質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.99%

LGPLv3とMITライセンスの両立方法

受付中

回答 2

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 2,086

seri

score 394

Unityで組み込みプラグインである
NyARToolkitUnity(LGPLv3)
https://github.com/nyatla/NyARToolkitUnity

そしてMITライセンスのプラグインを組み込んで商用(個人)として販売したいのですが、ライセンスに引っかかっていないか、いまいちな解釈です。。

色々なサイトを見て回りライセンスについて学んでいるのですが、あるサイトでは禁止と言っていたことが他のサイトでは大丈夫とうたっていたりと、解釈が定まりません。

それと、LGPLの外部リンクについての規約ですが、ソースコードを改変して、Unityのアプリに組み込んだ場合
変更箇所のコードを、ライセンス提示用フォルダなるものを作ってそこで公開することで違反をまぬがれますでしょうか?

追記:
「ライブラリのソースコード」の公開場所についてですが、PC対応のzip形式などでの配布アプリであれば同ファイル内にライセンス用フォルダを組み込むことで公開が出来るかと思いますが、apkファイル等の場合、配布されるのはapkファイルのみとなってしまい公開するデータの置き場が解りません。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

0

 ライセンスについて(README.md より引用)

NyARToolkitAS3は、商用ライセンスとLGPLv3のデュアルライセンスを採用しています。

LGPLv3を承諾された場合には、商用、非商用にかかわらず、無償でご利用になれます。 LGPLv3を承諾できない場合には、商用ライセンスの購入をご検討ください。

 # LGPLv3
LGPLv3については、COPYING.txtをお読みください。

 商用ライセンス

商用ライセンスについては、ARToolWorks社に管理を委託しております。
http://www.artoolworks.com/Home.html

 Wikipedia より引用

LGPLで頒布されたライブラリAについて

  • コンパイル時にライブラリAに(動的・静的に関わらず)リンクされる可能性のあるプログラムBのソースコードについてはLGPLを適用する必要は無く、その頒布の制限にも関与しない[要出典])[注釈 6]。
  • ライブラリAにリンクしたプログラムBを頒布する場合、Bのライセンスにリバースエンジニアリングを禁止する条項を含めてはならない。(LGPLv2第6節、LGPLv3第4節)[注釈 7]
  • ライブラリAに静的リンクしたプログラムBを頒布する場合、Bのソースコードまたはオブジェクトコードの頒布に制限があってはならない。(LGPLv2第6節a、LGPLv3第4節d0)
  • ライブラリAを改変して作成されたライブラリA'を頒布する場合、A'のライセンスはLGPLまたはGPLである必要がある。

この場合3つ目にあたるかと思います。つまり NyARToolkitUnity の作者にソースの開示を依頼された際には従う事になると思います。

ちなみに僕は法律のスペシャリストではありません。他の方から回答を得られたとしても確定では無いと思います。README.md にメールアドレスが書かれているのですから直接聞かれてはどうでしょうか?

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

0

こんにちは。
法律やライセンス条項を完璧に理解できているわけではないので、責任は持てません、ご了承下さい。


LGPLはもともとGPLの「GPLのライブラリを使用する(動的リンクした)プログラムはそれもまたGPLとしなければならない」という制約により、GPL以外でライセンスしたいプログラムでのライブラリ使用が不可能になる問題を解決するため、制限を緩和する目的で定義されたようです。
よって、「LGPLのライブラリそのものに手を加えず、使用するだけ」の場合は、MITと同じように使用できるということになります。

LGPLのライブラリをソースコード改変した場合は、改変したライブラリをLGPLとして公開する必要があります。
その後、改変したライブラリを使用する場合は、通常のLGPLに従えばよいです。

  • LGPLのライブラリを使用するプログラムのソースコードを公開する必要はない。
  • LGPLのライブラリを改変した場合は、改変した「ライブラリのソースコード」を公開する必要がある。
  • LGPLを改変したライブラリを使用する場合もまた、「プログラムのソースコード」を公開する必要はない。

となります。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.99%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる