LINQでEntityFrameworkの条件付き検索方法

解決済

回答 2

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 3,660

_panda_

score 12

https://teratail.com/questions/88509
にて、質問し、回答をいただきましたが、この方法だと一度すべてのデータを取得することとなり、データ量が多くなってしまいます。
複数のテーブルに対して同じ条件でデータを取得したいため、Whereの条件を共通化したいと考えています。
各テーブルの検索条件となる項目は、継承を利用して同じクラスをしていします。

速度向上と可読性に役立つ方法がありましたら、ご教示願います。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

+1

LinqのキモはIEnumerableとIQueryableの使い分けです
できるだけIQueryableでメソッドチェーンを渡り歩いて、実体化を後ろに倒してあげることを意識しないといけません
DB相手に何も考えずLinqを使うと意図せず10万件、100万件とかを手元に取り寄せて無駄なループ処理させて、必要な1件を取得とかやってしまうのもありえます
→Linqは遅いって言っている人の半分くらいはこのパターンかも?

複数のテーブルに対して同じ条件でデータを取得したいため、Whereの条件を共通化したいと考えています

複数のテーブルが同じ定義ならIQueryable(T)を受けてIQueryable(T)を返すメソッドを書いてあげればうまく使いまわしできそうです
全然違う定義のものに対してうまくやってくれるかはわかりません

うちでやったのはパーティションテーブル的なもの(同じ定義の複数のテーブル)に対して同じ検索条件で引っ掛けてくるみたいなときに、適用する条件ごとに拡張メソッドを書いておいて必要に応じてメソッドチェーンに挟む、挟まないみたいな感じです

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

checkベストアンサー

0

Linq to Entities という技術 と Linq to Objectという技術は 見た目は似ていて全く別の物ということを認識しないと、うまく使いこなせるようになりません。

Linq to Entitiesは Linqの形をしていますが、
ToList(), ToArray(), First(), FirstOrDefault() などのオブジェクト取得によって それまで構築してきたLinq式を遅延実行し、SQLを生成し実行します。

Where(ramda式) などの形式はもはやデリゲートではなくSQL文生成のための儀式に近くなっています。

つまりWhereで使用できる文はその文をLinq to Entitiesが理解できてSQL文に変換できるかどうかということを常に意識しないといけないのです。

Where カラム名 IN ( 配列 )
というSQLを生成したければ
Where(m=> 配列.Contains(m.カラム名) 

Where カラム名 Like 'abc%'  前方一致
というSQLを生成したければ
Where( m=> m.カラム名.StartWith("abc") )

ですのでWhere句のラムダ式に独自のメソッドや計算ロジックを入れることはできません。
そのロジックをLinq To EntitiesがSQLに変換できないからです。

型推論というLinqを実現するためにMicrosoftが考案した技術を使っているため
型を明示しなくても型を予測してコードを記述することができるようになっているのも
Linqの特徴です。

つまり、型推論ができないようなプログラミングはできません。

特定のWhere句だけを切り出して 使い回すとかはできません。
そんなことをすると型推論ができなくなるからです。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.21%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる