質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.52%

  • Processing

    255questions

    Processingは、オープンソースプロジェクトによるCGのためのプログラミング言語です。Javaをベースにしており、グラフィック機能に特化しています。イメージの生成やアニメーションなど、視覚的なフィードバックを簡単に得ることが可能です。

半年前まで使えたTweakモードが使えない...

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 312

P5_USER

score 33

前提・実現したいこと

Tweakモードを使用可能にしたいです。

発生している問題・エラーメッセージ

Tweakモードで編集しようと思い,
スケッチをセーブしてCtrl+Shift+tをキーインすると,
Tweakモード独特の色設定の四角いものや,数字の下のアンダーバーが出てきてくれずに
通常の実行状態となってプログラムが走ってしまいました。

試したこと

私の持つ全てのスケッチ(自作やネットからのダウンロード含む)に於いて試しましたがTweakモードが機能せずに通常の実行状態で動いていました。

使用しているのはVer3.3.6です。
Cドライブに残っていたVer3.3.5でも同じ現象でした。

C:\Users\〇〇\AppData\Roaming\Processing
にあるpreferences.txt内の下から
9行目:tweak.port=auto

8行目:tweak.showcode=false
が怪しいのかなーと思っていますが,
8行目をtrueに変えてもTweakモードに移行してくれませんでした。
9行目はautoに対して別コマンドがあるか否か不明なので触れていません。

私の使用しているprocessingの設定を備考として記しています。
参考になればと思います。

備考

android.sdk.version=23
chooser.files.native=true
console.auto_clear=true
console.chars=40000
console.font.size=12
console.length=500
console.lines=4
console.scrollback.chars=40000
console.scrollback.lines=500
contribution.backup.on_install=true
contribution.backup.on_remove=true
editor.caret.blink=true
editor.caret.block=false
editor.completion.auto_close=false
editor.font.family=MS ゴシック
editor.font.size=12
editor.indent=true
editor.input_method_support=true
editor.keys.alternative_cut_copy_paste=true
editor.keys.home_and_end_travel_far=false
editor.keys.home_and_end_travel_smart=true
editor.keys.shift_backspace_is_delete=false
editor.smooth=true
editor.tabs.expand=true
editor.tabs.size=2
editor.token.comment1.style=#666666,plain
editor.token.comment2.style=#666666,plain
editor.token.function1.style=#006699,plain
editor.token.function2.style=#006699,plain
editor.token.function3.style=#669900,plain
editor.token.function4.style=#006699,bold
editor.token.invalid.style=#666666,bold
editor.token.keyword1.style=#33997e,plain
editor.token.keyword2.style=#33997e,plain
editor.token.keyword3.style=#669900,plain
editor.token.keyword4.style=#d94a7a,plain
editor.token.keyword5.style=#e2661a,plain
editor.token.keyword6.style=#33997e,plain
editor.token.label.style=#666666,bold
editor.token.literal1.style=#7D4793,plain
editor.token.literal2.style=#718a62,plain
editor.token.operator.style=#006699,plain
editor.untitled.prefix=sketch_
editor.untitled.suffix=yyMMdd
editor.watcher=true
editor.watcher.debug=false
editor.watcher.window=1500
editor.window.height.default=600
editor.window.height.min=530
editor.window.width.default=700
editor.window.width.min=400
editor.zoom=100%
editor.zoom.auto=true
examples.processing.app.ui.ExamplesFrame.visible=null
export.application.embed_java=true
export.application.fullscreen=false
export.application.platform_linux=null
export.application.platform_macosx=false
export.application.platform_windows=true
export.application.present=true
export.application.stop=true
export.delete_target_folder=true
gohai.uploadtopi.autostart=true
gohai.uploadtopi.hostname=raspberrypi.local
gohai.uploadtopi.logging=true
gohai.uploadtopi.password=raspberry
gohai.uploadtopi.persistent=true
gohai.uploadtopi.username=pi
instance_server.key=0.7517664152153859
instance_server.port=52047
last.sketch.count=0
last.sketch.restore=true
mode.last=processing.mode.java.JavaMode
pdex.autoSave.autoSaveByDefault=true
pdex.autoSave.autoSaveEnabled=false
pdex.autoSave.promptDisplay=true
pdex.autoSaveInterval=5
pdex.completion=true
pdex.completion.trigger=true
pdex.dbgOutput=false
pdex.errorCheckEnabled=true
pdex.inspectMode.hotkey=true
pdex.suggest.imports=true
pdex.warningsEnabled=true
pdex.writeErrorLogs=false
platform.auto_file_type_associations=true
preproc.color_datatype=true
preproc.enhanced_casting=true
preproc.output_parse_tree=false
preproc.save_build_files=false
preproc.substitute_floats=true
preproc.substitute_unicode=true
preproc.web_colors=true
proxy.http.host=
proxy.http.port=
proxy.https.host=
proxy.https.port=
proxy.socks.host=
proxy.socks.port=
proxy.system=true
recent.count=10
run.display=2
run.options=
run.options.memory=false
run.options.memory.initial=64
run.options.memory.maximum=256
run.present.bgcolor=#666666
run.present.stop.color=#cccccc
run.window.bgcolor=#F0F0F0
sketchbook.path.three=C:\Processing
tweak.port=auto
tweak.showcode=false
update.check=true
update.id=1694540740847892598
update.last=1508470281173
welcome.seen=false
welcome.show=false
android.sdk.name=6.0
android.sdk.path=C:\Users\〇〇\Documents\Processing\modes\AndroidMode\sdk
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

0

以前,私が質問した際に回答して頂いた方のご指摘で

size(displayWidth, displayHeight);


fullScreen();


に変更したところ,
どうやらTweakでの使用が不可能になっていました。
前回の質問はこちら)

「結果が変わらなければ,(コードが)短い方がいいじゃん」と思っていた
短絡的な思考が仇となっていました。

以下のサイトにもヒントのようなものがありました。
今後,私を同じ事で躓く方へ参考になれば幸いです。(いないか^^;)
https://github.com/processing/processing/issues/4126

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.52%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • Processing

    255questions

    Processingは、オープンソースプロジェクトによるCGのためのプログラミング言語です。Javaをベースにしており、グラフィック機能に特化しています。イメージの生成やアニメーションなど、視覚的なフィードバックを簡単に得ることが可能です。