当のソースコード

メインのスクリプト

// 最初にこの関数を実行し、ログに出力されたURLにアクセスしてOAuth認証する
function twitterAuthorizeUrl() {
  Twitter.oauth.showUrl();
}

// OAuth認証成功後のコールバック関数
function twitterAuthorizeCallback(request) {
  return Twitter.oauth.callback(request);
}

// OAuth認証のキャッシュをを削除する場合はこれを実行(実行後は再度認証が必要)
function twitterAuthorizeClear() {
  Twitter.oauth.clear();
}


var Twitter = {
  projectKey: "このprojectのProjectKey",

  consumerKey: "TwitterのconsumerKey",
  consumerSecret: "TwitterのconsumerSecret",

  apiUrl: "https://api.twitter.com/1.1/",

  oauth: {
    name: "twitter",

    service: function(screen_name) {
      // 参照元:https://github.com/googlesamples/apps-script-oauth2

      return OAuth1.createService(this.name)
      // Set the endpoint URLs.
      .setAccessTokenUrl('https://api.twitter.com/oauth/access_token')
      .setRequestTokenUrl('https://api.twitter.com/oauth/request_token')
      .setAuthorizationUrl('https://api.twitter.com/oauth/authorize')

      // Set the consumer key and secret.
      .setConsumerKey(this.parent.consumerKey)
      .setConsumerSecret(this.parent.consumerSecret)

      // Set the project key of the script using this library.
      .setProjectKey(this.parent.projectKey)


      // Set the name of the callback function in the script referenced
      // above that should be invoked to complete the OAuth flow.
      .setCallbackFunction('twitterAuthorizeCallback')

      // Set the property store where authorized tokens should be persisted.
      .setPropertyStore(PropertiesService.getUserProperties());
    },

    showUrl: function() {
      var service = this.service();
      if (!service.hasAccess()) {
        Logger.log(service.authorize());
      } else {
        Logger.log("認証済みです");
      }
    },

    callback: function (request) {
      var service = this.service();
      var isAuthorized = service.handleCallback(request);
      if (isAuthorized) {
        return HtmlService.createHtmlOutput("認証に成功しました.このタブは閉じても問題ありません");
      } else {
        return HtmlService.createHtmlOutput("認証に失敗しました");
      }
    },

    clear: function(){
      OAuth1.createService(this.name)
      .setPropertyStore(PropertiesService.getUserProperties())
      .reset();
    }
  },

  api: function(path, data) {
    var that = this, service = this.oauth.service();
    if (!service.hasAccess()) {
      Logger.log("先にOAuth認証してください");
      return false;
    }

    path = path.toLowerCase().replace(/^\//, '').replace(/\.json$/, '');

    var method = (
         /^statuses\/(destroy\/\d+|update|retweet\/\d+)/.test(path)
      || /^media\/upload/.test(path)
      || /^direct_messages\/(destroy|new)/.test(path)
      || /^friendships\/(create|destroy|update)/.test(path)
      || /^account\/(settings|update|remove)/.test(path)
      || /^blocks\/(create|destroy)/.test(path)
      || /^mutes\/users\/(create|destroy)/.test(path)
      || /^favorites\/(destroy|create)/.test(path)
      || /^lists\/[^\/]+\/(destroy|create|update)/.test(path)
      || /^saved_searches\/(create|destroy)/.test(path)
      || /^geo\/place/.test(path)
      || /^users\/report_spam/.test(path)
      ) ? "post" : "get";

    var url = this.apiUrl + path + ".json";
    var options = {
      method: method,
      muteHttpExceptions: true
    };

    if ("get" === method) {
      if (!this.isEmpty(data)) {
        url += '?' + Object.keys(data).map(function(key) {
          return that.encodeRfc3986(key) + '=' + that.encodeRfc3986(data[key]);
        }).join('&');
      }
    } else if ("post" == method) {
      if (!this.isEmpty(data)) {
        options.payload = Object.keys(data).map(function(key) {
          return that.encodeRfc3986(key) + '=' + that.encodeRfc3986(data[key]);
        }).join('&');

        if (data.media) {
          options.contentType = "multipart/form-data;charset=UTF-8";
        }
      }
    }

    try {
      var result = service.fetch(url, options);
      var json = JSON.parse(result.getContentText());
      if (json) {
        if (json.error) {
          throw new Error(json.error + " (" + json.request + ")");
        } else if (json.errors) {
          var err = [];
          for (var i = 0, l = json.errors.length; i < l; i++) {
            var error = json.errors[i];
            err.push(error.message + " (code: " + error.code + ")");
          }
          throw new Error(err.join("\n"));
        } else {
          return json;
        }
      }
    } catch(e) {
      this.error(e);
    }

    return false;
  },

  error: function(error) {
    var message = null;
    if ('object' === typeof error && error.message) {
      message = error.message + " ('" + error.fileName + '.gs:' + error.lineNumber +")";
    } else {
      message = error;
    }

    Logger.log(message);
  },

  isEmpty: function(obj) {
    if (obj == null) return true;
    if (obj.length > 0)    return false;
    if (obj.length === 0)  return true;
    for (var key in obj) {
        if (hasOwnProperty.call(obj, key)) return false;
    }
    return true;
  },

  encodeRfc3986: function(str) {
    return encodeURIComponent(str).replace(/[!'()]/g, function(char) {
      return escape(char);
    }).replace(/\*/g, "%2A");
  },

  //Twitterに画像を投稿します。
//引数 text・・・画像と一緒に投稿するテキスト
//    picture・・・投稿する画像
  iamge_upload: function(text,picture) {
    var that = this, service = this.oauth.service();
    if (!service.hasAccess()) {
      Logger.log("先にOAuth認証してください");
      return false;
    }


  var boundary = "cuthere";
  var requestBody = Utilities.newBlob(
    "--"+boundary+"\r\n"
    + "Content-Disposition: form-data; name=\"status\"\r\n\r\n"
    + text+"\r\n"+"--"+boundary+"\r\n"
    + "Content-Disposition: form-data; name=\"media[]\"; filename=\""+picture.getName()+"\"\r\n"
    + "Content-Type: " + picture.getContentType()+"\r\n\r\n").getBytes();

  requestBody = requestBody.concat(picture.getBytes());
  requestBody = requestBody.concat(Utilities.newBlob("\r\n--"+boundary+"--\r\n").getBytes());

  var options = {
    method: "post",
    contentType: "multipart/form-data; boundary="+boundary,
    payload: requestBody,
    muteHttpExceptions: true
  }; 

  var url = "https://api.twitter.com/1.1/statuses/update_with_media.json";

  try {
    var result = service.fetch(url, options);
    var json = JSON.parse(result.getContentText());
  } catch(e) {

  }

    return json;
  },
  //画像ツイートここまで

  init: function() {
    this.oauth.parent = this;
    return this;
  }
}.init();


/********************************************************************
以下はサポート関数
*/

// ツイートする
Twitter.tweet = function(data, reply) {
  var path = "statuses/update";
  if ("string" === typeof data) {
    data = {status: data};
  } else if(data.media) {
    path = "statuses/update_with_media ";
  }

  if (reply) {
    data.in_reply_to_status_id = reply;
  }

  return this.api(path, data);
};

ツイート用のスクリプト

function Tweet(){
  Twitter.tweet("Test Tweet");
}

試したこと

iamge_uploadに引数として画像のURLやbase64に変換した画像のデータを与えてみましたが,何もツイートされませんでした.

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

check解決した方法

+3

umyuさまのご指摘の通り,update_with_mediaを使用しておりますので,今後使えなくなる可能性もございますが,ここに解決方法を記しておきます.

解決方法

まず,メインのスクリプトにimage投稿用の関数を追加します.

Twitter.image = function(text,picture){
  this.iamge_upload(text,picture);
};


続いてこの関数に引数を与えますが,

  • インターネット上の画像を利用する場合
  • GoogleDrive内の画像を利用する場合

の二通りがあります.

//インターネット上の画像を利用する場合

//画像の取得
var GetImage = UrlFetchApp.fetch('画像のURL');
var Image = GetImage.getBlob();

function Tweet(){
    Twitter.image("ImageTweetTest",Image);
}
//GoogleDrive上の画像を利用する場合
//GoogleDrive内に画像ファイルを置いておく.ファイル名に拡張子がある場合は拡張子もお忘れなく

//GogleDrive上の画像取得
var file_name = 'ファイル名';
var file_temp = DriveApp.getFilesByName(file_name).next();
var Imagedata = file_temp.getBlob();

function ImageTweet(){
    Twitter.image("ImageTweetTest2",Imagedata);
}

GoogleDriveを用いる方についてはファイルがない場合やファイル名が重複している場合などの処理がないなど好ましくない点も多いですし,よりスマートな方法もありますが,最低限このスクリプトで動作いたしました.

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

+1

回答ではありませんが、pythonで画像付きのTwitterボットを作った事があるため、参考情報として投稿します。

POST先のURLが

var url = "https://api.twitter.com/1.1/statuses/update_with_media.json";

となってますが、update_with_mediadeprecated(廃止)されました。

画像アップロード手順としては公式ドキュメントが参考になります。
1,post-media-uploadで画像をアップロードし、返り値のmedia_idを取得
url => https://upload.twitter.com/1.1/media/upload.json

2,取得したmedia_idを元にpost-statuses-updateを行う。
url => https://api.twitter.com/1.1/statuses/update.json

◆注意事項
1,画像アップロードの制限があります。
2,post-statuses-updateは普通のツィートと同じ扱いです。連続して同一メッセージをツィートできません。末尾に半角スペースを付与して回避してください。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/11/01 08:51

    ご回答ありがとうございます.
    実はつい先程自己解決いたしました.(この後解決方法を投稿予定です)公式ドキュメントにおいて,update_with_mediaはdeprecatedであることは確認していたのですが,現段階ではまだ使用できるようです.ですが,廃止も近いと思われますので,近々media/upload等を使用した方法に書き換えたいと思います.また,注意事項についても大変参考になりました.この度はご回答ありがとうございました.

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.76%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • API

    1435questions

    APIはApplication Programming Interfaceの略です。APIはプログラムにリクエストされるサービスがどのように動作するかを、デベロッパーが定めたものです。

  • Google Apps Script

    728questions

    Google Apps ScriptはGoogleの製品と第三者のサービスでタスクを自動化するためのJavaScriptのクラウドのスクリプト言語です。

  • Twitter

    624questions

    Twitterは、140文字以内の「ツイート」と呼ばれる短文を投稿できるサービスです。Twitter上のほぼ全ての機能に対応するAPIが存在し、その関連サービスが多く公開されています。