質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.98%

  • PHP

    17812questions

    PHPは、Webサイト構築に特化して開発されたプログラミング言語です。大きな特徴のひとつは、HTMLに直接プログラムを埋め込むことができるという点です。PHPを用いることで、HTMLを動的コンテンツとして出力できます。HTMLがそのままブラウザに表示されるのに対し、PHPプログラムはサーバ側で実行された結果がブラウザに表示されるため、PHPスクリプトは「サーバサイドスクリプト」と呼ばれています。

  • Laravel 5

    1454questions

    Laravel 5は、PHPフレームワークLaravelの最新バージョンで、2014年11月に発表予定です。ディレクトリ構造がが現行版より大幅に変更されるほか、メソッドインジェクションやFormRequestの利用が可能になります。

Lalavel でログインしているか外部から確認したい

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 231

mao33

score 1

前提・実現したいこと

Lalavel の public配下に wordPress をインストールして、共存させています。
この場合、Lalavel でログイン認証されたユーザーのみ wordPress 利用できるようにしたいのですが、
実現方法を教えてください。

■構成
Lalavel 5.5(デフォルト Auth を使用)
WordPress 4.8.2
PHP 7.2

現状うまくいかないの実装方法を以下に示します。

現状の実装方法

Lalavel で user id を返却するコントローラを作成。

    public function index()
    {
        $id = -1;

        if (Auth::check()) 
        {
            $id = Auth::id();
        }

        return json_encode($id);
    }

WordPress の functions.php で curl を利用してログインしているユーザーid を取得しようとするが失敗。(セッション情報を取得できない。)

//http://www.domein/wordpress/

    // ドメイントップの URL
    $top_url  = 'http://'.$_SERVER["HTTP_HOST"];
        // userId を返す lalavel管理下のURL
        $get_user_url = $top_url.'/api/login/get';

        $curl = curl_init();
        curl_setopt($curl, CURLOPT_URL, $get_user_url);
        curl_setopt($curl, CURLOPT_CUSTOMREQUEST, 'GET');
        curl_setopt($curl, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false);
        curl_setopt($curl, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true);

        // クッキーを送信     
        $cookieFileName = dirname(__FILE__).'/../../../../../storage/cookie.txt';
        curl_setopt($curl, CURLOPT_COOKIEJAR, $cookieFileName);
    curl_setopt($curl, CURLOPT_COOKIEFILE, $cookieFileName);

        $response = curl_exec($curl);
        curl_close($curl);
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+2

セッション情報を使わないステートレスの方法として、トークン利用の認証方法がいくつかあるので予算工数によりますが利用できるかと思います。
tymondesigns/jwt-auth
Laravel 5.4 と Vue.js 2.2 と JWTAuth で、ログインできる SPA アプリケーションのチュートリアル 1/4
Laravel 5.5 API認証(Passport)

Laravelアプリでは認証設定をsessionのdriverで運用し、外部から認証確認する場合で一番簡単な方法は、簡易的な説明ですがconfig/auth.phpのdriverをtokenにしてすると、リクエストの認証照合情報からusersテーブルのapi_tokenを見て認証を判断するので、以下ドキュメントのアクセストークンの受け渡しのところのように、リクエストヘッダーにAuthorization: Bearer XXXXX としてリクエストを送ると認証処理ができます。
Laravel 5.5 API認証(Passport)
driverがtokenの場合は、そのままではLaravelがログイン時にapi_tokenデータ更新等の面倒を見てくれるわけではないのでユーザーログイン時、ログアウト時等に、自身でuserテーブルのapi_tokenを更新する必要があります。詳しくはLaravelの関連クラスのコードを参照してください。
API Token Authentication in Laravel 5.2 & 5.3
LaravelのGuardに関して
Laravel5.2でトークン認証をカスタマイズしてみる

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/10/25 17:50

    詳細な回答ありがとうございました。以下の流れを考えました。

    1)lalavel ログイン時にアクセストークンを発行しテーブルに保存
    2)lalavel はネイティブなセッションにアクセストークンを格納
    3)WordPress アクセス時にセッションからトークンを取り出し lalavel に認証可否を要求
    4)lalavel でアクセストークンを照合し、認証の可否を返却

    この内容から 2) のアクセストークンをどのようにして WordPress に知らせるかを悩んでいます。
    ネットで調べてもアクセストークンをセッションで受け渡す記事はりませんでした。
    ここでよい情報があれば教えてください。
    また、見当違いのフローを考えているのであれば指摘ください。

    キャンセル

  • 2017/10/25 19:01 編集

    Wordpressのサイトにアクセスする際にユーザーのブラウザにてGETメソッドでアクセスしてWorpdressのブート処理で認証して無ければリダイレクトという仕組みであれば、URLのGETクエリに認証用に使う情報を持たせる形が一つ考えられると思います。
    以下のライブラリで、可逆式のハッシュが作れるのでUserId等をハッシュ化して送って
    https://github.com/vinkla/laravel-hashids
    例えばユーザーID1のユーザーが、Wordpressのサイトにアクセスする際に上で作ったhash値をGETクエリに持たせて、Wordpressのサーバーで取得し、それを元にLaravelのサーバーにcurlで問い合わせを行い、
    LaravelでハッシュからuserIDを複合しログイン中かどうかを判定する見るという形であれば、WordpressもLaravelも自身で管理しているのであればトークンを使う必要もないですね。
    httpsにしておく必要はあるかと思います。
    [追記]
    WordpressとLaravelのシステムの距離感や、どれだけ連携するか等によりますが、Laravelのログイン内ページであるリンクをクリックするとWordpressのサイトへジャンプし、他の導線からはアクセス出来ないという形であれば、アカウント登録時のメールアドレス認証のリンクの仕組みのように、遷移ページで遷移用の認証用のリンクを発行し、それを踏んでWordpressサイトにアクセスし、Wordpressにアクセスした際にそのリンクの有効性をLaravelかDBに問い合わせて検証するというのがしっくりくる感じがします。

    キャンセル

  • 2017/10/26 09:13

    ありがとうございました。上記の内容で実装してみようと思います。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.98%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • PHP

    17812questions

    PHPは、Webサイト構築に特化して開発されたプログラミング言語です。大きな特徴のひとつは、HTMLに直接プログラムを埋め込むことができるという点です。PHPを用いることで、HTMLを動的コンテンツとして出力できます。HTMLがそのままブラウザに表示されるのに対し、PHPプログラムはサーバ側で実行された結果がブラウザに表示されるため、PHPスクリプトは「サーバサイドスクリプト」と呼ばれています。

  • Laravel 5

    1454questions

    Laravel 5は、PHPフレームワークLaravelの最新バージョンで、2014年11月に発表予定です。ディレクトリ構造がが現行版より大幅に変更されるほか、メソッドインジェクションやFormRequestの利用が可能になります。