質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.34%

  • CentOS

    2827questions

    CentOSは、主にRed Hat Enterprise Linux(RHEL)をベースにした、フリーのソフトウェアオペレーティングシステムです。

  • VirtualBox

    812questions

    VirtualBoxは、現在米オラクル社が開発している、 x86仮想化ソフトウェア・パッケージの一つです。

VirtualBoxでCentOSの画面解像度、大きさが変更できない

解決済

回答 2

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 10K+

eisaku123

score 38

お世話になります。表記の通り画面の解像度、大きさが変更できないです。

下記のサイト通りにやってもうまくいかないです。
http://qiita.com/R_Gray_/items/5bb22ded17417fa06cd5

環境は
ホスト側 mac os x 10.11.6
VirtualBox 5.128
ゲスト側 CentOS 6.9

まず気になっているのが
VirtualBoxメニューのデバイス → Guest Additions をインストール を選択。について、本当に認識している
かどうかがわかりずらい。

以下スクリーンショット参照

イメージ説明

追記:
解像度がここまでみたいで大きさ変更できず。

イメージ説明

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • asahina1979

    2017/09/16 14:55

    認識してるならデスクトップにアイコンがでてるはずよ

    キャンセル

  • eisaku123

    2017/09/16 19:16

    keichaさんのご指摘でVBOXADDITIONS_5.1.28_117968 のアイコンがでました。

    キャンセル

回答 2

checkベストアンサー

0

提示されているスクリーンショットには、VirtualBoxマネージャーでの環境設定の画面が映っていますが、これは「Guest Additions CD イメージの挿入...」の項目がきちんと有効になっているということを示しているのか、ここをクリックしてこの項目を選択したことを示している意図なのか、どちらなのでしょうか。

この「ユーザーインターフェイス」という設定は、ゲストOS側のウィンドウを選択したときに表示されるメニュー項目の有効/無効を設定するもので、ここを触ってもゲストOSの操作が行われるわけではありません。もし違ったら申し訳ないのですが、そこを勘違いされていないでしょうか?

下記はホストOSがLinux Mint、ゲストOSがCentOS 7なので環境は違いますが、操作方法は大差ないはずです。

ゲストOS側のウィンドウをアクティブにしたときのメニューから「デバイス」を選択すると、メニューのツリーが下図のようになるはずです。
メニューからデバイスを選択したところ

ここで一番下の「Guest Additions CD イメージの挿入...」を選択すると、CentOSが認識して下図のようなダイアログが出るはずです。
CDの挿入を認識

ここで「実行する」を選ぶと、パスワード認証が求められ、入力すると端末が表示されてインストールされている経過が確認できるはずです。
Guest Addtionsのインストール経過

ここまで確認できるでしょうか?

なお、VirtualBox 5.1.28は、ゲストOSがWindowsの場合にGuest Additionsの動作に問題があることを私自身が確認しており、私は5.1.26に戻しました。ゲストOSがLinux系の場合にも問題があるのか確認できていませんが、一つ前の5.1.26に戻した方が良いかもしれません。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/09/16 19:15

    ご指摘通りでした。従って
    デスクトップ上にVBOXADDITIONS_5.1.28_117968 のアイコンをだすことができました。
    しかし、以下ところまでは順調にいきましたが、解像度、大きさが変えれないです。
    mount -r /dev/cdrom /media
    sh ./VBoxLinuxAdditions.run
    ここまではOK
    View(表示)->Virtual Screen1から変更しても変わらずです。

    キャンセル

  • 2017/09/16 20:30

    2番目の画像のように問い合わせダイアログが表示され、3番目の画像のように端末にずらずらと処理のメッセージが出ていれば、それでGuest Additionsのインストールは行われています。そこから改めて操作する必要はありません。さらに端末でインストールすることに特に害があるわけでもありませんが。

    Guest AdditionsはゲストOSを再起動しなければ有効になりません。再起動してから、CentOSのディスプレイ設定をもう一度確認してみては。

    キャンセル

  • 2017/09/16 20:34

    Guest Additionsが機能していれば、ホストOSとゲストOS間でマウスカーソルのシームレス移動ができるようになります。ゲストOSのウィンドウ上にカーソルを持っていくだけでゲストOSを操作できますし、カーソルをウィンドウ外に移動すればホストOSの操作ができます。Guest Additionsが正常に機能しているか確認するには、それが生きているかを見るのがわかりやすいでしょう。

    キャンセル

  • 2017/09/16 20:49

    再起動してもシームレス移動しないです。
    sh ./VBoxLinuxAdditions.run  を確認しました。途中まで、keichaさんと同じでしたが、
    failという内容で終了しているのでインストール失敗したのではないかと思われます。
    上の解決方法参照
    あとvirtualvoxを5.1.26にしました。

    キャンセル

  • 2017/09/16 21:01

    ビルドするのに必要なモジュールが足りないのでは?以下導入してみては。
    # yum install gcc kernel-devel kernel-headers dkms

    キャンセル

  • 2017/09/16 21:21

    上記のyumをやったら、「パッケージdkmsは利用できません」の影響かどうか
    で、前と同じ状態failで、できないです。

    キャンセル

  • 2017/09/16 22:16

    CentOS 6.9のリポジトリーにはdkmsないのか・・・。これ入れないと後々面倒なんだけど、とりあえず後回し。

    こちらでも検証するために仮想マシンにCentOS 6.9をクリーンインストールして、gcc kernel-devel kernel-headersまで追加インストールしたところで、Guest Additionsは正常に導入できました。シームレス移動もディスプレイ解像度変更もできました。そこまでも確認できませんか?

    どうしてもだめなら、エラーメッセージに出ているログファイルを参照してその内容を記してください。

    キャンセル

  • 2017/09/16 22:31

    dkmsはインスールできた感じ、上記参照
    ログファイルも上記参照願います。

    キャンセル

  • 2017/09/16 23:15

    ログにさらに別ログ(/var/log/vboxadd-install.log)参照するように出てるので、それも参照していただけますか。そっちにビルド失敗の経過が出ているみたいですね(手元でも確認)。
    それと、
    # yum install make bzip2
    のパッケージ追加も試してください。こちらではこれらは元々入っていたんだけど、そちらの環境にはないのかも。

    キャンセル

  • 2017/09/16 23:23

    bzip2はインストールされています。
    別ログのせました。

    キャンセル

  • 2017/09/16 23:33

    CentOSは64bit版なんですか?32bit版なんですか?質問の最初のスクリーンショットに見られる設定では「Red Hat (64-bit)」となっているから64bit版なのだろうと思ったのですが、yumによるパッケージインストールの画面を見るとi686のパッケージが導入されていますから、32bit版なんですか?

    キャンセル

  • 2017/09/16 23:57

    32ビット版です。汗

    キャンセル

  • 2017/09/17 00:07

    あー。それだ。何ビット版のGuest Additionsのインストールイメージが挿入されるかは、仮想マシンの設定に影響するようなので、仮想マシン自体が64bit設定ではビルドは通らないですね。

    ゲストOSをシャットダウンして、VirtualBoxマネージャーで仮想マシンの設定を開き、「一般」の項で「バージョン」を「Red Hat (32-bit)」に変更して、もう一度試してみましょう。

    キャンセル

  • 2017/09/17 00:20 編集

    新規で32ビット版 作ってもダメでした 涙
    エラーlogは同じです。

    キャンセル

  • 2017/09/17 00:40 編集

    「Red Hat (64-bit)」に設定した仮想マシンにわざと32bit版のCentOS 6.9をクリーンインストールし、必要パッケージをインストール後にGuest Additionsのインストールを試みて、失敗することを確認。その後、その仮想マシンの設定を「Red Hat (32-bit)」に変更して再度起動し、再びGuest Additionsのインストールを試みて正常完了を確認。再起動でシームレス移動も画面サイズ変更もOK。私の手元ではここまで確認したんですけどねえ・・・。(そこまでする私も奇特だが)

    これだけやってもできないというのは、もうお手上げに近いのですが、最後に一つ気になるのはなぜデスクトップはGNOMEなのにKonsoleを使っているのか?という点でしょうか。GNOME端末を使いたくない理由があるのかもしれないけど、GNOME端末で試してみませんか?

    キャンセル

  • 2017/09/17 08:41

    GNOMEでも同じ結果となりました。(上図参照)
    ちなみにrootでやってます。
    あと起動順序はハードディスクでやってますけど問題ないですよねえ。。。

    キャンセル

  • 2017/09/17 14:39

    centos7でも同じでした。お手上げです。

    キャンセル

  • 2017/09/17 14:53

    # yum update
    で全体的なパッケージのアップデートはしているのでしょうか。多分カーネルのアップデートも入るはずですが。

    キャンセル

  • 2017/09/17 15:25

    ネットが設定(wifi)接続ができてないので、アップデートできてない
    気がします。

    キャンセル

  • 2017/09/17 16:01 編集

    # uname -r
    で表示されるカーネルのバージョンと
    # yum info kernel-headers
    で表示されるパッケージのバージョンが合致していますか?これがずれていても通らないですよ。

    昨日までのyumによるパッケージインストールはどうやっていたんですか?パッケージは追加できるのにupdateはできない?もう訳がわからないですよ・・・。

    キャンセル

  • 2017/09/17 17:06

    centOS6.9は自動でネットつながりましたが、7.0は自動でやってくれません。汗
    カーネルバージョン管理確認できてないです。上図

    キャンセル

  • 2017/09/17 17:15

    6.9でupdateしてuname -rとyum infoを調べた結果は?

    7.0の方は、右上のツールバーをクリックしたとき、「有線」の表示が「オフ」になっていませんか?そこをクリックして「接続」をクリックすれば繋がりませんか?ネットワーク設定のidentityで、自動接続のチェックがオフになっていませんか?

    キャンセル

  • 2017/09/17 17:28 編集

    この先、7.0の話は混ぜないでください。先に7.0での例示をしたこちらの責任もありますが、どちらの話をしているのかわからなくなりますので。7.0の動作も疑問になるのなら、別質問としてください。

    キャンセル

  • 2017/09/17 18:12

    すみません7.0は混ぜません。

    キャンセル

  • 2017/09/18 00:12

    大変お騒がせしました。
    CentOS-6.9-x86_64-bin-DVD1.iso
    だと簡単にできました!!!

    キャンセル

  • 2017/09/18 00:25

    それは良かったんですが、私の手元ではCentOS-6.9-i386-bin-DVD1.isoでインストールした仮想マシンでも、「Red Hat (32-bit)」を正しく設定しさえすれば、問題なくできていたんですよね(苦笑)まあ、そのまま64bit版での運用で問題ないのなら、なぜ32bit版でできなかったのかの追求はやめておきますか?

    キャンセル

  • 2017/09/18 12:37

    お世話になります。32bit版でのCentOS-6.9-i386-bin-DVD1.iso だとできました。
    原因は、このファイル名の.iso の前の1がついていないのをインストールするとできないようです。
    つまり、CentOS-6.9-i386-bin-DVD.iso をインストールしてしまうと、できないようです。

    キャンセル

0

イメージ説明
dkmsが入れれたけど、エラーになる。
イメージ説明

エラーlog
イメージ説明

エラーlog2
イメージ説明

Gnome端末でも同じ
イメージ説明

CentOS7でも同じ
イメージ説明

カーネルバージョン管理確認??
イメージ説明

CentOS-6.9-x86_64-bin-DVD1.iso だとできた!!!!!!
上から4番目の.isoだとできました。
イメージ説明

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

同じタグがついた質問を見る

  • CentOS

    2827questions

    CentOSは、主にRed Hat Enterprise Linux(RHEL)をベースにした、フリーのソフトウェアオペレーティングシステムです。

  • VirtualBox

    812questions

    VirtualBoxは、現在米オラクル社が開発している、 x86仮想化ソフトウェア・パッケージの一つです。